« 高速で掌を返して手首痛い3 | トップページ | いろいろな意味で記憶に残る試合 »

2013年7月 4日 (木)

大勝でもちょいとビミョー アウェーUVA戦観戦記

ど~も、体調悪いて始業前の仮眠が過ぎて、会社にいながら遅刻しかけると奇蹟を起しかけたParkerです。
でもそのおかげで体調が戻りましたw

というわけで体調悪くてアウェーUVA戦の観戦記が遅れて正直スマンカッタ。

4-0の快勝でした。4得点はツエーゲンが良かったのはもちろんでしたが、UVAの出来が悪かったのも大きな原因だったと思います。

まずは得点シーンを見ましょう。

1点目アスキーの得点

2点目阿渡の得点

3点目はハラショーのハラショーな得点
(最初のトラップが絶妙ですね!)

4点目はカズの得点

1点目の吉川、3点目の阿渡のアシストへはプレスが緩いですし、4点目のカズの飛び出しに対しては手前の9番がラインを下げています。
ビデオ以外でも展開の大きなパスも何本も通ったり(1点目はビデオはサイドでの攻防から始まっていますが、中央から大きな
パス1本で通ったものです)して、全体的にプレス緩々という印象でした。
得点シーン以外でもPK失敗、1対1を3回生かせない、終盤交代で入ったダテ氏が点をとる気満々で(ダテ氏の前所属はUVAで
す)フリーの選手にパスを出さないw場面があったりともっと得点があってもおかしくない試合でした。
一方でUVAの攻撃の中心若林に対しては諸江が正にレッドクリフとなって空中戦で圧勝していました。スピードがなく、高さだ
けなら怖くないですね。

この試合で思い出したのは、2010年のアウェー流通経済大学戦でした。当時の流通経済大は最下位で、結局降格したのですが、この試合も4-0で、裏に抜け出して1対1で決めたゴールが2本ありました。ツエーゲン金沢ゴール集 27-30をご覧ください。
印象似ていませんか?

試合開始直後はUVAが攻め込みましたが、すぐにツエーゲンがペースを握ります。なかなか得点が生まれませんでしたが、39分アスキー、42分阿渡のゴールで前半を2-0で折り返します。
後半5分、ツエーゲンゴールにぶち込まれDJもゴールと絶叫するもオフサイド、直後に吉川は1対1を止められる。その後もシ
ュートを撃ち続けるが得点に結びつかず、徐々に動きがにぶくなる中、15分ぐらいに大橋が決定的なシーンを止めるなど嫌な流れに。しかし、33分にハラショーゴールが決まってからは完全にツエーゲンペース。カズの得点が決まるまでPK失敗、雄大の決定シーンなどもありました。

こちらは勝利後のパフォーマンス。
コータの新パフォーマンスに注目ですw

勝って兜の緒を締めよ、というわけでもないですが、4-0の大勝でもサポは素直に喜べない感じでした。
少なくともParkerご一行は・・・

いつになるかはわかりませんが、次はこちらの方の登場です!

Photo


|

« 高速で掌を返して手首痛い3 | トップページ | いろいろな意味で記憶に残る試合 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速で掌を返して手首痛い3 | トップページ | いろいろな意味で記憶に残る試合 »