« 昇格以来最も面白いサッカーではなかったか ホームロック戦観戦記1 | トップページ | ゆるキャラ界のNewType「サンダーくん」さん大暴れの巻 »

2013年7月 6日 (土)

後半はラグビーだった ホームロック戦観戦記2

brbr(ベロンベロン)なのに3本目の記事です。それだけParkerさんのこの試合にかける思いが強い、と思ってください!

前半のエンターティメント溢れるサッカーは後半も見せてもらえるのか?良いサッカーをしていたのに1点しか取れなかったのは不安だと思いながら後半のキックオフを待っていると、雷が鳴って豪雨。雨はともかく雷はヤヴァい、と思っていると主審が選手を引き上げさせます。雷は危険ですからキックオフの延長は当然です。豪雨は5分ぐらい続いたでしょうか。キックオフは16:30になるという場内アナウンスで一旦スタジアムを出ると小雨になり、キックオフは16:20になるとのアナウンス。しかし、その二つのアナウンスの間に抽選券をみると、羽咋市のスイカが当たっていて引き換えに忙しいのでしたw

Photo

後半は豪雨と少雨が交互という状態で、金沢市民サッカー場は金沢市民プールにヘンシーン!
市民とか津幡でもヌレヌレビチャビチャムレムレのピッチは見てきましたが、芝が剥げている部分が多くそうだろうなと思っていました。今
日の市民はじゃがいも畑でなくて豪雨がヒドかったせいだと、町田及び調布方面に言いたいです!

これだけのプールは2011年の実質上の開幕戦太陽が丘プール以来だったと思います。

ボールは止まりまくりでドリブルはできません。そういう状況でロビンブのボールを出して落ちたところに自ら走り込むというクレーバーなプレーをしていた選手がいました。

ボールが止まるからグラウンダーのパスは通用しないので空中戦、それもセットプレーからの得点失点の可能性が非常に高いと思いました。失点を回避するには自陣からできるだけ遠いところにボールを持って行くのが大事かなと。
ボールが止まるため相手ボールと思われても詰めることができます。実際止まったボールをツエーゲンとロックの選手が奪い合
うという場面が何度も何度も見られました。

意図したボールを運ぶというよりもできるだけボールを前に運ぶ(陣地を奪う)、肉弾戦、キック&ラッシュとサッカーというよりラグビーに近い展開だったと思います。
こういう試合では(言葉は悪い&理解不足で)我慢して、愚直に蹴って走って、セットプレーにかける方のチームに勝利の権利
が得られたと思います。後半だけならロックの方が有利に試合を進め、決定機シーンを作りました。
しかし、ツエーゲンも大橋の2回のビックセーブに加え、誰も怠けることなく、最後まで走り抜きました。
後半は0-0でトータル1-0で勝利しました。選手も観客もヘトヘトになった試合だっと思います(思い込み)。

だからこそこの勝利は嬉しいものでした。だからParkerさんもbrbr(ベロンベロン)なのに3本目の記事(最初に戻る)

|

« 昇格以来最も面白いサッカーではなかったか ホームロック戦観戦記1 | トップページ | ゆるキャラ界のNewType「サンダーくん」さん大暴れの巻 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昇格以来最も面白いサッカーではなかったか ホームロック戦観戦記1 | トップページ | ゆるキャラ界のNewType「サンダーくん」さん大暴れの巻 »