« 第1クールを振り返る | トップページ | 石川県選手権大会準々決勝観戦記 »

2014年5月20日 (火)

アウェイ琉球戦は敗戦

ど~も、マヂ体調不良のPさんです。まぁ1年でそうでないのは2か月ぐらいなんですが・・・

さてさて前節アウェイ琉球戦の負けてしまったツエーゲンorz9試合ぶりとのことです・・・
スコアは0-1。失点は毎度おなじみのコーナーから。コーナーの失点は今季5失点中4点の安定感抜群です。うね・・・orz
まぁ毎試合無失点というわけにはいかないでしょう。

(ここからサッカード素人の妄言)

A 相模原4-0 4人  
H 鳥取 1-1 3人
A 長野 1-2 2人
H YSCC 4-0 3人
A 町田 0-0 4人
H 琉球 2-1 4人
H 秋田 1-0 3人
H 盛岡 2-0 3人
A 福島 1-0 3人
A 藤枝 0-0 4人
H U21 2-0 4人
A 琉球 0-1 2人

試合結果の横は交代選手の数です。
前節は交代選手が2人だけだったのですね。この試合はJ3ハイライトのダイジェストで見ましたがスコールによりピッチが水がたまり、ドリブラーの吉川翔5、怪我明けの真吾ちゃんを使いにくい、後半のシュート数は8-0と圧倒していたので攻撃のリズムを変えるまでもないと監督が判断したとは思いますが、敗戦2試合だけ2人の交代選手だったというのが気になります。

コーナーからの失点ももちろん気になりますが、より深刻なのは得点力不足ではないかと思います。

前回の記事でも書きましたが、崩しての得点が少ないというか崩して得点した盛岡戦の2点以降は4試合で3得点しか取れていません。それもコーナー、単独突破、ミドルと崩した得点はないんですよね。

失点癖も得点力も改善されいなくて次節町田戦はしんどい戦いになる予感がしてなりません。

得点力といえば一番気になっているのは1トップのままのシステムで行くかということ。正男が獲得できたからその強みを生かして1トップを採用したと思いましたが、正男離脱直後のU21せんはともかく琉球戦でもダイチョウ1トップできましたからシステムの変更はないということでしょう。ダイチョウはスタートからの1トップというタイプじゃないと思うのですが・・・
もっとも1トップは攻撃だけでなく、金沢時間を作るためのシステムでもあるのでしょう。実際交代で1トップに入った選手が前線のプレスにものたりない場面がありました。1トップにするならこーいう選手という希望はあるんですけど実現しそうもありませんw

|

« 第1クールを振り返る | トップページ | 石川県選手権大会準々決勝観戦記 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1クールを振り返る | トップページ | 石川県選手権大会準々決勝観戦記 »