« gdgdですいません | トップページ | 激しい中盤での潰しあい ホームHonda戦観戦記 »

2013年10月 3日 (木)

逃げ切れなかった交代策 アウェー讃岐戦観戦記

ボールを保持している時間帯は讃岐の方が多かったですが、チャンスの質はツエーゲンが上回っているというのが前半の感想です。
讃岐は前線にボールを放り込んでの攻撃、対してツエーゲンは中盤でパスを組み立てて行きます。
讃岐はコーナーの場面では、ツエーゲンの守備を研究してきていました。見ていませんが、武蔵野戦のコーナーからの失点も同じようなパターンで決められたのではないでしょうか?
ツエーゲンは2連敗中でその試合を見ていませんが、讃岐戦を見た限りでは攻撃に関しては悪くない感じでした。
ただし、守備というか低い位置でのミスが目につきました。ディフェンスのクリアミス、中盤の底の選手が後方の讃岐選手にパスするなど、これだけミスをすれば点を取られるわな。長野戦の失点(パスが味方に当って相手ボールになってそのままゴールを決められる)のようなプレーを4回ぐらい見たようなorz
連携とかでなく個人レベルのミスにしか見えなかったので何かにとり憑かれているんでしょうかorz悪い流れにあるとしか言えません。

以前から思っていたんですが、讃岐のプレーが荒いというかダーティなのが気になりました。それに輪をかけ33番のプレー以外の行動、挑発というかイラつかせようとさせる行動が不愉快でした。
その挑発行為に大橋がイラついたのか、コーナーから先制点を奪ったのにペナルティエリアすぐ外のフリーキックを決められましたorz
大橋はビックセーブを何度も見せてくれますが、近い距離のフリーキックを直接決められることをよく見ているような気が・・・パッと思いついただけでホーム印刷戦、天皇杯刈谷戦、他にも2回ぐらいあったような・・・

後半になって52分のコータのゴールで再び突き放します。しかし、65分ごろから脚が止まりかけてきます。もっともそれは讃岐も同じ。ミドルシュートを何本か撃たれましたが、枠に飛んだものはありませんでした。讃岐の攻撃はますます単調になり逃げきれるかなと思っていたころにコータが交代。コータの位置に代わった選手がそのまま入りました。その選手が前線で相手を追いかけ回すと思い込んでいましたが、信じられないことにその選手が一番走っていませんでした。ピッチから遠い席でしたが、思わず「走れ」と大声を出してしまいました。結局その選手が全力疾走したと見えたシーンは一度だけでした・・・。ベンチはどんな指示を出していたんでしょうか?点を取ってこいという指示だったかもしれませんが、それでも走らない理由にはなりませんし、選手はそんな指示を受けていても勝利のために何をすべきかわからなかったのでしょうか。

次の交代はアスキー。3トップの交代に雄大を使わなかったから、サイドが本職の雄大が入るかと思いましたが、使われたのはディフェンスの選手。おそらくロングボールに対応するため高さのある選手を使ったのだと思うのですが、跳ね返す事しかできないのでは思いました。雄大ならばドリブルなどで攻撃に時間を使うこともできたと思ったのですが。2人目の選手をそこで使うならハラショーや雄大を最前線においてボールを追いかけさせるという選択はなかったのでしょうか。
そんなことを思っていたら、後方からのロングボールにプレスをかけられず、時間もスペースも与えてしまい、狙ったところにボールを入れられて3分で2失点して逆転負けをしてしまいました。リードを保ったまま試合を終えられたというのは都合が良すぎるかもしれませんが、少なくとも引分けで終われた試合だったと思います。

讃岐にとっては「奇跡的」勝利なのでしょうが、ツエーゲンサイドからすれば不可解なプレーと交代で点を取られるべくして取られたという感想です

|

« gdgdですいません | トップページ | 激しい中盤での潰しあい ホームHonda戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« gdgdですいません | トップページ | 激しい中盤での潰しあい ホームHonda戦観戦記 »