« 理不尽な戦いに臨む我がチームは | トップページ | 我々には失うものがある、だから勝てるはず! »

2014年6月11日 (水)

U22チームをイメージ化してみた

煽るだけじゃない、悪ふざけしてこそわがブログ!
というわけで「理不尽200%U22戦」煽りシリーズ第3弾は違った方向です

「事実上のオリンピック代表」「J1に出場しています」「出ているだけでなく得点も決めていますが何か?」「前節1万人デーだった琉球を6-0で凹った」、「最強のU22」。
倒すべき「敵」ですが、「オリンピック代表」でもあり若い選手だけで編成されたチームですから、単なる「敵」として捕えにくいところもあります。じゃあ選手でなくて監督コーチといったスタッフを「目に見える敵」にできないかと思いました。
すると、通常のリーグ戦でのU22チームのスタッフには名前がありませんが、14日の試合ではコーチとしてベンチに入る「正式なオリンピック代表チームの監督」の名前と顔とイラッとさせるダジャレが浮かんできました。

(誕生日のケーキにかけて)「ACLに景気よく進出できればいい」

(開幕前の挨拶で)「5季目なので語気を強めて優勝していきたい」

(鹿児島実業OBについて)「鹿実だけにいい果実がたくさん実ってるよね」

(金鳥スタでのC大阪戦前に)「緊張しないようにしたい」

(DF角田の出場停止で)「角田を欠くんだ」

(怪我から復帰のMF梁について)「起用は今日考えたい」

(仙台レディースの8得点で)「8点取ってチームが発展」

(怪我から復帰のDF鎌田に)「鎌田を構った」

(浦和戦を前に)「浦和なだけに、裏技を使います」

(FWウイルソン不在で)「ウイルソンがいなくても損がないように」

(決勝T進出のかかるナビ杯磐田戦前に)「勝つしか北斎」

(2012年6月が公式戦無敗で)「6なだけに、無(むー=6)敗です」

(DFパクに調子ついて)「口がパクパク動いてたので大丈夫」

(清水戦を前に)「日本平だけど、試合は平ら(0-0)じゃいけない」

(ガンバ戦を前に)「頑張ります」

(逆転優勝をかけた新潟戦で)「2位やだ」

(へび年の2013年を前に)「来年はヘビーな年に」

(ACLで非公開練習したことについて)「公開しなかったことを後悔」

(沖田コーチにボール直撃で)「沖田になにが起きた!?」

(“ノリ”こと石川大徳について)「彼はノリノリですから」

(選手にイメージ映像を見せて)「選手も“ええぞ”となっている」

(これらのダジャレはドメサカ国内蹴球ブログさんから引用させていただきました。
ありがとうございます。)

どーですか!?お客さん!?
イラッしてきたでしょ!?
Pさんはコピペしただけなのに嫌になってきました!

というわけで顔が大きいこんなダジャレを連発する人物をテング氏としてイメージしました。
なんとなく似ていますよねw

3_2

てなわけで14日の試合後はテング氏に
(ツエーゲンの感想を聞かれて)「ツエーゲンは強かった」と言わせましょう!
こんな痛快なことはありませんよ!
それには、6月1日1万人チャレンジーデーのような赤いスタジアムで、拍手で、声で選手を後押しなければなりません!
理不尽な「日本対石川」で石川の勝利のためにに多くの石川県民が集まりしょう!

Photo

2

ちなみにこの文章を書いているPさんの今の気持ちはこんな感じですw
Photo_2


|

« 理不尽な戦いに臨む我がチームは | トップページ | 我々には失うものがある、だから勝てるはず! »

気合ダァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 理不尽な戦いに臨む我がチームは | トップページ | 我々には失うものがある、だから勝てるはず! »