« あわちゃん おらたち、横浜FCに勝っただ! 天皇杯2回戦横浜FC戦観戦記 | トップページ | 観客は3320人① »

2013年9月 9日 (月)

横浜FC戦観戦記追記

まずはお詫びをいたします。昨日のエントリーに誤りがあったので、訂正・追記しておきました。
訂正箇所は諸江選手が入ってからのポジションについてです。

さてさて、J's GOALニュースに昨日の選評が出ていました。

【第93回天皇杯 2回戦 横浜FC vs 金沢】レポート:番狂わせでない。いつものサッカーを90分間出し切った金沢が堂々の勝利を果たす。(13.09.09)

石川のメディアではこれだけのレポートは読むことができないのでありがたいことです。
アスキーに代えてのレッドクリフ諸江の投入に関する監督のコメントがこのレポートの個人的なキモでした。
「スピードのある阿渡と菅原を右左に配置して、高さのある諸江をセンターバックに入れて、最後はしっかり跳ね返そう」
最終ラインの高さとサイドの守備強化の一石二鳥の効果を狙ったものだったんですね。確かにアスキーの後半の守備はやや不安で、これまで山城やコミーが交代で入っていました。
普段と同じ戦い方をしていましたが、こと交代選手はリーグ戦、ここまでの天皇杯2試合と違っていました。北陸大学戦、富山新庄クラブ戦はベンチ入りは5人までで、この試合では7人までが可能でした。その増えた枠に入った形になったのがレッドクリフとダテ氏で、ともに途中出場しています。
もちろん調子が良くて使われたと思いますが、対Jということで体格を重視した面もあるのでは?と思っています。
今度そのあたり誰か聞いてください(^^;

そのレッドクリフ途中交代を可能としたのがカンタンの入団でした。今日のNHKローカルニュースの映像でも危ない場面でクリアする場面が2度映っていました。それ以外にもセンターライン付近のスライディングタックルでマイボールとしてチャンスのきっかけを作っていました。カンタンが入ってからはズルズルとラインが下がることも少なくなってきたように思えます。ホント素晴らしい選手ですが、それと同時に来年いるか不安にもさせてくれますw
攻撃に目が行きがちですが、カンタンを中心とした最終ラインも面白くなってきています。
中盤も得点のきっかけになった教授の大きなパスや、激しいプレスと見応え充分です。

22日14:00キックオフ@西部の、「名古屋に勝った」パルセイロとの大一番で、今の面白いツエーゲンを見にいらっしゃってください!

|

« あわちゃん おらたち、横浜FCに勝っただ! 天皇杯2回戦横浜FC戦観戦記 | トップページ | 観客は3320人① »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あわちゃん おらたち、横浜FCに勝っただ! 天皇杯2回戦横浜FC戦観戦記 | トップページ | 観客は3320人① »