« 風車の理論でホーム開幕戦YSCCに勝利 | トップページ | スタンドのふいんき(変換できない)が西部と違っていたような気がした »

2013年3月18日 (月)

開幕2試合を観て思ったこと

ど~も、一人祝賀会の影響が夜になっても抜けきらないParkerさんです。

さていろいろ辛くて書いていなかった開幕戦アウェー佐川印刷戦のごく簡単なレポートを最初に書きたいと思います。
試合展開はほぼYSCC戦と同じ。
違ったのは、バックパスのミスで先取点を取られたこと。
後半途中までツエーゲンが優勢に試合を進めていましたが、YSCCの緩いプレスに対して印刷はタイトな守備でツエーゲンは決定的なシーンを作らせてもらえませんでした。印刷は強かったと思いました。
後半脚が止まって振り回されて2失点したのは全く同じ。しかも2試合ともセットプレーとミドルからの失点。
一人で相手に危険なプレーを仕掛けるのは雄大。そうした意味では(今年も)雄大がエースと言ってもいいかも。
って10日にも書いていたような気がするけど読み返さないでおこう。

開幕戦と昨日の2試合を通じての感想です。
第一は、後半になって脚が止まる事とその対策ですが、昨日も書いたので(ry。
ひとつ思ったのが、中盤の選手を代えるというオプション。中盤の底をできる選手は、オッチーとダイチョウ以外に誰が?というと名前が出ません(まぁ知らないだけなんですが)。この2人にしても潰し役というより攻撃的な選手だという印象です。昨日途中出場したジフンはそうした意味では貴重な選手になるかもしれません。次節アウェーHonda戦の遠征メンバーに選ばれる可能性は高いと思います。真吾ちゃんが怪我をしなければなぁ・・・
攻撃に関しては、本当に印象だけなんですが、ツエーゲンからはオートマチズムを感じないんですよね。一方の印刷、YSCCの攻撃には、オートマチズムを感じました。まぁツエーゲンの脚が止まった影響かもしれませんが。オーバーラップという約束はありますが、まだ個人の閃きに頼る部分が多いような気がします。いろんな約束事ができれば、もっと攻撃的サッカーができるんじゃないかと思います。
コーナーキックはKAZU(佐藤)でいいんじゃないかな?ボールの軌道が美しい。
教授の運動量が目立たなくなってきた。運動量が落ちたということではなくて、中盤からサイドに移って横の動きをする必要がなくなったということかな。その分上下運動が多くなってきそう。

|

« 風車の理論でホーム開幕戦YSCCに勝利 | トップページ | スタンドのふいんき(変換できない)が西部と違っていたような気がした »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

ツイートするのもタイミングがズレたので。

・阿渡が結構空中戦に強いって印象が残りました。これなら3バック行けそう。守り方は去年終盤と変わってないと思いますが、去年よりよさそう。
・中盤、攻撃的に行くなら1ボランチにして諸江さん入れて4バックってオプション考えたのですが、大量失点しそう。
・交代の一枚目はマーティンでよかったような。

ながなが失礼しました。

投稿: かっしい | 2013年3月19日 (火) 08時02分

阿渡は空中戦でほとんど勝っていましたね。決して高い身長ではありませんが、強かったと思いました。
後4枚は守備的オプションになると思います。真中は吉川、コミー、左・雄大、右・阿渡でどうでしょうか?
1枚目の交代は戦術的なものではなくて当初からコータにするものだったと思います。

投稿: P | 2013年3月19日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風車の理論でホーム開幕戦YSCCに勝利 | トップページ | スタンドのふいんき(変換できない)が西部と違っていたような気がした »