« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月28日 (月)

金沢時間

ど~も、ノーチェックだった「絶好調」を見逃して「絶不調」のPさんDEATH・・・

さてさて、前日の盛岡戦の観客数は1514人と残念ながら寂しい入りでした。晴天に加え、今季一番と思えるぐらい内容だっただけに残念です。
Parkerさんもホームとアウェーが入れ替わった今季の観客数が大体読めてきて、ここ2節予想した人数が近かったです。まぁどちらも1500人台だったわけですが・・・3000人、5000人と予想したいっす(泣
その1500人、試合前にとてもいるとは思えないんですよね。キックオフ10分前は600人ぐらいだったかなぁと。おいおい1000人切るのかよと思っていると、前半終わりくらいになると1500人ぐらいいるんですよね。
そーです!これが金沢時間なのです!ググってもヒットしませんでしたけど。ギリギリまで行動しない、ギリギリまで約束の場所にこない、そんなかんじでしょうか?とまぁあまりいいイメージのない言葉だと思います。

話は変わりますが、今季のツエーゲンの守備がすんばらしくて、相手がボールを保持してもボールの出しどころがなく後方でボールを回す時間が多いと何度も拙ブログで書いています。ところが、そのことが相手のポゼッションが高くなり、そこからツエーゲンが「堅守速攻」と言われることが多いように思えます(被害妄想)。「堅守速攻」って固い最終ラインで跳ね返してそこからカウンターというイメージを持っっているのですごく違和感があります。
そこでピーコン!ですよ(得点が入るとお知らせするサイトに非ず)。相手がボールを持っても出しどころがなくて後方でボールを回す時間はポゼッションで上回れたわけでなくむしろ金沢ペースです。これを「金沢時間」と名づけるのどうでしょう?

ナイスアイデア!
↑誰からも言われないから自分で言っておきます。

MROさん次の中継に、NHK金沢さん・G田さん、情熱サッカーさん、「金沢時間」の使用のご検討を是非!

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

おそらく森下監督が理想とする試合 ホーム盛岡戦観戦記


家で早速飲んでいてはやくも酔っぱらっていますが、今日の勝利があまりに気持ちよかったため観戦記を書こうと思っているPさんDEATH
ただし、どこまで書けるかはわかりませんw

今日の盛岡のシュートは3本(試合後の森下監督へのインタビューアーが言っていました)で、2-0の勝利でした。今日も無失点で8試合で失点4、無失点試合は5試合目です。
ホーム3連戦、第1戦の琉球戦は前半から守備があやしく後半脚が止まる病が再発、第2戦秋田戦は秋田スタイルの衝撃が大きすぎ、第3戦今日の盛岡戦でツエーゲンの守備の素晴らしさが再確認できました。
攻めに来ていた盛岡に対して、ツエーゲンは特に走ってプレスをかけるより絶妙のポジジョンニングにより体力を温存しながら盛岡の攻撃を削いでいました。盛岡にボールが渡ると442或いは451でガッチリ固めると盛岡は後方でボールを回すかサイドにボールを出さざるをえない場面が多く見られました。これなら「後半脚が止まる病」が発生しません。
ただ盛岡が土井選手と高瀬選手を2トップに置くと盛岡は攻撃の形ができてきました。どれだけポジショニングが良くてもそれは2次元の話で、高さという3次元となるとポジショニングだけでは対応できない場面が何回かありました。さらに高瀬選手が前線の守備というツエーゲンの最後列にプレッシャーをかけることで1次元・点の破綻を計ろうとして盛岡の時間が確かにありました。土井選手のシュートに精度があれば失点していたかもしれません・・・。前半からこのコンビを使わなかったのは、盛岡は前半0-0上等、後半勝負だったのでしょうか?

高さ、これに対してどう対応する、逆に生かせない課題が出た試合だと思います。
鳴尾盛岡監督のこの試合の感想を聞きたいですね。情熱サッカーさん、森下監督、鳴尾監督の記者会見よろしくお願いします!

そろそろ本格的に酔っぱらってきたので続きは明日以降で(明日とは言っていない)

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

明日は盛岡戦!


ですよね?
Pさん、仕事と酔いと1回目の原稿がPCトラブルでおじゃんになったことでヒーロー困憊DEATH

その対戦相手の盛岡。Pさんは昨年見ているんですよね。リーグ最終戦、アウェーYSCC戦を袖にして新潟県は新発田まで地域決勝決勝リーグを観に行ったんですよね(元原稿では新発田がツエーゲンにとってどんな地であるかを10行に渡って書きましたが現在酔っぱらっているため割愛)。
2011年のテクノでの地域決勝ファーストラウンド(及び全社)のYSCCの衝撃(元原稿では現ツエーゲンの正男を中心にして10行に渡って書きましたが現在酔っぱらっているため割愛)に比べると正直薄い印象です。

地域決勝決勝リーグの2・3日目で盛岡は1勝1敗。2日目も3日目の終始攻勢でしたが、2日目は相手の疲労が色濃くなった85分にコーナーからの得点で1-0で勝利、3日目は86分に40メートルはあろうかというフリーキックを決められて0-1で敗戦でした。

攻撃の中心、土井良太選手は2009年JSC、2011年高崎時代と対戦した選手です。新発田でもポストプレイヤーとして活躍していましたが、落としてからのプレーが遅い印象があります。土井選手にはスペースだけでなく時間を与えてはいけないとサッカード素人は思います。
一方でセットプレーが楽しみです。カズの2試合連続直接FKはもちろん、今度こそスナ夫さんのキャノンフリーキックがゴールネットを破るシーンを見たいですね!


消える前の原稿はこの10倍の量があって、10倍の面白さがあったのに、こんな文章で10倍残念ですわorz

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

会社のミーティングでツエーゲンの話をしてみたのだが

ど~も、仕事中にも考えていることはツエーゲンとBABYMETALのことばかりのParkerさんDEATH

そんな仕事ぶりなので、ミーティングの当番(といっても担当する部署だけなので数人だけなのでノープレッシャー)のフリートーク(仕事に関係する話はNG)がネタ切れでついにツエーゲンの話をしました。
もちろん職場の人たちはPさんが熱烈なツエーゲンサポであることは知っているはずなので、ツエーゲンに関することをどれぐらい知っているんだろうという興味もあったのです。
順位は知っていますか?と聞いたことろ息子さんがサッカーをしていた方が3位であることを知っていましたが(たまたま秋田戦の中継も少し見たそうです)、他は全滅の模様・・・
そしてツエーゲンがJ2昇格(J2の説明は「J1ほど知られていないがJリーグです」)に必要な条件は知っていますか?と訊いたら帰ってきたのは沈黙だけでした・・・そんなにPさん嫌われているんですかね・・・
今季のここまでの観客数を伝えて、このままでは成績が良くても観客が足りなくて昇格できない初のみっともないケースになっちゃいます。無料で入場できる日もあるので、その時はまたお知らせもしますし、機会があったら試合を見に行ってくださいと締めました。
熱烈なサポーター近くにいても一般の人たちの認識はそんなものなんですね。後援会でもらったチケットをあげるから見に来てとも言っているんですけどね。
もっとツエーゲンのことを告知しなければと思った次第です。

ちなみにフリートークではロードレースのこととか地域決勝大会を観に新潟まで行ってきた話もしたことがあるぐらいフリーダムです。次はBABYMETALかなぁw

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

アウェー福島戦のテレビ中継が決まったでゴザル

ど~も、久々にコメントがまとめてきたと思ったら4件中3件がスパムのブログDEATH

で、本当のコメントをご紹介させていただきます。

カズのコレ

20140422_21_56_42

「このポーズは、スクールの子供たちとの約束してたことなんです。

「次の試合でゴール決めたら、このポーズやってね!」
と言う子どもたちに向けて、やったんです(笑)

忘れずにちゃんと約束を守る和弘は、いつも子どもたちに大人気です(^^)」

とのことです。
NHKさん、取材足りないよ。というかインタビューで聞かなきゃw


さてさて、ホーム秋田戦の中継に続き、4月29日のアウェー福島戦の中継も決まりました。

NHK福島制作を石川県でも中継らしいです。デジタルの番組表で確認しました。
いやぁホントNHKさんとG田さん、素晴らしい、ありがとうございます。
で、解説がまたもミシェルさん、素晴らしい、ありがとうございます。
ミシェルさんのツエーゲン戦の解説は、昨年の天皇杯清水戦、先日の秋田戦に続いて3試合目ですね。

その秋田戦、中継前にミシェルさんがスタンドのすぐ下に顔を出したのでパチリと写真を撮りました(後で許可もいただいています)。で、我慢できず、下まで降りていって「お久しぶりです!今日はよろしくお願いします!」とあいさつさせていただくと、ミシェルさんも「お久しぶりです」と返してくれました。
ちなみにミシェルさんとParkerとの関わりは、2008年のセレクションを見学に行った際、ミシェルさんが咳をしていたのでのど飴をあげただけなので、ミシェルさんはPさんのことを全く知らないはず!まぁ金沢サポ代表ということで「お久しぶり」と返してくれたのでしょう。某サポ氏(こちらも面識がないはず)も同じ挨拶をしていたので間違いないはずw
ミシェルさん、いい人!


そのミシェルさん、ツエーゲンの選手がピッチ内練習に向かう時「ホームだから勝てよ」と檄をとばしていました。金沢贔屓ですが、福島戦では福島寄りの解説をしてほしいなぁといらぬ心配をしていますw

20140420_12_18_12


| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

太田こすけさんがイメージと違っていた件


ど~も、へたれのParker DEATH。
昨日のかがのとイブニング内でのミリツエコーナー。前日の秋田戦のレポート共に太田こすけさんがゲストということでwktkしながら再生ボタンを押してミリツエコーナーを観はじめたからこれですよ。

Photo

こすけさん、ノリノリw
お願いされてするレベルをはるかに超えて、自分からやりに行っていますわw
て言うか自ら「やりたくてしょうがなかった、すいません」と言っていましたw

1歳9か月の男の子にどういうふうに子育てしているんですかという質問に
「完全に英才教育ですね」
どんなふうに?
「毎日100回ボール蹴らしていますね」
サッカーボールを蹴らしている?
「100回ウソをつきました。すいません」

これはヒドいwww
もちろん面白いからノー問題。
ツイッターで町田サポさんに教えてもらったところそんな人らしいです。いじっていいのかな?

番組ではその後真面目な話もしていましたが、印象が薄くなってしまったのは仕方ないですよね。

で、ツイッターで先程の写真をアップしたら、本人からリプライ(レス)がきたんですが、へたれなので気の利いたリプライを返すことができませんでした・・・orz


この日は試合レポート、ミシェルのコメントなど、たっぷり10分も流してくれました。今年のNHK金沢さんも力の入れ具合は心強いですね!

イメージとは違っていないけれど、カズのゴール後のこれはなんのポーズなのよ?

20140422_21_56_42


| | コメント (1)

2014年4月20日 (日)

秋田スタイルの衝撃 ホーム秋田戦観戦記

P-METAL DEATH!

さてさて、本日の秋田戦は84分にカズくんが直接フリーキックを決めて、初のリーグ戦地上波試合を1-0で勝利することができました。
立ち上がりからツエーゲンが主導権を握り、流れの中でのチャンスは水曜日の琉球戦に比べると多かったですが、決めきることができませんでした。
そんな中、途中出場した峰岸がドリブルをファールで止められて得た直接フリーキック。NHKの中継でもそのままアドバンテージをとっていればと言われましたが、ボールの位置にカズ、スナ夫、つじお、峰岸と4人もいると相手はいやでしょうwカズの蹴ったボールは美しい軌道でゴール右上に吸い込まれました。

13日アウェー町田戦、16日ホーム琉球戦、そして今日20日と厳しい日程の中でのホーム2連勝ですから、結果がイチバーンでもっと早くチャンスを決めていれば・・・は言わないでおきましょう。

今日のスタメンであれ?と思ったのは、トミー、亮さん、藤さんの3人起用でした。アウェー町田戦まで亮さんの怪我もあってトミー、藤さんのボランチだったのが、16日の琉球戦で亮さん、藤さんのボランチになってどういう布陣にするのかということでした。Pさん御一行が思ったのは、亮さん、藤さんボランチで、トミーを右サイドに置く昨年見られた布陣にするんじゃないかと。ところがボランチは藤さんとトミー。亮さんサイドできたっけ?と思っていたらトップ下・・・初めての布陣・・・なんでと思っていましたが、試合が進むにしたがって秋田をスカウティングしていた結果ではないかと思ってきました。
とにかく秋田は繋ぎます。なんせキーパーがロングボールを蹴った場面が一度だけ、ディフェンスライン最後列もロングボールを蹴らず執拗に繋いできて、つつけばショートカウンターを狙えそうでした。なのでボール奪取に長けた亮さんをトップ下に使ったのかなと思いました。

その秋田のとにかく繋ごうとするサッカーは衝撃的でした。これまでツエーゲンの試合を見てきても相手の布陣のことまで理解できずツエーゲンの布陣だけを観戦記で書いてきましたが、今日の試合はツエーゲンよりも秋田スタイルが印象的でした。
NHKの中継では秋田スタイルを「パスサッカー」と言っていましたが、パスを回していたのは最終ラインだけで、前目にいる選手は2人だけという場面が多く、ラストパスが持ち味という熊林が最終ラインにほぼ吸収されるぐらい下がってゴールから遠い位置でプレーしていて勿体ないように見えました。
せっかく攻めてもサイドから中央に放り込むという場面では、なんのためのパスサッカーとも思ったりして。
攻めも遅くて秋田スタイルはまだまだ完成していないと思いますが、これだけ思いきったスタイルを試合を通じてやりきろうとする意志は凄いなぁと。8月24日西部で再び秋田戦がありますが、その時秋田スタイルがどうなっているか非常に楽しみです。

今日の秋田のようなチームは初めて見たと思っていましたが、2年前に似たようなサッカーをしていたチームを思い出しました・・・

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

明日は秋田戦、そして今週のかがのとイブニング


ど~も、G田さんはテレビより生観戦派、ParkerさんDEATH。
さてさて、明日の秋田戦はNHKで石川県と秋田県でライブ中継されます!これは目出度い!録画予約しなければ!
これまでもNHKさんでツエーゲンの試合は中継されていましたが、BSを含め天皇杯だけでした。
リーグ戦はケーブルテレビやスカパーで中継されたことがありますが、地上波となると初めてとなります。これは目出度い!
出演オファーを待っていたのですが、解説がわれらのミシェルということで、オファーがなくても仕方ないですね!(お約束)。これも目出度い!

ライブ中継を控えて今週のNHK金沢かがのとイブニングではツエーゲン推しでした。

月曜日は町田戦の結果のみ・・・ミリオンスターズ開幕戦があったから仕方ないっすよね。
あーorzと思っていたら、水曜日から金曜日までツエーゲンコーナーがありますと、ツイッターで教えていただき(ありがとうございました!)3日間録画して見ることができました。録画した番組をみると火曜日もミリツエコーナーもあったようですが・・
・。

ホーム琉球戦のあった水曜日は試合前の西部から源田アナが出演。芝の長さをツエーゲン仕様にしてあるとのレポートと今から試合がありますという告知をしていただきました。

木曜日は琉球戦のレポートがメイン。改修なった西部の紹介(取材机の固定とピッチ幅を広げたこと)、サポのインタビュー、たっぷりの試合映像、亮さんハラショーさんのインタビュー、監督記者会見、スタジオの総括、観客動員にも触れてもらい、満足の6分でした。試合映像のセレクトも、翔1朗がふかしたシーンや琉球のオフサイドをカットし、前半のスルーのシーンを使うなどなかなかでしたでした。

金曜日は日曜日の中継を担当するアナウンサー氏による告知、見どころを5分使っての紹介です。ここまでの成績をボードで紹介、失点が昨季の半分で得点がリーグ単独1位であることを映像をつかって紹介。さらには対戦相手秋田の熊林を映像を使って脅威として紹介し、与那城ジョージ監督の記者会見を流していました。「ラストパスとセットプレーに注意」「熊林に注意」とのことです。
ただ、勝つ可能性が高いと何度も言うのはフラグに聞こえたので、やめて欲しいなぁと思いましたw

中継は1時からなので録画予約をしてから西部に行きましょう!

| | コメント (0)

例の病が再発orz ホーム琉球戦観戦記

ど~も、琉球戦試合前に食べたラーメンとカレーが24時間以上腹にもたれていた少食のPさんDEATH。
さてさて、肝心の試合の方は後半琉球の猛攻を受けながらも1失点に抑えて2-1で逃げ切ることができました。問題はその猛攻が、昨季序盤に見られた「後半脚が止まる」病によるものでした・・・。

試合開始から圧倒的ツエーゲンペース。5分にカズのミドルが決まってツエーゲンが先制しました。ツイッターでグランダーのシュートと書きましたが、違いました・・・。そのカズへのパスは今季初スタメンの亮さんの「らしい」ものでした。その後もピッチをワイドに使い見ていて楽しいパスサッカーを展開していました。ただゴールのチャンスはそれほど多くなく、オフサイドを除けばこちらも初スタメン翔1朗がクロスにゴール前に合わせようして飛び込んだシーンと45分のカズの絶妙のパスを翔1朗が受けた時だったぐらいでしょうか。

後半開始早々にコーナーを獲得するなどツエーゲンペースかなと思いましたが、徐々に琉球ペースに。そんな悪い流れの中からカズの突破にハラショーさん、亮さんがゴール前まで走り込んできて、亮さんがハラショーさんをパスをフリーでゴールに流し込んで追加点を取ることができました。フリーのゴール前だったので、ボールが亮さんに渡った時点で歓声が上がっていました。Pさんに至っては万歳していていましたwハラショーはともかく亮さんがそこまで走り込んでいたからこそですよね。

その後は脚が止まって後手後手とまわり、コーナーから失点(今季4失点のうち3失点がコーナーから・・・)。別のコーナーではGK原田のファインセーブで事なきをえたシーンも・・・。終了の笛が鳴ってホッとしましたw昨年なら逆転を許すか同点されていた展開でしたが、逃げ切れたのは中の2枚が強固だったからでしょう。
後半脚が止まったと書きましたが、前半からおかしかったと思います。今季の生観戦は4試合目で、これまでの試合では相手にボールが渡ると、守備の網を張って後方でボールを回させるシーンを何度も見ていました。しかし、この日は前半から守備のバランスが悪くプレスが効いていないように見えました。オンタイムでツイートしているので今から思えば・・じゃありません(キリッ。
町田との激闘、そしてバス移動で中2日のせいなのか、初スタメン2名の影響なのか、原因はわかりませんが、明日の秋田戦で修正しないとヤバいと思います。

もうひとつハッキリした課題がありましたがふいんき(変換できない)読んで自粛します。

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

坂井の健闘が光った試合 サウルコス福井ー坂井フェニックス観戦記


ど~も、会社で仮眠する時間をツイッターしていたら1日体調不良だったPさんDEATHorz

さてさて、今回は昨日に続いてのサウルコス福井ー坂井フェニックス戦を取り上げます。今回は観戦記です。
2年連続北信越リーグ優勝しているサウスコスですが、開幕戦では昇格した坂井フェニックスの健闘が光りました。

ボールを保持していた時間は圧倒的にサウルコスが長かったですが、前半ほとんどチャンスを作ることはできませんでした。坂井は自陣に入ると前線の2人以外は全員守備に入っていました。こうした守備に人数をかけるのは北信越ではよく見ますが、この日の坂井は最終ラインだけでなく中盤でもボールを持った選手に身体を張った守備が素晴らしかったと思います。攻め手は前線の選手にグラウンダーの速いパスをだして裏に抜けての攻撃で、前半で2回ぐらい良い場面を作っていました。
前半は0-0で終え、ポゼッションならサウルコス、チャンスの質は互角だったと(シュート数は前半2-2)サッカード素人は思いました。

坂井の集中力、体力がどこまで持つか、耐えられるかがポイントだと思っていましたが、先制点は後半7分ペナルティエリア内のハンドでPKを得たサウルコスという意外なものでした。ちなみにこのシーンはベンチの陰になっていたのでよく見えず、サウルコス選手のハンド!という声でハンドだとわかりましたw
坂井のプレスに手を焼いたのか前半途中からロングボールを多用していたサウルコスは、後半に入ると最終ラインの梅ちゃん(元ツエーゲン金沢の梅井大輝)のゲームメイクが目立っていました。って前半からだったけ?
20分ごろには坂井が右サイドを抜け出し、ゴール前フリーの選手に優しいパスを出し、あとはボールをゴールに流し込むだけという場面でまさかのふかしでチャンスを潰します。坂井がやろうとしていた意図通りの形だっただけに見ていたこちらがショックを受けましたwこの時点でサウルコスが勝つんだろうなと。もっともサウルコスもこの後ゴール至近前ドフリー、キーパーなし、当てるだけでゴールをいう場面をふかしておつきあいしていたんですが・・・。
大チャンスを潰した坂井はキーパーとの1対1も止められ結局無得点に終わりました。
サウルコスはコーナーからゴールで追加点をあげ、終盤疲れてきた坂井を攻め込むもそれ以上の点を奪うことができず2-0で勝利しました。

2011年の全社でサウルコスはリーグ戦上位のチームを連続して撃破して北信越代表となった時は、この日の坂井のように粘り強い戦いで好印象を持ちましたが、この日はPKとコーナーの2点にとどまりやや消化不良という感じではなかったでしょうか。もっとも、サウルコス側のお客さんは大喜びだったのでノー問題だったでしょう。
Pさんの感想は開幕戦ということもあるけれどまだまだだなぁというものでした。2011年、2013年の開幕戦も見ていますが同じような感想だったのでこれからのチームつくりが楽しみです。

試合後顔見知りサウルコスサポさんもご挨拶したら、これからです、と言っていました。そういえば気合の入ったサポさんも増えてきましたね。

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

祝・北信越リーグ開幕 サウルコス福井の開幕戦に行ってきますた


ど~も、今から水曜日定時で退社する算段をしているPさんDEATH!

さてさて、町田戦のバスツアーが中止になったのでサウスコス福井の開幕戦に行ってきました。町田に行けなくなったとはいえ、午前中になかなかハードな用事があってキックオフに間に合うか微妙でしたが、サウルコス初の有料試合なら行かなきゃならんでしょう!と間違った使命感から清水の舞台から飛び降りたつもりで高速を使って行きました。
というわけで今回は試合以外の感想を書いてみたいと思います。上から目線じゃないですよw公式サイトを見ていないおっさんの愚痴ととってもらえれば結構です。

テクノに着いたのはキックオフ30分前の12時30分ぐらいだったでしょうか。公式サイトを見ていなくて入口がどこにあるかはわからないままバック側駐車場に入りました。
つい先日ツエーゲンのJ3公式戦があった時は駐車場の案内があって入ったものの、結局バックから入場することができずメイン側までまた車を動かした苦い経験がありました。今回もバック側入り口が開いていないので車から降りずに係員の方に入場できるか聞いたところ、こちらから入場できませんとのこと。でも多くの人がゴール裏からメインに移動しようとして歩いているのにその係員の方が声をかけていなかったので訊いてみると皆さんそのうち戻ってきますよとのこと・・・
それでメイン側に車を走らせると、車両進入禁止となっており数台が列を作っていました。Pさんはツエーゲンの試合で駐車場の場所を知っていたので、来た道を戻ってテクノの裏にある駐車場に人に訊ねることなく移動できましたが、初めての方は迷ったのではないでしょうか?
次回以降、バック側入口にこちらから入場できないこと、駐車場案内を掲示すれば良いのではないかと思いました。
さらにできれば前期だけでも駐車場に入る交差点に案内板か係員を配置できないでしょうか?
もっともこの日は勝山市からバス13台の応援があり、バス駐車のため道路が埋まってしまってメイン前が通れなかったのでバス駐車がなければ次回
以降はメイン前通行できる可能性がありますね(歩行者の安全上、車を通さないという選択もあると思います)。

入口は階段を登ることなくメインホーム側観客席に直行できるのでサウルコスを応援する方には便利だと思いました。ただPさん非常に空腹でして、ツイッターでソースかつ丼の店が出ているはずのにどこ?と探してしまいました。

20140413_12_42_50

結局お店はメイン中央の最上段にあったのですが、動線から大きく外れていてこれでいいのかなと思いました。これは運営に関係のないことなんですけど、そのソースかつ丼のお店に10人くらいお客さんがいて最後尾で待っていたんですが5分ぐらい待っていても全然列が進まないんですねwキックオフが近づいていたのであきらめましたが、食い物の恨みということで書かせてもらいました。

と運営の不満はこれぐらいで、ツエーゲンの試合ではトイレを探しましたが、トイレの場所の案内がされていたり、ゴミ袋が通路にあってこちらは親切だと思いました。
入場した時、胸スポンサーの福井銀行の社員さんが応援定期のチラシを配りながら一緒に応援しましょうと声をかけていましたし、試合終了後は選手が通路両側に並んでお客さんを送ってイイふいんき(変換できない)でした。
サウルコスの声出し部隊は昨シーズンからメインにいるわけですが、ハーフタイムに最前列の通路でお客さんに向かって頭の上で拍手してリードすると、多くのお客さんが合わせて拍手していてそしてメインのお客さんが手拍子で選手を応援しようというふいんき(変換(ryが良かったですね。

サッカー観戦歴が多くないお客さんが多いのも伸びしろが感じられました。オフサイドに気がつかなかったり、PKの位置を主審が指していてもボールを置くまでわからないなど、ツエーゲンの試合での観戦仲間とエライ違いでしたw
ツエーゲンの試合で審判がオフサイドを見逃してゴールが決まったことがあったんですが、歓声が上がらずザワザワしていたのとエライ違いですw

テクノに今度いつ行けるかわかりませんが、次回逝った時は運営・観客席のふいんき(変(ryにも注目したいと思います。

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

アウェー町田戦は引分

ずいぶん久しぶりの更新になりました。

今日の町田戦はバスツアーが中止になり行けませんでした。ツアー最小募集人数30人に足りなくて中止になったわけですが、あと少しで成立というという人数ではなくて、申込締切前日に届いたメールによると惨惨たる申込人数で、Pさんのテンションガタ落ちでした。企画されたバケーションさんに申し訳なく、今後企画を立ててもらわくて結構です!てな感じです。J2に勝ってJ1と当る、昨年の天皇杯のようなパターンぐらいしか今シーズンのツアーは成立しないのではと思うぐらいブルーでしたorz

一方でBABYMETALちゃんがイギリスの大型ロックフェスから招待されるというビックニュースが入ってきて、完全に感心はこちらに行っていましたw「乗るしかないこのビックウェーブに!」と言っていましたが、ここまで来ましたよ!7月にはメディアの話題に乗りそうなので、今からでも遅くないのでツエーゲンのチャントに使いましょう!(真顔)
リクエストあればこの話題について書きます!リクエスト待っています!

さてさて見ていない町田戦について語ってみましょう。
ツイッターによるとツエーゲンが猛攻したにも関わらずスコアレスドローということで町田サポさんからは引分で良かったという声があるみたいです。引分だった鳥取戦と同じ感じでしょうか。
ただ鳥取戦は1得点でしたが、今日は無得点。今シーズン初の無得点試合でした。
一方でアウェー町田戦で初の勝点を得た試合でもあります。こう考えると悪くないのでしょうか?
あと亮さん、アスキーも今季初のベンチ入りに出場、つじおの初スタメンという明るい話題もありました。

昇格のライバルチームは長野、鳥取、町田になるんじゃないかと思っています。長野には敗れ、鳥取とは前述した通り引分でした。ライバル相手にリードするには勝点3が欲しいところですが、引分で最悪相手に勝点3を与えないという考えもありますしね。
それでもこれが許されるのはこれらのチーム以外に勝点を落とさないことが条件です。
ツエーゲンは現在2勝2分1敗。2分と1敗はこれらのチームですから、優勝するためには少なくとも第1クールは全勝するつもりで行かなければなりません。まぁ言うのは簡単ですけど・・・。
YSCCさんには勝つことができましたが、YSCCさんは町田・長野相手にドローでしたからありがたいです。YSCCさんや藤枝さんなど他のチームの力を借りることも必要ですよねw

てなわけで水曜日夜7時キックオフの琉球戦は敗けられません、というか勝ちましょう!
観客動員では苦戦必至だけにピッチ内で快勝と行きましょう!

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

テクノは遠い?

テクノ13:00キックオフ、開場11:00。晴天。
11:30着目標だと9:30出発かなぁと計画を建てていましたが、いつものパターンで家を出たのが10:00ごろ。天気はイイ、久しぶりのロングラン(当社比)ということでBABYMETALを大音量で流しながら気持の良いドライブでした。順調でしたが加賀市内の1車線地帯は渋滞でなかなか進みませんでしたけど。
ツエーゲン金沢駐車場の案内板に従ってテクノのバック側駐車場に入ったのが12:00ごろ。家を出て2時間ですから計算どおりといったところでしょうか。ところが駐車場がガララーガ。北信越リーグはもちろん、全社、地域決勝より車いないんですけど・・・。バックから入場できないのでゴール裏を回ってメイン側に行こうとしたら行けない・・・どうやらメイン側に車を持って行かなければならないそうですorz
海側の砂利引き駐車場に無事車を入れられたのですが、車の数やっぱり少ないんですけど。
で、入場したら、顔見知りの方からいきなりこれまでの最低入場者数を聞かれ、今日の入場者はヤバいですよとのこと。
記憶によると最低人数は昇格1年目の2010年大荒れとなったホーム開幕戦か、2011年の冷たい雨が11月の武蔵野戦(ともに津幡開催)の680人じゃないかと答えました。これを書きながら確認したら前者は680人、後者は446人(これがまた内容もヒドい試合で・・・)でした。

福井開催で飲食ブースはどうなるという心配もありましたが、倶利伽羅そばさんとブランボさんがわざわざ福井まで来ていただけました。そばとたこ焼きをいただいてお腹の心配はなくなりました。
この時12:30ぐらいだったと思いますが人が少ない。少ないのはお客さんだけでなくボランティアさんも少なくて最小人数で乗り切った印象です。ボランティアさんも土曜日の福井開催ですから大変ですよね。これで2000人来ていたら大変だったと思ったぐらいです。
スタジアムに入って最初に思ったのがこれはヤバいでした。
この画像を見ていただければこの感じをわかっていただけると思います。

Photo_5

最終的には658人のお客さんでした(2010年テクノで行われたアウェー印刷戦は517人でした)。
ちなみにピッチでレポートしているのはNHKさんです。

ゲンゾーさんも福井まで来ています。客席からピッチに入って行きましたwツエーゲンゴール裏でサポーターを煽る煽るwってゲンゾーさんのチャントもあるんですね。
Photo_6

見てのとおりテクノは観客席が低いので、ハーフタイムはピッチ内のゲンゾーさんとこどもさんとの撮影会にw赤ちゃんを抱っこしたゲンゾーさんはそのままピッチ内に逃げ出し誘拐未遂www
Photo_7

試合後の正男バースデーは前回紹介しましたが、長年クラブスタッフを勤めていたS氏にとって最後の試合でもあったので、S氏のお別れの挨拶もありました。S氏はゴール裏にお別れの挨拶した後、メイン側にも回ってきて何人との方とご挨拶していました。もちろんPさんもご挨拶をさせていただきました。

帰りは高速を使ったんですが、いやー楽っすね。往復使えないけれど・・・(ビンボーなので)。
帰宅後は飲みながらレポート書いて、町会関係の集まりでベロンベロンになって、翌日頭が痛いのは二日酔い?花粉症?と思っていたらマジもんの病気で会社にエラい迷惑をかけて正直スマンカッタorz

| | コメント (0)

正男が例のアレを持たされた件

ど~も、先週の試合翌日から熱を出して数日寝込んだParkerです。
おかげで数日ぶりに外に出たら桜が咲いていて季節が変わっていましたw

さてさてこの試合では正男がバースデーハットトリックを達成しましたが、Jリーグで初とのことらしいです。
ということで恒例のアレを持たされましたので、その様子を見てみましょう。

ちょっと遠いですね。もう少しアップの映像はないでしょうか?
おお、こちらの方が罰ゲームジャナクテ例のアレを持たされたのがはっきりわかりますねw

こちらはサポをバックにしての画像です(NHK かがのとイブンニングから)
Photo


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »