« 試合後のセレモニーをうpしました。 | トップページ | 来季はJ3! »

2013年11月18日 (月)

スッキリしない試合 ホーム佐川印刷戦観戦記

ど~も、赤いメガネには誰も触れてくれてなかったのでホッとしているParkerです。
さてさて、昨日の印刷戦はホーム最終戦ということで明るく終わろうと自身で決めていたせいか敗戦の割にはあんま
り悔しいという気持ちがありませんでした。が、それだけでなくていろいろな要因が重なって、比較的悔しくないというよりスッキリしないモヤモヤした気持だったことに気付きました。

要因①いつもの印刷戦
印刷さんとの試合は相性なんでしょう、スイングしないんですよね。自分だけがそう思っているかもしれないんです
が。一方でスイングするするのはHondaさんとの試合で、ホームの試合は本当に面白いです。JFL4年間で年間ベストマッチがHondaさんとの試合が2試合ですw
ボールを奪うと少ない手順でトップに渡すという、(相手チームサポから見れば退屈ですが)ディフェンダーからす
れば嫌なことをコツコツを続けてくるイメージです。失点も崩されたものより、フリーキックを直接決められたり、ミドル、自分たちのミスからと、「やられた感が少ない」が多いのもイメージです。
この試合の失点も、ハーフライン付近で頭で落とされたところを抜け出され単独ドリブルで大橋との1対1から決めら
れた1点目と、自陣のパスミスをかっさわられてカンちゃんがマークにつくもかわされての失点でした。

要因②またもやの失点
1失点目はしかたないとはいえ2点目はお馴染みとなった自陣でのミスからの失点。思えば開幕戦、アウェー印刷戦の
失点、今シーズン初失点も、自陣のパスミスからでした。

要因③連携が・・・
今のツエーゲンのパスサッカーは見ていて本当に楽しくて、そこを選択するのかいうようなパスを見ることができま
す。昨日もゴールに迫るアイデア、回数は印刷より上だと思ったんですけどねぇ。「そこにだすか」と声を出たパスが何本も見られましたが、なーんか選手間の意思疎通が上手くいっていなかったのか、受け手がいないという場面が多かったように思えました。開幕直後ならともかく残り2試合で・・・と思ってしまいました。

要因④本気で勝ちに行ったの?
これが一番の要因かなぁ。引退を発表したばかりのマーティンの先発は勝つための最善手だったのか?監督が最善手
と思って起用したと思いますが、システムが分りませんでした(注・当方サッカード素人)。いつも3-4-3だったのか、4-4-2だったのか。マーティンはサイドだったのか。あわちゃんは上がりまくっていたので4-4-2だったか。Pさんはどこぞの高名なサッカー評論家様と違ってシステムに拘らないというか語る能力がないんですが、ここにきてこれまでの3-4-3でなかったように見えました。本当に変わっていたとしたら、なぜこの時期に変えたのでしょうか?DF陣に故障者が続出し、どうしてもあわちゃんをDFラインに入れなければならなかったのでしょうか?

ハラショーさんの半端ない素晴らシュート

|

« 試合後のセレモニーをうpしました。 | トップページ | 来季はJ3! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試合後のセレモニーをうpしました。 | トップページ | 来季はJ3! »