« 「シークレット・レース」 | トップページ | 532と541 »

2013年7月29日 (月)

1万人チャレンジデーで秋田に快勝 ホーム秋田戦観戦記

ど~も、あまりに気持良い試合で今日も飲んでいるParkerさんで~す。

タイトルは「完勝」にしたかったのですが。終盤ヒヤヒヤだったので「快勝」にしました。PKによる失点がなければ「完勝」にしていたんですけどね。

前節福島戦に行けなくて豪雨のロック戦以来の観戦でした。そのロック戦を「昇格以来最も面白いサッカーではなかったか」と書きましたが、昨日の秋田戦はそれ以上の面白い試合でした。
ポゼッションはツエーゲンと秋田そんなに大きな差はなかったと思います。50:50かそれどころか秋田が上だったかもしませんが、チャンスの数、どちらが主導権を握っていたかというと完全にツエーゲンの試合でした。

特に前半が素晴らしく、ツエーゲンの得点1、シュート7に対して秋田はシュート0。ピンチは一度突破された場面と自陣内のパスミスからの2回ぐらいだっと思います。ツエーゲンは3バックでしたが、秋田ボールになると2人が下がって5バックになり最終ラインをガッチリ固めます、かと言って下がりすぎず、中盤の3人と前線2人と良い距離感を持っていたため、秋田がボールを保持するする時間は長かったですが、出し所がなく自陣でボールを回す時間帯が多く、前線にボールを出せばオフサイドという場面が何度か見られました。一方ツエーゲンはボールをカット、絡み獲ればカウンターでチャンスを作る場面が多かったのですが、得点はフリーキックからのこぼれ球をぶち込んだ亮さんの1点のみ。優位に進めていただけに1点じゃもの足りないと思っていました。

で、後半に入ると秋田の前線への飛び出しが鋭くなり、ツエーゲンはシーズン序盤によく見られた脚が動かず見るシーンが目立ち始め、左サイドを完全に崩され、ポストに当ったボールを押し込まれました。しかし、これはオフサイドでノーゴールの判定で事なきを得ます。このまま秋田ペースになるかと思われましたが、カズの豪快なミドルシュートが決まって2-0にします。



現金なもので再びツエーゲンペースになりますが、後半41分いペナルティアリア内でおそらく後ろから脚をかけたということでコミーにイエローカードが出され、PKを与えます。このPKを決められると現金なもので秋田ペーズになりました。
しかし、大橋のノラリクラリとした時間の使いかた、カウンターで攻める場面もあって「ヒヤヒヤ」しながらも勝ちきれました。

結果がついて試合内容が良く、最後は「ヒヤヒヤ」したからお客さんにとって面白い試合だったと思います。またツエーゲンを見に来てください!

|

« 「シークレット・レース」 | トップページ | 532と541 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「シークレット・レース」 | トップページ | 532と541 »