« ポスター貼りのお手伝いをしたの巻 | トップページ | メガネ、メガネで5時間 »

2014年3月16日 (日)

もったいない勝点1 ホーム鳥取戦観戦記


前節アウェーで昨季JFL3位の相模原に4-0と快勝したツエーゲン。第2節ホーム開幕戦で昨季J2のガイナー
レ鳥取を迎えました。前節の大勝は相模原が悪すぎたという印象を持ったのでこの鳥取戦で実力を計れるのでは?

結論を申し上げると鳥取も良くないなぁと。攻めにおいて完全に崩されたのは失点に繋がるコーナーのきっかけとなったシーンと原田のスーパービックセーブで救われた11番岡本にエアポケットに入ったようにフリーにさせたシーン、あと前半の1回の計3回が危ないシーンだったと思います。鳥取の時間帯は先制ゴールの少し前からゴール後の10分ぐらいだったと思います。その時間帯は鳥取のプレスがきつくてツエーゲンのパスはカットされボールをキープできませんでした。他の鳥取のチャンスはカウンターからのミドルだったと思います。J3公式に「持ち前のパスワークで相手ゴールに迫るも、追加点は挙げられず」と書いてありましたがどうだったでしょう?逆に言えばそれ以外は互角かツエーゲンの時間帯だったと思います。
特に後半試合20分過ぎからはツエーゲンがガッチリと守ると鳥取はボールの出しどころがなくて後方でボールを回すことが多かったように見えました。アウェーだから勝点1で良しと考えていたんでしょうか?そう思えるぐらいツエーゲンの組織的守備ができていたように見えました。いやぁ2年前のクソフラット541がここにきて生きたと思うと感慨深いですw
ツエーゲンは中盤がパスコースを消すことを徹底したので最終ラインも余裕も持てていたのかな?それだけでなく昨季に比べると足元が安定しているので安心して見ていられました。ツイッターで守備が安定していると書かれているのはこのこともあるのでは?
コーナーの失点は別として、3度あった危ないシーンはエアポケットに入ったようにボールウォッチングしてしまっ
たのでここを修正して欲しいところです。
次節長野戦では宇野沢、高橋、勝又と何度もヒドイ目い遭わされた選手がそろっているので、今度こそツエーゲンの力が見られそうですw

一方、攻撃はチャンスを何度も作ることができました。それもアイデア豊富な攻撃で見ていて楽しいサッカーでした(贔屓目で)。特に前半、ハラショーさんが3人に囲まれながらキープし、上がってきたスナ夫さんにパス、そして
スナ夫さんがワンタッチでサイドチェンジしたシーンは素晴らしかったです。もっともそのシーンはパスを受けた選手がハンドしてしまっておしゃかになりましたけどorzそのスナ夫さんの直接狙わないだろうという距離からのロングレンジの高速弾丸フリーキックが凄かった。GKが触って?コーナーになりましたがスタンドがどよめきました。あれはお金のとれるフリーキックですわ。
後半頭からの畑本OUTダイチョーINが効きました。ダイチョーがトップ下に入って畑本に代わってサイドバックに下がったアイドル好きのあわちゃんが何度もチャンスを作りました。前半蹴られて交代かと思われましたがそのまま出場できて良かったです。

ここからは苦言です。
カズくんもっとできるでしょう。昨季の良かったときに比べると全然もの足りません。セットプレーでもっとチャン
スを作りましょう。
トミーはもっと勝負するパスを出そうよ。もちろんカウンターを喰らうような味方に危険なパスは出しちゃダメだけ
ど、相手に危険なパスも選択肢に入れよう。このままだと昨季のレギュラー陣が怪我から復帰するとポジションを取られちゃうよ。
シュートを撃とう。チャンスは何度となくあったけれど後半最初のシュートは同点ゴールとなったコーナーのこぼれ
球を太田こすけさんが撃ったのが最初じゃなかったかしら?後半20分すぎぐらいから?ミドルを多く撃つようになりましたがもっと早くから積極的に撃ってほしかったですね。
そしてないものねだりになると思いますが、ツエーゲンの守りがしっかりしている時鳥取が後方でボールを回していたと先に書きましたが、そのような時にどうやって攻めるか?非常に難しいことですが、ステップを一段上がるためには必要なことだと思います。

次節の対戦相手は優勝候補の長野です。間違いなく長野は強い。それでもツエーゲンがJ2昇格するためには撃破しなければならない相手です。今度こそ今度こそツエーゲンの力が占えるでしょう(←またこのフレーズか・・・)

結果書くの忘れてた。
ツエーゲン金沢1-1ガイナーレ鳥取

|

« ポスター貼りのお手伝いをしたの巻 | トップページ | メガネ、メガネで5時間 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポスター貼りのお手伝いをしたの巻 | トップページ | メガネ、メガネで5時間 »