« やっとMIOに初勝利 ホームMIO戦観戦記その1 | トップページ | 高速で掌を返して手首痛い2 »

2013年6月24日 (月)

高速で掌を返して手首痛い

 
ど~も、「おまん小豆アイス」をこれ以上引っ張るとそろそろ苦情がきそうな予感をしているParkerです。

さてさて、前回の続きでホームMIO戦の観戦記です。
先発メンバーは阿渡が累積で出場停止のため、同じ位置にアスキーが入った以外は前節琉球戦と同じでした。

    コータ
ハラショー    カズ
   亮さん 教授
アスキー    タッキー
 ヨッシー レッドクリフ 渉
     大橋

読者の方々は誰が誰のことかよくお分かりにならないと思いますが、気にしない(゚ε゚)。
注目はアスキーと渉。
アスキーがボランチで出た時は危なっかしくてヒヤヒヤして観ていた記憶があります。ウィングバックはサイド攻撃の核となると同時に3バックの外側をケアしなければならないので、攻守のバランスが求められるポジションだと思っています(当方サッカード素人)。以前ここに攻撃選手を入れた時はチンチンにヤられた記憶があって、ここに入れる選手はタッキー、雄大、阿渡、教授かなと思っていただけに、アスキーがどれだけ守備にがんばってくれるかに注目していました。
そのアスキーは選手入場の際に小さいお子さんをダッコしていました。アスキーのお子さんかなと思っていたところ、試合後にご家族でいた時に会って訊ねたらやはりそうだったとのことでした。ネモ、飛弾ちゃんも自分のこどもをダッコして入場していたことを思い出しました。
話が逸れた。
プレーはというと嫌な予感が当たりました。それも思った以上に・・・(伏線です)。
一言で言うと戻らない、いや戻れなかったのかな?もうちょっと守備に意識を持ってくれと言いたかったです。すいません、実際に口に出していました(伏線です)。

前節から続いての先発の渉は、守備が軽いという印象を持ちました。もっと思い切ったプレーができなかったのかな、と

すいません、そろそろ「あまちゃん」が始まるので今日はここまでです。
掌を返すまでもうしばらくお待ちください!

|

« やっとMIOに初勝利 ホームMIO戦観戦記その1 | トップページ | 高速で掌を返して手首痛い2 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとMIOに初勝利 ホームMIO戦観戦記その1 | トップページ | 高速で掌を返して手首痛い2 »