« あわちゃん おらたち、Jに勝つだ | トップページ | 横浜FC戦観戦記追記 »

2013年9月 8日 (日)

あわちゃん おらたち、横浜FCに勝っただ! 天皇杯2回戦横浜FC戦観戦記

ど~も、すでに飲んでいていつもなら翌日の更新パターンですが、今日だけは当日中に更新しなければという間違った使命感を持っているParkerさんです。
で、今日の観戦記はいつものアレでいいのか、余所行きでいいのか悩んでいますw

とりあえず今日はざっくりと試合の流れだけを知ったかぶりのサッカード素人がお送りすることにしました。

ツエーゲンの先発メンバーはリーグ戦そのままで予想どおり(数回前の「ツエーゲン金沢ガイド」①~⑤」をご覧ください)でした。一方横浜FCのメンバーはかなりいじってきたそうで、リーグ戦とかなり異なっていたようですね。

前回の記事で、「横浜FCさん、山口監督、相手はたかがJFLで昨年14位のチームですよ!リーグ戦を考えてまずは相手の出方を見るのがイイと思います!」と書いていたんですが、ありがとうございました。

試合はお互い手さぐり状態でスタート。
横浜FCは裏に抜けることだけを考えていたのか、ボールを保持していたときはほぼ2ラインの時間帯が多かった。その分横浜FC
の前線とツエーゲンの最終ラインの駆け引きが面白かったです。
時間が経つにつれツエーゲンペースに。左のアスキー(背番号25大石)を走らせたり、中央に縦パスを入れて崩そうと、あの手
この手で横浜ゴールを狙います。
そしてついに獲った先取点は30分。センタサライン付近から教授(背番号24大槻)が右サイドに大きく振ると、あわちゃん(背
番号2阿渡)にぴったり収まり、あわちゃんが「おら、点を獲りたいだ」とペナルティエリアに向かってドリブル、ハラショー(背番号7清原)が受けて更に仕掛ける、そしてゴール前にグラウンダーのボールを入れたところにコータ(背番号8菅原)が合わせました。完全に崩しての得点で、ハラショーがパスを出した時点で万歳していましたw



前半を見ている限りでは、ツエーゲンの方が贔屓目なしで見て楽しいサッカーをしていると思いました。
前半のシュート数は横浜FCが0で、ツエーゲンは5本でした。

後半に入ると横浜FCの動きがおかしい。プレスが甘い、ツエーゲンの裏の飛び出しへの反応が遅い、セカンドボールがツエーゲンと、この調子ならもう2点ぐらいと思っていたらそこまでJさまは甘くはなかった。
意図的なものか目が覚めたのかここから横浜FCのターン。怖い場面がいくつもいくつも・・・特にコーナーから合わされたヘッ
ドがポスト直撃した時はもうね・・・ただ、ツエーゲンもやられっぱなしではなく、カウンターで何回もチャンスを作っていました。後半のシュート数は横浜5に対してツエーゲン2と数字だけだと一方的な印象ですが、きわどいオフサイドがあったので数字ほど一方的なイメージはありませんでした。まぁ怖かったけれどw特にパトリックの強さはさすがだな、と思いました。

ツエーゲンの選手交代の1枚目はアスキーに代わってレッドクリフ(背番号3諸江)。レッドクリフがワタル(背番号22菅原)の位置に入って、ワタルがアスキーに位置に入りましたワタルがウィングバックの右あわちゃん(背番号2阿渡)の位置に入って、あわちゃんがアスキーの位置にまわりました。
2枚目はコータに代わってダテ氏(背番号10石舘)。イエローをもらったのはある意味予想(ry・・・。雄大でなくてダテ氏だっ
たのは体格的な理由だと思います。

2007年からのJへの挑戦がやっと形になって帰ってきました。横浜がベストメンバーでないと言われるかもしれませんが、それはそちらの事情ですからね。

一際嬉しかったのは無失点で勝ったことです。このことが自信になり、今後のリーグ戦にも繋がるはずです!

公式記録

え、長野が名古屋に2-0で勝利?

|

« あわちゃん おらたち、Jに勝つだ | トップページ | 横浜FC戦観戦記追記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あわちゃん おらたち、Jに勝つだ | トップページ | 横浜FC戦観戦記追記 »