« アウェー福島戦雑感 | トップページ | U22選抜の練習を見学してきますた »

2014年5月10日 (土)

アウェイ藤枝戦ダイジェストを見ての感想


ゴールデンウィーク、仕事、そしてそしてBABYMETALワールドツアー発表があってなかなか更新できませんが、明日はU22戦ということでそろそろ復帰です

5月4日のアウェイ(ツエーゲン公式の表示)藤枝戦は、スコアレスドローという結果でした。藤枝が最下位だっただけにちょっともったいない引分に思えます。

4月26日 ホーム盛岡戦
(中1日)
4月28日 移動(485キロ)
4月29日 福島戦、移動(485キロ)
(中3日)
5月 3日 移動(395キロ)
5月 4日 藤枝戦、移動(395キロ)

でも、こんなスケジュールなら敗けなくて良かったと思ったのも事実です。

ツイッターで試合経過を追っていると判定の不満がかなり見られました。ダイジェストではファールになったシーンしか映っていなくて、流すタイプの審判だろうと思っていたのですが、今日現地観戦組の話を聞いたら「見えない」審判だったらしくてそのことに対する不満だったようです。Jリーグで初の主審だったということも聞きました。

リザルトはこちら
シュート数は15-6でした。

ダイジェストに映っていた藤枝のシュートは5本。セットプレーからのが2本、密集したゴール前からのシュートが2本、そして後方からのボールに反応してツエーゲンの守備が整う前に撃ったミドルシュートが2本でした。
ここから妄想。固いツエーゲンの守備に対して盛岡は土井の高さで活路を開いたように見えましたが、藤枝は守備が整う前の早いタイミングでのシュートで攻略しようとしたのではないかと思えたのです。まぁミドルシュートは同じ選手が撃ったのでたまたまという可能性も非常に大きいのですがwJ3ではそこから得点に結びつけるのは難しいのかと思っていたところ、翌日たまたまJ2湘南ー山形戦を見ていたら、同じような形で2得点生まれているんですよね。

J2怖い!そして次節、つまり明日の対戦相手はJリーグ・アンダー22選抜なんですよね、というわけで今日は北陸大FPまでU22の練習を見学に行きました。

|

« アウェー福島戦雑感 | トップページ | U22選抜の練習を見学してきますた »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウェー福島戦雑感 | トップページ | U22選抜の練習を見学してきますた »