« 明日は盛岡戦! | トップページ | 金沢時間 »

2014年4月26日 (土)

おそらく森下監督が理想とする試合 ホーム盛岡戦観戦記


家で早速飲んでいてはやくも酔っぱらっていますが、今日の勝利があまりに気持ちよかったため観戦記を書こうと思っているPさんDEATH
ただし、どこまで書けるかはわかりませんw

今日の盛岡のシュートは3本(試合後の森下監督へのインタビューアーが言っていました)で、2-0の勝利でした。今日も無失点で8試合で失点4、無失点試合は5試合目です。
ホーム3連戦、第1戦の琉球戦は前半から守備があやしく後半脚が止まる病が再発、第2戦秋田戦は秋田スタイルの衝撃が大きすぎ、第3戦今日の盛岡戦でツエーゲンの守備の素晴らしさが再確認できました。
攻めに来ていた盛岡に対して、ツエーゲンは特に走ってプレスをかけるより絶妙のポジジョンニングにより体力を温存しながら盛岡の攻撃を削いでいました。盛岡にボールが渡ると442或いは451でガッチリ固めると盛岡は後方でボールを回すかサイドにボールを出さざるをえない場面が多く見られました。これなら「後半脚が止まる病」が発生しません。
ただ盛岡が土井選手と高瀬選手を2トップに置くと盛岡は攻撃の形ができてきました。どれだけポジショニングが良くてもそれは2次元の話で、高さという3次元となるとポジショニングだけでは対応できない場面が何回かありました。さらに高瀬選手が前線の守備というツエーゲンの最後列にプレッシャーをかけることで1次元・点の破綻を計ろうとして盛岡の時間が確かにありました。土井選手のシュートに精度があれば失点していたかもしれません・・・。前半からこのコンビを使わなかったのは、盛岡は前半0-0上等、後半勝負だったのでしょうか?

高さ、これに対してどう対応する、逆に生かせない課題が出た試合だと思います。
鳴尾盛岡監督のこの試合の感想を聞きたいですね。情熱サッカーさん、森下監督、鳴尾監督の記者会見よろしくお願いします!

そろそろ本格的に酔っぱらってきたので続きは明日以降で(明日とは言っていない)

|

« 明日は盛岡戦! | トップページ | 金沢時間 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は盛岡戦! | トップページ | 金沢時間 »