« 【当たらぬも八卦】ホーム開幕戦先発予想【当たらぬも八卦】 | トップページ | 開幕2試合を観て思ったこと »

2013年3月17日 (日)

風車の理論でホーム開幕戦YSCCに勝利

手首はなかなかひっくり返せません。
ど~も帰宅してすぐに一人祝勝会をしながら、この文章を書いています。
ということでごく簡単な観戦記です。

前節の試合と見ていると今年のツエーゲンの良いところと悪いところが出た試合でした。
前半はツエーゲンペース。昨年と違ってノッキングすることなくボールを早く前に運ぶことができます。少ないタッチ、狭いところを通すパス、オーバーラップするディフェンダーと見ていて楽しい。
昨年より個人能力は間違いなく上がっています。
特に一人名前を挙げるなら、MOMになった佐藤のパスセンスが素晴らしかった。そこを狙うか!というパスが多かったと思います。これまでもそこを狙うか!やっぱり通らないorzということが多かったですからw
もっとも、前節と違って佐川印刷のプレスよりもYSCCが甘かったです。そうした意味ではYSCCの出来の悪さに助けられました。

悪かったところは後半になって足が止まる事。今日も印刷戦も試合中のツイッターで足が止まっているとツイートした数分後に失点しています。すぐにスタミナをつくということはないでしょうから、早めの選手交代、442などのオプションを使っては思いますが、次節は同じパターンを繰り返さないでください。

前半はツエーゲンペースでポゼッションはツエーゲンが上回るもなかなか良いボールがゴール前に運べない。雄大が惜しいシュートも撃つもシュートチャンスは少ない。前半28分ごろか、中央から大きく右に展開し、深いところからのクロスを山城が頭で合わせて先制。クロスを上げたのはコミー?
後半始まってもツエーゲンペース。ゴール正面のこぼれ球を佐藤が豪快に蹴り込む。キーパーは一歩も動けす。それ以外にもマッキーがGKと1対1になるなどもっと点をとれそうなふいんき(今年も変換できない)だったが、ツエーゲンの脚が止まりだし、中盤とディフェンスラインの間が広くなり、YSCCも昨年のような組織的かつ前に速いサッカーになる。
ベンチは動かないなぁと思っていたらミドルをぶち込まれ(阿部は一歩も動けず、見えないところから撃たれたのか?)、セットプレーで合わせられ同点に追いつかれる。その後もYSCCの猛攻にアップアップ。シュートがわずかに外れていて助かる。
選手交代は同点になってから、山城→ジフン、教授→ダテ氏。そのダテ氏が投入早々にゴールを決め3-2と突き放す。Pさんはダテ氏投入とツイートして目を上げた瞬間にダテ氏がゴールを決めていますたorz
その後は危ない場面を作られることなくなんとか逃げ切ってホーム開幕戦を勝利で飾ることができました。圧倒的ツエーゲンペースから、脚が止まってYSCCの良いところを見せハラハラさせて、最後には勝つ!これぞ「風車の理論です」よ!奥さん!!

|

« 【当たらぬも八卦】ホーム開幕戦先発予想【当たらぬも八卦】 | トップページ | 開幕2試合を観て思ったこと »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【当たらぬも八卦】ホーム開幕戦先発予想【当たらぬも八卦】 | トップページ | 開幕2試合を観て思ったこと »