« 日本経済新聞2面の「20歳のJリーグ 1・2」 | トップページ | FC琉球に勝ってついに5割到達 »

2013年6月16日 (日)

北信越リーグ1部 FC北陸ーアルティスタ東御観戦記

ど~も、女子選手に挨拶をされ無精ひげを剃っておくんだったorzと反省したParkerさんです。なぎら健壱をイメージしてくださいw

睡眠時間3時間でコンフェデ「ブラジルー日本」を見てからウトウトして、10:00キックオフの北信越リーグ1部「FC北陸ーアルティスタ東御」@北陸大FPを見て来ました。
根上、岩瀬と他の会場でも試合がありましたが、近さとアルティスタを見た記憶がなかったのでこの試合を選択。お約束で10分ぐらい遅れて到着。まだ0-0。
アルティスタは胸、背、パンツにスポンサーがついていたのにビックリしました。
アルティスタはリーグ戦ここまで6勝1分1敗の勝点19で、勝点25のサウルコス、21のJSCに次いで3位ですが、雪のため1試合順延となっています。一方の今年昇格したFC北陸は1勝1分7敗の単独最下位で降格ゾーンにいます。

アルティスタ側の観客席には大量のダンマク、でも声だしサポはいなくて、FC北陸側はダンマクはなくて、部員とHUFC BOYSとのユニを着た小学生が応援していました。

ハーフタイムのアルティスタ側の観客席です。
Photo


試合の方は圧倒的アルティスタペースでほぼハーフコートサッカー。目についたのはセンターでボールを散らす5番の選手と右サイドバックの4番。調べたら5は元松本の斎藤、4は元ジェフリザの西井でした。 アルティスタは圧倒的に攻めてはいるもののシュートまで持ち込む機会は少なく、むしろFC北陸にコーナーからのシュートがバーに当たるという決定的シーンがありました。前半も45分を過ぎ、このまま前半終了かと思いましたが、アルティスタがペナルティエリア内でゴールに向かってのドリブルを後ろからかけられてPKを得ます。FC北陸の選手はレッドカードで退場。小学生から本田、本田という声が、部員からは真ん中真ん中という声がwしかし、Pkは右方向の低いもので成功し、アルティスタが先制、すぐに前半終了の笛がなりました。
後半もアルティスタのペース。一人多いこともあって前半よりもシュートまで撃つシーンが見られました。そして追加点で2-0。これで勝負ありでしたが、蒸し暑さと遠征のせいか次第に運動量が落ちてきて、35分ぐらい過ぎからはFC北陸が攻めるシーンが多く見られました。しかし、FC北陸は得点することなく0-2で敗れました。

アルティスタのサッカーは面白かったです。サウルコスとの試合を見たくなりましたが、テクノの試合は1回戦で終わっていて、2回戦は7月7日の松本市サッカー場ですた。この日は岩瀬で新庄クラブとヴァリエンテがそれぞれJSC、アンテロープと上位チームを迎える連戦がありますし、北陸大FPではFC北陸-テイヘンズもあるので多分行かないでしょう。

2

ツエーゲンの試合以外もちょくちょく見に行っていますが、観戦記を上げたのは久しぶりでした。

|

« 日本経済新聞2面の「20歳のJリーグ 1・2」 | トップページ | FC琉球に勝ってついに5割到達 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本経済新聞2面の「20歳のJリーグ 1・2」 | トップページ | FC琉球に勝ってついに5割到達 »