« 金沢時間 | トップページ | アウェー福島戦雑感 »

2014年5月 1日 (木)

右サイドを考えてみた

ど~も、アウェー戦の福島戦を見終わったらベロンベロンだったPさんDEATH
おかげでブログ書けませんでした・・・

さてさてその福島戦も内容は一方的だったと思いますが、ホーム秋田戦と同様になかなか得点することができず、秋田戦で直接フリーキックを決めたように、コナーキックのこぼれ球、セットプレーからの得点でした。
開幕戦は攻撃がちぐはぐでしたが4得点できたのに、攻撃の流れが良くなってからの得点が少ないような気がします。まぁ開幕戦は相手の守備もアレでしたけれど。

その理由をド素人なりに考えてみたところ、つじおの右サイド起用に原因のひとつがあるのかなと。決してつじおをプレー、パフォーマンスが悪いのではなく、今のツエーゲンとの相性が合っていないのではと思いました。

つじおの攻撃的なプレー地域
Photo

つじおは中に切れ込むよりこのあたりからクロスを入れて好機を作ることが多いのですが、今のところ得点までにはつながっていません。つじおがクロスをあげることでゴールを固められ高いボールを供給することになりますが、主にターゲットになる正男が173cmと決して身長に恵まれていません。つじおの高いクロスに合わせられる選手はつじおしかいないかもしれませんね。高いクロスを生かすなら正男だけでなく他の選手もゴール前に突っ込みターゲットを増やさなけば苦しいかもしれませんね。

いっぽうあわちゃんが攻撃参加する時のプレー地域
Photo_2

あわちゃんはタイミング良く上がって、中に切れ込んでプレーが得意に見えます。切れ込んでいくことにより技術の高いハラショーさんなども絡んで攻撃の可能性が広がります。
もっともこのパターンだと正男の速さを生かすことができないんですねぇ。

とここまで書いて、あわちゃんパターンだと攻めている時間が長いからワクワクできるだけだと気付きましたorz
ド素人が悩んでもロクなことが書けませんね・・・orz

|

« 金沢時間 | トップページ | アウェー福島戦雑感 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢時間 | トップページ | アウェー福島戦雑感 »