« 2013ファン感レポート① | トップページ | 石川成年男子が国体本大会2年連続出場を決める »

2013年8月18日 (日)

2013ファン感レポート②

試合で負けた時など、ついつい「勝ちたい気持」が見えないと書くときがあります。
すいません!間違っていました!
選手は「勝ちたい」という気持ちを持って戦っています。

勝負となると試合はもちろん練習でもリフティング回数でも負けたくないという人がいます(例ブラジル系日本人)。でも負けたからって椅子を蹴っ飛ばしたり放送禁止用語を口走るのはよくありませんねw
ツエーゲンにもそんな選手がいました!あわちゃん(仮名)と暮間教授(仮名)がそうでした。

(注・盛ってでも面白おかしくが当ブログのモットーです)

前回のエントリーでサッカーバレーのことを書きました。この2選手と同じチームになったんですが、小学生の男の子と女の子を気遣いながらも勝利への執念が凄かったです。
バイシクルはするわ、相手コートから来たボールを直接ヘッドで相手コートに返すわで見ているこっちが怪我しないで自重汁と
思っていました。1点リードしている場面で残り時間30秒を切ると自チームのサーブを1回失敗するとOKOK!と言う頭脳プレーw
プレーだけでなく審判へのアピールも何度もしていまして、Pさんが審判なら向こう2年間の出場停止を下していたかもw
面白かったからノー問題だったですけど。

(注・盛ってでも面白おかしくが当ブログのモットーです)

そのサッカーバレーが終わってから競争競技に移ったわけですが、誰もゴールラインにいなかったのこともあり、ゴールした順が微妙だったんですね。実際発表された順位より上だと思いましたがまぁ大人だからと思っていたら、暮間さんが「違う、違う」と立ってアピールwで、タッシーがマイクを渡すと座る。これを競技ごとに繰り返していましたwwwついには自分で「これじゃクレーマーじゃん」と言っていたような。
もちろん面白かったからノー問題。

(繰り返しますが、盛ってでも面白おかしくが当ブログのモットーです)

このクレームジャナカッタアピールは、隣にいたコータチームにも向けられます。ゴールのコーンがコータチームだけ近いと言ってはアピール、今度はスタートのコーンが前に出ているとアピールwww面白かったからPさんも一緒にアピールしていましたw
あわちゃんもスタート前の呼びかけは「楽しみましょう」じゃなくて「勝ちましょう」ですし。そんな二人に比べるとナッルミーとダイチ
ョウは大人しめでした。

(しつこいですが、盛ってでも面白おかしくが当ブログのモットーです)

マーティンやコータなら予想できますが、この2選手がこんなに面白いとは思いませんでしたw
元々好きだったんですが、もっと好きになりました!

|

« 2013ファン感レポート① | トップページ | 石川成年男子が国体本大会2年連続出場を決める »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013ファン感レポート① | トップページ | 石川成年男子が国体本大会2年連続出場を決める »