« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月27日 (月)

みんなまとめて誕生日でもノー問題

ど~も、目を合わせてはいけない人、Parkerです。
さてさて、ソニー仙台戦があった日は阿部ちゃんの誕生日、そして勝ったので試合後阿部ちゃんが「誕生日」ゲーフラを掲げた画像が
おひさるツイッターで上がっていました。

Pさんはこのシーンを見ていなかったというか知らなかったので寂しいなぁと。てなわけでクールダウンを終えたレッドクリフに「これ持って写真撮らせて」「誕生日は27日なんですけど」「まぁいいじゃない。ノー問題」というような会話をして(正確な会話ではありません)、ゲーフラを持ってもらいました。今日誕生日だからノー問題だよね。

Sblgfbbfcuaa_pk


そしてコータにもに「これ持って写真撮らせて」「誕生日は終わったんですけど」「まぁいいじゃない。ノー問題」というような会話をして(正確な会話ではありません)ゲーフラを持ってもらいました。5月22日が誕生日でこの日で3日遅れだったけれどノー問題だよね

Sblgfjbxcuaevb4o

写真が撮られたことを知らなかった阿部ちゃんにも「これ持って写真撮らせて」「まだ練習中なんですけど」「ごめん」。ということで諦めました。

次はどの試合で掲げてもらおうと調べたら、6月22日の津幡の試合がチャンスです(選手にはピンチ)。
18日ウォンビン、19日山城、23日マーティン、24日大橋、25日翔さん、と誕生日が集中しています。マーティン、大橋はPさんをこんな人と認識しているはずなのでまず掲げてくれそう。ウォンビンにはジャパニーズ・ハビットと言っておこう、いや、ハビット・オブ・ツエーゲンの方がいいのか。山城と翔さんが問題だな・・・。
ツエーゲンに入団したからは通過儀礼
(なの?)なんでご協力お願いします!
それより対戦相手がMIOである方が問題。ベンチ入りメンバーに対しては勝てないとできないのよね。5月6日の教授の誕生日にはお願いできませんでしたorz

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

金沢劇場 ホームソニー仙台戦観戦記

なくなった映画館みたいなタイトルになったなw若い人知らないだろうなぁw
そこで黒澤明の「用心棒」「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」、「新幹線大爆破」「ゴジラシリーズ」などを見たことがあるとです。Pさんです。
(今ごろヒロシネタ・・・)

さて、昨日のソニー仙台戦の感想です。うpが遅れたのは、皆さんご想像とおり飲みすぎていたためです!

会場はじゃがいも畑市民だったのでピッチが近くて見やすかった。この試合が西部だったら翔さんの得点が入るまでは退屈な試合という感想だったかもしれませんが、市民だったので一進一退の攻防と言っておきましょうか。雄大が、らしいプレーをがさせてもらえませんでしたね。
試合を通じて両チーム通じて決定機は得点シーンを除きほとんどなかったと思います。
ソニーの先制点はショートコーナーからの速いクロス(ノートラップだったかな?)で、見ていて、あっと思ったらゴールにボールが突き刺さっていたという感じでした。
これってツエーゲンのセットプレーに対する守備はゾーンなので、タイミングを外そうという意図があったのではなかったでしょうか?一方ツエーゲンはコーナーキックの際は選手がマークされないように固まっているのですが、それにも関わらずソニーのマンマークは徹底していて面白かったですね。

ソニーに先制されたのが後半19分(JFLトップページではPKになっています。見るのならお早めに!)。左サイドの深いところからペナルティエリアに侵入したシーンはあったものの前出したとおり決定的シーン、頭を抱えるプレーはなく、またこのパターンかorzと思った39分にコータ、翔さんのホットライン爆発。コータの速いクロス気味のヘッドというアイデアを翔さんが素早い動きでディフェンダーの前に入ってのヘディングゴール!素晴らしい得点ですね!(注・メイン中央という観戦場所と老眼の進行であんまりよく見えていませんでした(^^;)なぜかアナウンスはコータでした(^^;

この時間までに交代は2人。後半13分にタッキーから山城、後半28分に亮さんからジフンに替わっていました(キャプテンマークはレッドクリフ諸江に渡されていたと思います)。そして同点ゴール直後に雄大に変わってダテ氏が投入されます。そのダテ氏が後半45分、アドなんとかタイム突入直前にミドルをソニーゴールにぶち込みました。

昨年最終戦のコミーのゴールを思い出しますね。

動画にも「勝負」という声が入っていますが、PさんもS席で「勝負」と叫んでいました。それぐらいスペースと時間があったわけです。これまでだと逆にそうしたスペースと時間を与えていましたが、逆になったのはホームでは初めてではなかったでしょうか。もっとも4分のアドなんとかに入るとソニーの猛攻にタジタジとなって脚が止まりかけたように見えましたが、前線に長いボールをおくるなどして時間を潰し逃げ切ることができました。

なんとホームでの逆転勝利は2010年以来とかで、ホーム側のゴール、時間帯と大盛り上がり。サポゾーンから遠く離れた中央部でも盛り上がっていました。
盛り上がった試合後の映像はこちらです。

| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

若侍に思うこと

「日本サッカー協会 U―20選抜を14年開幕のJ3参戦へ! 」
という記事を読みました。こちらが
リンクです。

日本サッカー協会が「J1、J2に所属する選手を中心にU―20選抜チームを編成し、早ければ来春からJ3に参戦」させようという計画があるとのことです。
ただし、記事にもあるとおり「運営や経営は誰が行うのか、監督や本拠地はどうするのかなど」実現に向けた課題が多そうです。

ヘッドラインを読んだ感想は「釣り針デカいなぁw」というものです。最初に浮かんだのが記事にある「運営や経営は誰が行うのか、監督や本拠地はどうするのかなどについては今後も議論が必要だ。」でした。現実的には協会がチームを持つことになるのでしょうか?ホームについては将来的にJのチームを持ちたいと思っている地方が手を上げるかもしれません。
選手の目途があるとはいえ(実際そんなに選手が集まるのかいう疑問もありますが)、今からホームを決めてチームを作るのは現実的に難しいと思います。本気で考えていていればもう動いているでしょうからトバシかなと。いや、
23歳以下の移籍自由化はこの布石だったかも・・・。そういえば、J3設立が発表された時からJクラブのサテライトを参戦させるという話もありました。そう考えると筋道が通った話かもしれません。いや、そういう話があったからの今回の記事かも。ウーム。 

トバシだと思った、というかトバシだと思いたいという一面もあります。
J3ってJリーグ、サッカーをもっと広げるためのリーグじゃなかったでしょうか。ならばこうしたチームをJ3に参加させる必要があるのか?ヤングサムライを参加させるより、地域に根ざしたクラブを参加させるべきだと思うのです。J志向クラブ、市民クラブ、企業チーム、そして以前学生も参加していたJFLなら違和感もありません(どちらにしろ参入クラブがひとつ減りますが・・・)。

以前からJリーグ、協会にとってのJ3の扱いに疑問を感じていました。
J2から降格するクラブのため、Jリーグで「失敗した」監督のため、東南アジア進出に向けての
「東南アジア枠」など、Jリーグのセーフティネット、安全弁、実験の場と考えられているのでないかと思うのです。カテゴリーが下で、参入条件が緩いなのは事実ですし、上のカテゴリーと同じにする必要もないのですが、J3に参加するクラブを軽視しているのではないかという妄想があったためトバシと思いたかったかもしれません。

以上来季J3参入予定orzクラブの自称サポのグチでした。

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

アウェー長野戦後の顛末

ど~も、アウェー秋田戦は校下(校区)の運動会で、我が町会が優勝しての祝勝会のスタートがちょうど秋田戦勝利の瞬間だったので飲み杉てしまったPさんです(いつものパターン)。しかも今回は町会の奥様方+Pさんの奥さんもいたからモー大変でしたorz

てなわけで前回の続きです。
もうね財布を落として困ってしまってワンワンワワンですよorz

クレジットカードの再発行だけは当日中に電話で終わりました。1枚のキャッシュカードは翌週出勤前に窓口で再発行の手続きができましたが、もう1枚は時間がかかりそうです。キャッシュカードだけでなくポイントカードの再発行もまとめてしようと、1週間後に有給をとって1日は再発行の手続きにかかりきりにしようとしました。

休みの当日、最初に胸スポンサー様の銀行に行って状況を説明しました。キャッシュカードの再発行には2000円かかるとのことorz残高〇〇〇円しかないのにorzそれなら口座を解約して新規に口座を作った方がお金がかからないと言われましたが、決済に使っているのでそうもいかず、キャッシュカードの再発行をしないで窓口で印鑑で引き出すことにしました。ただ亡失の手続きをしなければならないので書類を書いて、窓口のオネーサンに渡すと、窓口のオネーサンと後方が「Pさん」「Pさん」言っています。胸スポンサーさまにまで悪名が轟いているのかorz・・・と思っていると、「長野県の〇〇警察署からキャッシュカードが見つかったとの連絡が入っていました。カード亡失の手続きは不要です」と言われました!
〇〇警察署?近くを走っていないのにと思いましたが、道の駅はその警察署管内でした。
財布・キャッシュカードは届けられてもお金はないだろうなぁと思いながら警察署に電話すると、現金もそのままでポイントカード等も入っているとのことでした。拾ってくれた方は名前も名乗らず、お礼もいらないと言われたとのことでした。ありがとうございました!
警察は何度か家に電話を入れてくれたそうですが、誰も出なくてそのままだったとか。
当日中に書留で財布を送ってもらい、翌日受け取って調べると全てのものが入ったままでした。ツエーゲンのチケットもwチケットはボロボロでしたが、後日中の人に使えるか確認したところ、大丈夫と言われたので人にあげました。ポイントカードはもっとポイント貯まっていると思っていたけれど数百円しか貯まっていませんですた・・・。

クレジットカードの再発行料金や書留料金はかかったものの無事財布が戻ってきて良かった。
Mio以外のアウェーも行く意欲も出てきました!

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

アウェー長野戦後の話

更新が滞ってすいませんねぇ。成績がアレだと更新の意欲も落ちますよね~orz
とまぁ景気の悪い話の上にもっと景気の悪い話を投入。

その景気の悪い話というのは、アウェー長野戦後今年はもうアウェーに行かないと書いていたことです。今回はその顛末を赤裸々に告白します。

アウェー長野戦の時期は花粉に加えて年度の切替で会社でもいろいろ忙しかった上に同伴出勤ジャナクテ同行を断られていて、前日まで1人で行くか悩んでいました。
でも近場のアウェーだし、長野なら一人でなんとか行けるので、当日朝に体調が万全でないものの行こうと決めたわけです。
南長野の近くで蕎麦食ってから競技場に到着。体調が良くなかったので試合前に車の中で少し眠ったりもしていました。
結果は皆さんご存じのとおりアレだったんで気持ちよく帰られるわけありませんorz

試合は当初キックオフは13:00でしたが、テレビ中継のため15:00に変更になって試合が終わったのが17:00。天候も悪くてそろそろ暗くなろうという時間でした。
長野から高速で帰る手もあったのですが、そこはビンボーなPさんは往路と同じく白馬経由で糸魚川から高速に乗って帰りました。途中の18号線は大渋滞、19号線から糸魚川まではくらい中くねくねと曲がった道、その上雨と台風なみの強風で、長野から高速乗るんだったorzと思いながら運転したたわけです。
ようやく金沢に着いて給油しようと財布を出そうとしたら、財布がない・・・。全部のポケットを探してもない、車から降りて車内ライトをつけてシートの間、床を探してもない・・・。これは落としたとしか考えられません。お金を払ってから車を降りたのは某道の駅と高速のSAだけなのでどちらかで落としたのに違いありません。

帰宅後すぐに道の駅に電話するも営業時間が終わっていて誰も出ません。財布にはクレジットカードが入っていたのですぐにクレジット会社に電話して亡失・再発行の手続きをすませてこの日は寝る。クレジットカード以外には複数枚のキャッシュカードが入っていましたが、残高がなくて引き落とされる心配がなかったので銀行の連絡は後日でいいかなとw他には複数枚の会員ポイントカード、後援会に入会してもらったツエーゲンの入場券とかも入っていました。運転免許証は別にしていて良かった。

道の駅、SAの駐車場は真っ暗だったし、しかも台風並みの強風が吹いていたので財布吹き飛ばされていたんだろうなぁと思いながらも、翌日道の駅とSAに電話して見つかったら連絡してもらうようにお願いをしました。するとその日のうちに道の駅からクレジットカードだけが届けられましたと連絡が入ったので切って処分してもらうようお願いはしましたが、財布があったという連絡はありませんでした。

途中の有料道路で200円の料金を払う際、小銭がなくて財布を出して1000円札を出した後、すぐに財布をポケットにしまわず膝の上に置いたまま運転したような気がします。その後某道の駅でトイレに立ち寄った時に車から降りた時に落としたのでは・・・これまでもハンカチ、イヤホン、携帯でも同じようなことをしていたのです。何回同じ過ちをしているんだよorzその後の高速のSAでも車から降りましたが落とした可能性が高いのは道の駅でした。
長野から高速に乗っていたら、試合時間が当初予定通り13:00だったらまだ明るかったのに、体調が良くないのに無理に行ったから、などといろいろ重なって末のこの顛末。スゲー自己嫌悪に陥りるorzヨメに財布落としたことを報告すると厳しいことを言われなかったのが救いでした。
ちなみにビンボーなPさんらしく現金は数千円だけしか入っていませんでした・・・

続きます

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

「ひたむき」なプレーとは何かと考えた

福島相手にアウェーとは0-3の惨敗orz
もうね・・・

一方、福島さんは新スタジアムこれら落としでの快勝おめでとうございます。
JFL各チームへの提案ですが、ビックマッチを計画する際は「ツエーゲン金沢」をご指名ください!イイ仕事しまっせ・・・

と、松崎しげるぐらい黒いブラックジョークが出たところで本日のお題です。

先日ツエーゲン系ブログを見ていたところ、ツエーゲンの試合の翌日カターレvsヴェルディを連続観戦した方の感想がありました。Pさんも2試合とも見ていたのですが、気になったのは「(カターレが)いい闘いをしているのは間違いありません。あのひたむきなプレーは素晴らしいですね。〇〇〇と金沢には無い部分です。」(〇〇〇は本稿に関係ないので伏せさせていただきました)

前半部分に関しては全く同意。結果こそ出ませんでしたが、カターレは面白いサッカーをしていました。一方で「金沢には無い部分です。」に違和感を覚えました。
お断りしておきますが、その方の考え方が間違っているとか言っているのではありません。あくまで「違和感」を感じただけです。

「ひたむき」さってなんでしょうか。ネットで「ひたむき」を調べると『一つの物事だけに心を向けているさま。忍耐強く、いちずに打ち込むさま。「―な努力」「―な情熱」』と出てきました。確かにカターレの選手たちのプレー、ボールを奪うさまはまさにそれを感じました。そのカターレも昨年ホーム1試合(松本戦)だけ見た時にはヒドい試合で、「ひたむき」さを感じることはありませんでした。
一方で今のツエーゲンはどうか?選手はみんな怠けず懸命にプレーしているとPさんは思っているのですが、その方がそう思わなかったのは「チームとしての完成度」の違いではないかと思ったのです。選手は同じような気持でプレーしていても、チームの完成度が低いため個々の努力が結びつかないからそう思われたのではないでしょうか。

チームとして戦えれれば、プレーする選手は同じでも「ひたむき」さを感じることができるのではないかと思うのですがどうでしょう?

今のメンバーで違う監督でのサッカーを見たいです!(過去歴代監督不可)

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

試合前がメインイベントだった

HOYO戦の開場は12:00。かぶとの配布もそれに合わせるので、それまでには準備しなければなりません。遅くとも11:30にはスタジアムに着きたい。できればもっと早く11:00に入りたい、逆算するとできれば10:30に家を出たい。9:30に起きても間に合う計算でしたが、朝の連続ドラマ「あまちゃん」を見るため7時過ぎに起きますた。BSプレミアムの7:30と総合の8:00の放送分を見て満足満足(結局BSプレミアムの23:00放送分も見てしまいました)。

「あまちゃん」を見た後仮眠しようとしましたが、それもできず早めに家を出て、スタジアムには11:00前に着きました。西部に向かっている途中で風が強いなと思っていたら、強いを通り越して突風でした。フェンスが倒れ。椅子が吹っ飛ぶ、スタジアムの中ですスポンサー看板も飛んでいたとか・・・。こんな強風の中でイベントができるか不安でしたが、会場の12:00ごろにはフェンスや椅子が吹っ飛ぶような風が吹かなくなって良かった。

当初かぶとを並べようと考えていましたが、とてもじゃないができなかったので、袋に入れたままテキトーにお渡しすることにしました。かぶとをかぶって(さらに用意したレプリカユニを着てもらって)の写真は配布場所の横に置かせてもらったゲンゾー看板、横のキックターゲットにいたホジュンとウォンビンにも一緒に写ってもらいました。小さい鯉のぼりも買っておいたのでそれを持ってもらってこども日感倍増。
おかげさまで用意したかぶとは全部お渡しすることができました。サインのリクエストにはお応えできないケースもありましたが、お許しください。





Simg_0988


同時に大槻選手へのバースデーメッセージを募集していて、こちらはジュニアのコーチをしているということで生徒さん?をはじめ多くのメッセージをいただきました。
今回のイベントのキモと考えていた噴水前でのこどもさんと選手との集合写真は、かぶとをお渡しした際にご家族にお願いしたり、撮影時に入り口前に待っている方々、駐車場からスタジアムに向かっている方々に声かけして集まってもらいました。せっかく7人もの選手に集まってもらっただけに、もっと多くのこどもさんに集まってもらえたらと、当方の力不足を申し訳なかったと思っています。綱引きに参加申込みするこどもさんに呼びかければ良かったと思いましたが、後の祭りでした。

それでもマーティンがフラッグを広げたり、選手がこどもさんをダッコしたり肩車したりとなかなか撮る機会のない写真を撮ることができたと思います。集まってくださったこどもさん、ご家族、撮影に協力いただいた選手、そして(やや無理な)お願いをして写真を撮ってくれたボランティアカメラマン氏にお礼申し上げます。
1時30分の写真撮影でイベントは終了したら腹ペコ。大急ぎでくりからそばを食べて席に座ったらやがて選手入場でした。試合前にメインイベントが終わっていたため、やや集中を欠いての観戦になったかもしれません。

試合後は大槻選手にメッセージを渡すため出待ちしていました。敗戦の後、疲れているところを申し訳なかったですけれど、メッセージを書いていただいた方々に渡したという証拠のためw写真を撮らせてもらいました。大槻選手ありがとうございました。ちなみにその後大槻選手が別の方からプレゼントをもらった写真を見たのですが、笑顔が全然違っていましたwまぁおっさんからもらったのと女性からもらったのなら違って当たり前ですね!

Simg_0995




いろんな方のご協力でできた試みでした。やるかどうか迷っていて、力不足の面もありましたが、終わってみればやって良かったと思っています。
なにより一番楽しんでいたのは自分だったかもしれません。

ありがとうございました!

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

イイ歳したおっさんが折り紙した件

疾きこと風の如く。
どーも、HOYO戦のイベントで珍しく走り回っていたら膝が痛いParkerです。

今回の企画についていろいろ書いてみたいと思います。今回は準備編。
こどもの日の近くにかぶとを渡すのは確か2年連続でやっていたと思いますが、3年連続で同じことをやるのもどうかなぁ、けっこう面倒くさいしなぁ、春先は体調も悪いしなぁ、と今年もやるか迷っていました。
最終的にやろうと決心したのが相模原戦後のあの対話がメディアにのったことです。なにか楽しいことをやりたいなぁと。結局なにかが思いつかなかったので、いつものかぶとをやろう!と。でも昨年はかぶとあまったし、喜んで受け取ってもらえるようにする方法がないかと考えていたら、苦しいときのサイン頼みがあるじゃないか!かぶとにサインを入れてもらえれば喜んで受け取ってもらえそうだし、いかにもこどもの日のサインらしくて付加価値つくからイイ!でもクラブに協力してもらえないとできないことなので、27日1万人チャレンジデーのUVA戦に中の人にサインの打診をしたところ快く応じていただけました。それどころかこちらから50個ともちかけたのに28人の選手2枚づつ書くので56枚にならないかとまで言われました。ということで逃げられなくなってこりゃやらなきゃということに。

かぶとを折る紙は店頭になく注文しなければならなかったんですが、ゴールデンウイークを挟むのでクラブからの回答がある前に注文していました。もしクラブからダメと言われていたら不良在庫を抱え大変でした。
選手にサインを書いてもらうため、あらかじめかぶとを折って渡しておかなければなりませんでしたが、ホームの試合もないためPさん一人で折るこはめに。紙も元々は長方形(四つ切りサイズ)なので、まずは斜めに折ってそれから余った部分をカットする必要がありましたが、カッター、ゴムマットが家になかったためまずそれらを買うことから始めなければなりませんでした(といっても100均ですが)。

晴天のゴールデンウィークの某日をいい歳したおっさんが画用紙をカットして折り紙をしていると、だんだんと腹が減ってきたので昼飯食いにでかけました。そこで時間がもったいないと折っていると、お手伝いしてくれる方がいらっしゃって予想外に早く完成しました。ありがとうございました。折り紙60枚をクラブに届け一安心。でも今年はかぶとだけでなく、例年と違うこともやりたいと思っていました。

昨年かぶとを渡すとゲンゾーの看板の横で写真を撮っていたご家族が多かったので、どうせならレプリカユニを着て撮ってもらった方が記念になるだろうということで、クラブに子供用のレプリカユニを貸してもらえないかとお願いしたところ快諾いただきました。
その後、きょうだいだと1着だけだと寂しいし、ご家族に着てもらって、こっちで写真を撮ればもっと記念になるのではと考え、あと2着レプリカユニがあったほうがいいなぁと考え、ツイッターでレプリカユニを貸してもらえないか呼びかけたところ複数のサポ氏から提供を受けることができました。
さらに、かぶとを受け取ってもらったこどもさんたちに集まって写真を撮れば(企画者にとって)画になるなぁと思いつき、どうせなら選手にも入ってもらえればいいのでは?と考え、こちらもクラブに打診したとこと快諾をいただきました。合わせて、ゲンゾー看板を配布場所の近くに置いてもらうこともお願いしました。

企画は思いついたものの当日はPさん一人では応対しきれないので、顔見知りのサポ氏2名に当日のお手伝いを頼んだところこちらも快諾いただきました。
さらに5月の1日になって、当日は大槻教授の誕生日であることを知って、昨年もやった寄せ書きをしようと思い付き、某サポ氏にカッケーロゴをお願いしたところ、時間がないにもかかわらず予想以上のカッケーロゴを考えてもらいました。
また、某サポ氏から配布場所でチャントを流せるようにと、オーディオ機器も貸してもらえることになりました。

いろんな方にご協力いただき、いよいよ5月6日を迎えました。当日編に続きます。

イベント会場では「疾きこと風の如く」でしたが、会社と家では「徐(しず)かなること林の如く」「動かざること山の如く」です!

| | コメント (0)

5月6日HOYO大分戦のイベントのお礼

先ににご案内した5月6日のHOYO大分戦でのイベントを無事に終えることができました。

かぶとを受け取っていただいた方々、大槻選手へのバースデーメッセージを書いたいただいた方々、集合写真にお集まりになっていただいた方々にお礼申し上げます。

選手、クラブ、サポータ有志のご協力があってこそのイベントを行えることができました。ありがとうございました。

機会があればまたこのような企画をやってみたいと思っていますので、その際はよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

5月6日HOYO大分戦のイベントのご案内

クラブホームページでも紹介されていました「こどもの日・かぶとプレゼント!」についてご案内します。

過去2年「こどもの日」にちなんで「折り紙のかぶと」をプレゼントしていましたが、今回はクラブにご協力いただき登録28人の選手からそれぞれ2枚づつサインをいただきました。さらに田代アンバダサーからも1枚サインをいただき、開門時間の12:00から先着57名のお子様にかぶとをプレゼントさせていただきます(サインしたかぶとは選べません)。
場所はキックボールの横を予定しています。ぜひ、かぶとをかぶって選手と写真を撮ってください。

今回の企画にあたり、クラブからはSサイズのレプリカユニを、サポーター有志からレプリカユニをお借りしました。マフラー、フラッグなどの応援グッズも用意いたしますので、選手との写真や、ごきょうだい、ご家族との記念写真にお使いください。レプリカユニを着ての写真撮影はかぶとがなくなっても1時20分ごろまで行います。

1時30分には噴水前でこどもさんと選手数名との集合写真を予定しています。かぶとを受け取った方以外も参加できますので、お時間のある方は1時20分ごろに噴水前にお集まりください。

こどもさんからの応援メッセージを募集しています。かぶと配布場所でツエーゲンノート、色鉛筆を用意してお待ちしています。

5月6日はNo24大槻優平選手の誕生日です。大槻選手への寄せ書きも実施しますので、こちらはこどもさんに限らずどなたでも大槻選手へのメッセージをお寄せください。

多くのこどもさん、メッセージをお待ちしております。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »