« 2013ゴール集 | トップページ | 情と理 »

2013年11月30日 (土)

レッドクリフとコミーの想い出

初めて2人を見たのは2009シーズン前の北陸大学フットボールパークででした。2008年オフの大量退団でorzでしたが、高くて動ける2人を見て今年はイケる、簡単に点は取られなくて2人の頭で点を取れると思いました。

レッドクリフは予想どおりセットプレーから得点を量産しましたが、コミーの頭での得点は見た記憶がありません。コミーの得点はゴール前の混戦から押し込むイメージです。ということで
ゴール集をご覧ください(姑息な手段で再生回数稼ぎ)。そんなイメージがあっただけに昨シーズンホーム最終戦のコミーのミドルシュートにはビックリしました。

レッドクリフはキャプテンという重責を背負うとともに、地元出身選手としてメディアによく登場していて、まさに「チームの顔」でした。
プレイヤーとしての武器は自らも語るように「高さ」です。

一方のコミーの武器は「速さ」と「下半身の粘り」だったと思います。それと頭脳プレーw
そして愛されるキャラクターでした。自分のダンマクが貼ってなかったらアピールしたり、練習試合でも誰が来ているか見ていたりと、サポーターに近い選手でした。Parkerさん、どっちかいうと選手から煙たがれるダメ系サポーターなんですが、そんなParkerさんにも愛想良かったですw試合会場外で選手から握手を求めてきてくれたのはコミーだけでしたw

そんなレッドクリフ、コミースマイルが見られないのは辛いです。ピッチで再会することを切に希望します。

ハイアー レッドクリフ諸江健太

|

« 2013ゴール集 | トップページ | 情と理 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013ゴール集 | トップページ | 情と理 »