« 2013ファン感レポート② | トップページ | 「フットボールの熱源 Jリーグ 夢のある改革に」 »

2013年8月19日 (月)

石川成年男子が国体本大会2年連続出場を決める

ど~も、サポが出演したラジオ番組をネタにするか悩んでいるParkerです。

さてさて、昨年国体ベスト4に輝いた石川成年男子が今年も本大会出場を決めました!
今年は1回戦シードで、昨日長野代表に勝った新潟代表との試合が昨日行われました。先制したものの1-2と逆転され、後半に同点に追いつき、延長前半に勝越しての勝利です。素晴らしい!
石川代表のメンバーはテンヘンズ、FC北陸、北陸大、星稜大の選手からなっています。石川代表のメンバーが全て北信越リーグの選手ではありませんが、新潟代表のメンバーは詳しいことはわからないもののリーグ2位のJSCの選手が何人か参加しているようですのでアップセットと言っていいかもしれません。
昨年もリーグ上位のチームから編成された2チーム(富山と福井だったっけ?)に勝利していたので、石川の中野監督(元ツエーゲンコーチ)の手腕は素晴らしいですね。

今年も本大会での上位進出を期待します。

なお、少年男子と女子は残念ながら本大会への出場はなりませんでした

|

« 2013ファン感レポート② | トップページ | 「フットボールの熱源 Jリーグ 夢のある改革に」 »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013ファン感レポート② | トップページ | 「フットボールの熱源 Jリーグ 夢のある改革に」 »