« あわちゃん おら、富山に勝つだ | トップページ | 天皇杯Jとの対戦 これまでのまとめ »

2013年9月 1日 (日)

おらたち、Jさまと戦えるだ 天皇杯富山新庄クラブ戦観戦記

天皇杯1回戦の富山代表・富山新庄クラブとの対戦は6-1と圧勝しました。
もっと得点できたように思っていますが。

新庄クラブは最初から引いてくると思いましたが、そんなことはなく点を取りにきていました。元カターレ石黒の裏を狙う姿勢、元JSCの前野選手の個人技からの得点は見応えがありました。1点を返され2-1になった時は少し嫌な予感がしました。
しかし、後半は脚が止まっていたように見え、危ない場面はありませんでした。
リーグ戦の相手に比べてスピードがなかった印象でした。前半はペナルティエリアの周りにスペースができて(後半は人をかけて守っていました)、ツエーゲンの選手がそこをついたり、つかなかったりと(^^;、仕掛けがよくわかった感じがしました(あくまで「感じ」です)。

ざっくりした感想
①水を含んだピッチでボールが予期しないところで止まって思わぬピンチを招いた
②リーグ戦に比べて球際の激しさ厳しさが物足りなかった。
③ハラショーキレキレ。
④雄大キレキレ。新しいプレースタイルを見せる。
⑤阿部ちゃん・・・
⑥ヒョンジン得点に絡まないと・・・
⑦アスキーは怪我?

失点シーンはボールが止まりカットされたからだったように記憶しています。失点シーン以外でも同じようなシーンが何度かありました。新庄クラブはフリーキックのとき、グラウンダーでシュートを撃ち、更にこぼれ球を狙って2人の選手が詰めている場面がありました。ツエーゲンの選手が遅れていたのが反省材料です。
もっとも6得点のうち2点はこぼれ球を押し込んだもでしたけれど。

最初は相手に合わせているのかなとも思っていました。でも、後半30分ごろから急にプレスがきつくなったので意図的だったかもしれません。

ハラショーはこぼれ球につめる、狙いすましたミドル、ドリブル突破と、北陸大学戦に続いてキレキレ。初めてツエーゲンを見る方は、背番号7に注目してください。

キレキレといえば雄大も。最近はサイドよりトップ下で使われてン?と思っていたんですが、そのポジションでも違和感のないプレーができるようになってきました。今日は再三裏に飛び出す動きを見せていて、なかなかボールが出してもらえなかったものの最後にその形からゴールを決めました。今季初得点のはずです(オフサイドに見えましたが気のせいでしょう)。そんなプレーも良いですが、サイドを1対1で仕掛け突破してのクロスも見たいです!

阿部ちゃん・・・

ヒョンジンは今季初出場ということもあってスタンドからの声援も多かったです。新庄が疲れてきた時間帯でしたから守備をする場面が少なく、ボールを非常に多く回してもらい、再三左サイドからペナルティエリアにドリブルで仕掛けていました。しかし、角度のないところに追い込まれシュートは決まらず、アシストも記録することができませんでした。この試合、あの時間帯で結果を残せなかったのは残念です。

先発を続けていたアスキーが先発メンバーに入らず、ベンチにも入らず。怪我でしょうか?代わりに入ったのが山城、というわけではないですがゴールキックのターゲットがなくなった印象です。いなくなってアスキーが重用される理由がわかりました。

ということで、これらを踏まえて横浜FC戦の対策を練りましょうか!(偉そう&無理)

9月1日が誕生日だった吉川選手。
試合後にゲーフラ持たされてのバースディダンスです。
罰ゲームではありません!

|

« あわちゃん おら、富山に勝つだ | トップページ | 天皇杯Jとの対戦 これまでのまとめ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あわちゃん おら、富山に勝つだ | トップページ | 天皇杯Jとの対戦 これまでのまとめ »