« 新発田遠征記2 | トップページ | 森下監督契約更新リリースで思ったこと »

2013年12月12日 (木)

新発田遠征記3

地域リーグ決勝大会決勝ラウンド3日目

第一試合
グルージャ盛岡(勝点6)ーFC鹿児島(勝点1)

J3入りが有力視されていて、3位以内を確定させたグルージャはこの試合にも勝って優勝して昇格に花を添えたいところ。一方のFCはここまで得点なし、前日は0-4と大敗しています。前日の試合を見ていたのでグルージャ有利だろうと思って見ていました。
グルージャ土井のポストが冴え、グルージャは何度もFCゴールに襲いかかりますがなかなか得点が奪えません。土井はポストは上手いけれど足元にボールが収まるとちょっと遅いかな?
チャンスの数はグルージャが多かったですが、1対1のボレー、意表をついたロングシュートなど決定的シーンはFCの方があったよう見えました。前日はヴォルカのスピードに再三裏をとられたFCの守備陣はこの日は集中していました。そんな展開の中グルージャはドリブラー9番高瀬を62分に投入。しかし、その高瀬が81分に出ます。コンタクトレンズがとれたように見えましたが、どうだったんでしょうか?グルージャにとって計算外だったのには間違いありません。
それでもグルージャは昨日85分に得点していますし、0-0でもグルージャは優勝ですから、優勝はグルージャで決まりだろうと思っていたら、86分に35メートルの直接フリーキックでFCが先制!
生でこれだけ長いFKが決まったのを初めて見ました。ええもん見ました!

その後FCのGKが遅延をとられたり、選手2人を交代させるなど時間も使い、逃切りに成功します。
「最後」のFC鹿児島と試合に勝利してサポも監督も大喜びで、バックサポゾーン前で監督?の胴上げ、FC鹿児島コールが長く続いていました。

地域決勝怖い!と思いました。

この結果、次のようになりました。
グルージャ 勝点6(得失点差+2)
鹿児島FC  勝点4(得失点差-3)

ハーフタイム
この日は雑煮の販売がありませんでしたが、スタジアム正面玄関でグルージャ監督とFC監督の記者会見が行われていました。当然オープンなので一般のお客さんも聞くことができました。つーかPさん、途中から録音していました。さすがにアップはまずいでしょうが、文字起こしならいいですよねwまぁ面倒くさいのでしないと思いますが・・・
地域決勝楽しい―!

第二試合
ヴォルカ鹿児島(勝点3)ーファジアーノ岡山ネクスト(勝点2)

ヴォルカの得失点差は+2、つまりヴォルカが90分勝なら得失点差で優勝、逆に90分負けだと最下位となります。PK戦突入の時点で3位以内が確定します(得失点差でFC鹿児島の上になるため)。
一方のファジアーノの得失点差は-1、昇格圏内の3位に入るためには90分勝で勝点3を得るかPK勝で勝点2を得る必要があります(得失点差でFC鹿児島の上になるため)。

ちなみにツエーゲンはキックオフ前にアウェーYSCC戦で試合開始早々に失点し、前半だけで5失点喰らってことをしって凹みまがらの観戦でしたorz
中央部の歴戦の強者というかプロの観客のみなさんは前日土曜日に比べて人数がずいぶん少なくなっていました。前日は確認できただけでゼルビア、MIO、ブラウブリッツ、相模原サポの方々がいらっしゃいましたが、みなさんこの日はご自分のところの試合に行ったようです。ですよねー。

自分のところの試合に行かなくてホントすいません。

試合に話を戻します。と言ってもツエーゲンの愚痴をツイートしていて試合のことをあんまり触れていないorz
前半終了間際にファジアーノのコーナーからのシュートをヴォルカのフィールドプレイヤーがヘッドでクリアしたことしかツイートしていませんでしたorz
ファジアーノはカウンターが機能していました。前半に一度大きなチャンスがあり、後半にも裏を抜け出して1対1という場面がありました。しかし、この場面では抜けた選手がオフサイドと思い込んだのか自分でスピードを緩めスタンドから一斉に「えっ!?」という声が出ました。
そして90分にまたもやファジアーノの選手が抜け出し、1対1からゴールを決めて先制!
Pさん大拍手!ええもん見ました!
もちろんファジアーノ選手、ベンチも大喜び。喜びのあまりゴールを決めた飯田選手とベンチの選手がイエローw(周りの人たちのお話によると飯田選手がシャツを脱いだため、ベンチ選手はピッチに入ったからではないかとのことです)
ヴォルカは3日目ということもあったのか、失点シーン前から出足が遅くなってきていましたね。その後もファジアーノはカウンターから決定的シーンを作っていました。

試合はそのまま終わり、ファジアーノの勝利です。試合後立てないヴォルカの選手が印象に残っています。

最終成績です
グルージャ盛岡       勝点6
ファジアーノ岡山ネクスト 勝点5
FC KAGOSHIMA      勝点4
ヴォルカ鹿児島      勝点3

「最後」のヴォルカの試合に勝てなかったヴォルカサポはヴォルカコールをできず、選手・スタッフはバックのサポーターにあいさつに行きますが、ピッチからは出ようとはしませんでした。
一方のファジアーノ選手・スタッフはバックのサポーターの前でダンスをしたりと大騒ぎ。表彰式が控えていますが気がつかないようで、プロの観客のみなさんがファジアーノ帰ってこいと呼びかけますw
ということでその様子と表彰式です。
敗れたヴォルカの選手の中には泣いていた選手もいたようですし、表彰式も出られないというある意味残酷な動画でもあります。

後日、というか現在進行形の話になりますが、FCはヴォルカとの直接対決に敗れたものの大会の順位ではヴォルカの上、3位以内となりました。
JFL昇格チームは鹿児島ユナイテッドという合併チームになりますが、形の上では「FC KAGOSHIMA」の後継チームとなり、新チームの監督もFCの監督が就任しました。
こう考えると非常に重い一戦だったとあらためて思えます。

行く前はぬるいシャンシャン大会になるかもと思っていましたが、とんでもありませんでした。ツエーゲンには申し訳ありませんが、本当に行って良かったと思いましたマル

番外編に続くか・・・

|

« 新発田遠征記2 | トップページ | 森下監督契約更新リリースで思ったこと »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新発田遠征記2 | トップページ | 森下監督契約更新リリースで思ったこと »