« 我々には失うものがある、だから勝てるはず! | トップページ | JリーグU22との第2戦は悔しい勝点1 »

2014年6月13日 (金)

J3なめんなよ!Jリーグ・アンダー22選抜チーム戦明日キックオフ!


いよいよJリーグU22選抜との試合が明日に迫ってきました。
5日連続の更新は苦しかった・・・。
ここまで明日の試合を煽ってきましたが、最後の記事となる今回は明日の展望を書いてみたいと思います(楽観的と思う方が多いと思いますが)。

U22選抜は前節の琉球には6-0と大勝し、ネットでは明日もU22の勝利は間違いないという意見が多いように思います。
が、このような意見に素直に賛同できません。もちろん私が自称ツエーゲンサポだからということもありますが、それだけじゃないんですよね。
一言でいうならJ3なめんなよ!JFLチームが、天皇杯でメンバーを落としたとはいえJチームと互角の戦いをすることがありますよね。U22選抜が才能にあふれた選手の集まりであることは間違いありませんが、全員が全員J1のレギュラーじゃありません。試合勘も経験もツエーゲンの選手に劣る選手がいるでしょう。今回のメンバーとは異なりますが、2-0でツエーゲンが勝利した第1クールの試合では個人能力ではツエーゲンが上回っていました。琉球が6失点したのも前掛かりになったのが大きな要因でしょう(J3ハイライトを見た限りでは3-3の局面を作らされすぎに見えました)。決して一方的な試合になるとは思えません。
J3サポの皆さんには勝点と別次元で「J3なめたらいかんぜよ!」とツエーゲンを応援してもらいたいと思います。

第2に昨日の記事に書きましたが、ツエーゲンとU22の試合にかける思いが違います。もちろんツエーゲンの方が重い。ラフプレー、ファールはいけませんが、試合開始直後からガンガン激しいプレーを仕掛ければU22チームは「怪我を恐れるプレー」をするんじゃないかと(都合の良い)想像しています。

あと、テングさまがうちのスカウティングをろくにしてなくてツエーゲンのコーナーの弱点をついてこないという希望的願望もw

一方で不安も当然あります。鈴木武蔵の爆発的スピードのドリブルはJ3ではなかなか経験できません。それでも作田・太田はそう簡単に突破させないと思いますが、以前書いたとおり左サイドバック「不在」が不安です。それより怖いのが野津田の正確なミドルです。徳武選手の潰しに期待しましょう。
あとの選手のことはよく知りません!良いのか悪いのかわかりませんが・・・。

第1クールでU22選抜より個人能力は上だと書きましたが、明日のチームはさすがにそういうことはないでしょう。今季のここまでのツエーゲンのホーム全試合を見て、町田・鳥取以外のチーム(長野とのホーム試合はまだ開催されていません)よりは個人能力では失礼ながらツエーゲンが上回っていたと思います。しかし、ほぼ同じというか、ツエーゲンより上だと思えた町田との試合ではほとんど良いところはなく完敗だったと思います。
個人能力で同等または上回っている相手に、チームとして組織として、特に攻撃に関して非常に不安です。辻選手の怪我後の得点は個人でとった印象が強いのです。
攻撃に関しては金沢のカズこと佐藤和弘選手の復帰が待たれますが、無理はしないでおきましょう。

そんな状況の中、期待するのは田中パウロ淳一、阪本翔1朗、吉川翔5の若手選手。誕生日が1993年1月1日以降であることがU22選抜チームの資格となっていますが、この3人はその資格を有している選手たちです。
この選手たちのゴールで勝利すれば痛快この上ありませんよね。

いろいろ書いてきましたが、勝負は時の運。ツエーゲンが有利だと個人的に思っていますが、勝つとは断言できません。それでもツエーゲンが勝利する可能性を高めるため、ツエーゲンのU22の選手たち、そしてU22選抜選手を経験で上回るツエーゲン選手に力を与えるために多くの石川県民が集まりましょう!

ツエーゲン金沢vsJリーグ・アンダー22選抜チーム
西部緑地公園陸上競技場
いよいよ6月14日 13:00キックオフ!

Photo

2

|

« 我々には失うものがある、だから勝てるはず! | トップページ | JリーグU22との第2戦は悔しい勝点1 »

気合ダァー」カテゴリの記事

コメント

J22選抜、昨日はCKからの練習を念入りにしていたようですよ。

投稿: つえ犬 | 2014年6月14日 (土) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我々には失うものがある、だから勝てるはず! | トップページ | JリーグU22との第2戦は悔しい勝点1 »