« NHKにいろいろ誤解されている件 | トップページ | 明日の清水戦にむけて動画を作りました »

2013年10月10日 (木)

清水戦に望むこと

ど~も、なんとか清水をネタにしようとしましたが、自分のイメージが貧弱すぎて諦めてしまったPさんですorz

てなわけで清水戦の展望らしきことを。

横浜FC勝利後すぐに、清水戦も同じような戦い方、パスで組み立て攻撃的なサッカーをしていく、と森下監督が明言していました。その言葉に偽りはなく、リーグ戦と同様攻撃的サッカーをしていくものと思います。
というか、守備ライン低くガチンガチンに固めてカウンターとセットプレーで得点を狙う「弱者のサッカー」ができるほど器用じゃないでしょう。
普段やっているサッカーがどこまで通用するか、しないか。通用すれば結果もついてくることでしょう。

ついてくる結果の前提が守備です。讃岐戦ではカンの調子が下がっているのが気になりました。正直清水のことはほとんど知らないんですが、ニュースなどで見た大前は速いですね。JFLでは経験しないスピード(2年間の佐藤寿人の速さにはJ1様は違うだと痛感しました)に最初は戸惑うと思いますが、早く対応してもらいたいものです。そういう意味でもカンの復調が待たれます。就職活動のつもりでいいですから最高のパフォーマンスを見せてもらいたいです。ここ数試合で見られた守備ラインのパスミスは失点につながる可能性がより大きくなります。ホントお願いしますよ。
3バックはカン、コミー、吉川になるのかなぁと毎度外れる予想をします。

GK大橋の奮起ももちろん必要です。ペナルティアリアに近い位置のフリーキックを与えることが多くなるかもしれませんが、なんとか防いでもらいところです。

ボランチコンビの亮さん、教授は厳しいプレッシャーの中でどれだけ普段通りのプレーをできるかが大きな鍵になるでしょう。小気味いいワンタッチパスと大きなサイドチェンジを出すことができれば得点も期待できます。

ウィングバックのあわちゃんには調子の波が少ないイメージがあるので期待。アスキーは守る時は守って、攻める時は攻める、というか得点を狙うつもりで行ってほしいです。もしペナルティエリアに侵入することがあれば、パスは二の次でゴールを狙え。

コータにはクロスが入ってくることを信じて何度もゴール前に詰めること、最前線の守備を体力の続く限りやってもらいたいですね。交代選手がいるからペース配分はあんまり考えないように。

カズには瞬時の判断で出すパスを、ハラショーには昨年神戸から得点した感覚、Honda戦のようなこぼれ球を狙う姿勢を呼び戻してもらいたいですね。個人で打開できるという点では一番期待します。

雄大はFWででもウィングバック、どちらででもいつでも交代できるような準備をしてもらいたいです。まぁ出るとすればFWででしょうけど。雄大のドリブルがどこまでやれるか?
雄大、やるからには勝負だ!

|

« NHKにいろいろ誤解されている件 | トップページ | 明日の清水戦にむけて動画を作りました »

気合ダァー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKにいろいろ誤解されている件 | トップページ | 明日の清水戦にむけて動画を作りました »