« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月23日 (土)

クラブを「都道府県の顔」に

日本経済新聞3月20日のコラム「フットボールの熱源」です

Jリーグ創設からの関係者が目にしたら「20年でここまできたか」という感慨を覚えたのではないだろうか。先週まで東京の地下鉄永田町駅の地下通路に、全国のJクラブとJリーグを目指すクラブのポスターがずらりと掲示されていた。
各都道府県の東京事務所とJリーグ、Jクラブの連携によるイベントで、都道府県会館内の各事務所前のショーウインドーにはユニホームやマスコットのぬいぐるみなどが展示された。
音頭をとったのはJ2岐阜に出向した経験のある岐阜県東京事務所総務課の尾関新太郎さん。全都道府県に呼びかけたところ、日本フットボールクラブ(JFL)の金沢がある石川県から「Jクラブでなければダメなんですか」」という声があがり、結局JFLの6クラブ、地域リーグのグルージャ盛岡、奈良クラブを合わせた36都道府県の43クラブが参加した。
普段は観光や物産をピーアールするスペースにサッカー関係のグッズが並んだのだから画期的で、尾関さんは「地域リーグまで参加してくれたのは、いい意味での想定外」と喜んだ。
J1に所属していなくても、すべてがふるさとのクラブであるわけで、それぞれが都道府県の財産であり、全国に向けての顔となり得る存在だ。もしかすると今回のイベントを通じてそんなクラブの価値、使い道を再認識した自治体もあったのではないだろうか。
岐阜県は昨季、アウェーの湘南、横浜FC戦の選手入場の際に岐阜県出身の家族がエスコート役になるのを認めてもらった。山形の試合では岐阜県のブースを設けてもらい、高山ラーメンや飛騨牛カレーなどの物産品を販売した。サッカーをツールにして愛郷心を育んだり、あるいはふるさとを全国を売り込む方策はいくらでも転がっている。(吉田誠一)

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

動画の解説をしてみる

今回はここ一ヶ月ぐらいで狂ったように作り続けた動画の解説です。

まずはこちら、正調開幕プロモーションビデオ。
音楽はThin LizzyのThe Boys are Back in Townまさにタイトルどおり、やつらが帰ってくる、ですね。

youtube用はエルガーの「威風堂々」を使っています。

新選手紹介のこちらのビデオはDaft PunkとBeastie Boysとcapsuleのマッシュアップ「StarrySky YEAH! Remix」のものです。
この動画の制作動機は、「エミネムさんがカターレ富山について教えてくれるそうです」が話題になっているらしいと知って二日ででっち上げたもの。エミネムをそのまま使っては面白くないし、ウソ字幕としては「StarrySky YEAH! Remix」も方が(自分的には)歴史が古いし、なんと言ってもビデオの男女2人組のcapsuleは正真正銘の金沢出身ですからツエーゲンらしいでしょ。イケメソの中田ヤスタカはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとしても有名です。

ミッション・インポッシブルはPさん的にオリジナルTV版の「スパイ大作戦」のしっくりくるので、そちらの音楽を使いました。動画を入れた方が良いのでは、というご意見をいただいたので、一部動画を入れました。

しかし、どれもが見られていないorzということで「エミネムさんが〇〇について教えてくれるそうです」が流行っていて、サッカーチームシリーズも人気というステマに騙されて作ったのが「エミネムさんがツエーゲン金沢について教えてくれるそうです 」ですが、全然見られていないorzと不満をぶちまけるため今回のエントリーとなりますたorz

| | コメント (2)

2013年3月20日 (水)

エミネムさんがツエーゲン金沢について教えてくれるそうです

エミネムさんがツエーゲン金沢について教えてくれるそうです

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

スタンドのふいんき(変換できない)が西部と違っていたような気がした

うぅ血を吐く思いをしてまで作った動画がホーム開幕戦勝利後の動画より再生回数が少ない・・・って当たり前ですよね!

そのホーム開幕戦は初の加賀市開催。Pさんの家からは1時間くらいか。
毎年この時期に行われる泥上げ(江堀)に午前中参加してから行きました。ちなみに、おっさんで有名なPさんが参加者中一番若いのです・・・。8時から始まって予定通り10時30分に終了。午後も作業があったんですが、こちらはさすがに不参加。
急いでいたんでしょうね、赤い服着ていくのと、自慢のブツを持っていくのを忘れていたorz
昼食はスタジアムで食べたかったのですが、おひさるに情報がなかったためコンビニで調達。お笑いDVDを見ながら一般道を南下、ナビを見ないで行くつもりだったが、不安になって最後に頼ることに・・・。帰り道はわかりやすい道を教えてもらい、ややこしい道を走っていたことを知るorz
駐車場はややこしくなりそうと思っていたけれど、ボランティアスタッフが誘導してくれて(gj!)スムーズに駐車場に入れました。ただし、駐車場からスタジアムに行くのに反対方向に向かうという失態wスタジアムに着いたのは12時15分くらいだったかな?えっ飲食ブースあるじゃない。スタジアムで食べたかったのにorzクラブ、これはアカンで。
物販コーナーでオフィシャルハンドブックを購入。昨年500円だったのが今年は1000円になっていましたが、どーんと購入。売子はなんとタッキー、ナル、清原ではなかとですか!清原がサインはしてありますから、と言っていたので今確認したら3人のサインが入っていた―!これはgjですぞ。中身も良くて1000円も納得!近く紹介します。入場ゲートにはウォンビンがいました。ホジュンもいたの?
今年もS席年間パスなので真ん中あたりに行くといつも一緒に観戦しているサポ仲間がすでにいたので隣に座る。
この日は加賀市民なら無料で入場できたのでメインが混んでいたのかなと思ったら、無料招待者は芝生席とのこと。この日は快晴で暖かったので芝生も気持ちよさそうです。
試合開始直後とハーフタイムの芝生席です。

Photo



Photo_2


こちらのスタジアム、バックの空に観音像と白山が見えます。そう考えると特徴のあるスタジアムです。
Photo_3



Photo_4


選手入場の際、高校生らしき女子がロープを持っていたので、Pさんは大聖寺高校女子サッカー部員に違いない!というとサポ仲間はサッカー部員にしては髪が長いのではないかと反論、いや、長くとも髪は結べると喧々諤々としたJK論議。あとでPさんの主張が正しいことがわかりますた。我ながらさすがだなと思いますた(何が?)。JK論議やマフラー(今季最後の出番)を掲げていたらバック芝生席の「必勝ビックフラッグ」を広げる様子を録画できませんでしたorz
加賀市開催ということで西部や市民とちょっと反応が違っていたように思えました。ゴール裏の声かけでの「ツエーゲン金沢パンパンパパン」の拍手の音量が明らかに小さいですし、得点に結びつかなくても良いプレーに対しての拍手も小さめでしたし、ゴール後の喜びも大人しかった感じがしました。
もっとも同点に追いつかれて、その後も猛攻にさらされた時のお通夜のような空気は同じでした。A席と離れていせいかネガティブな野次が聞こえなかったのは良かったです。
追いつかれてからの勝越し弾で勝利したとあってゴール裏の人数は試合前に比べるとずいぶん大きくなっていました。

Photo_5



Photo_6


帰りは警備員の誘導でスムーズに出ることができました。ツエーゲン契約の警備員による帰りの誘導って今までありましたっけ。帰ってから一人祝勝会じゃ!と思っていたら、午前中の泥上げに参加したことでごちそうが届いていたので余は満足じゃ。完全に食べ過ぎてまだ残っているみたい・・・

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

開幕2試合を観て思ったこと

ど~も、一人祝賀会の影響が夜になっても抜けきらないParkerさんです。

さていろいろ辛くて書いていなかった開幕戦アウェー佐川印刷戦のごく簡単なレポートを最初に書きたいと思います。
試合展開はほぼYSCC戦と同じ。
違ったのは、バックパスのミスで先取点を取られたこと。
後半途中までツエーゲンが優勢に試合を進めていましたが、YSCCの緩いプレスに対して印刷はタイトな守備でツエーゲンは決定的なシーンを作らせてもらえませんでした。印刷は強かったと思いました。
後半脚が止まって振り回されて2失点したのは全く同じ。しかも2試合ともセットプレーとミドルからの失点。
一人で相手に危険なプレーを仕掛けるのは雄大。そうした意味では(今年も)雄大がエースと言ってもいいかも。
って10日にも書いていたような気がするけど読み返さないでおこう。

開幕戦と昨日の2試合を通じての感想です。
第一は、後半になって脚が止まる事とその対策ですが、昨日も書いたので(ry。
ひとつ思ったのが、中盤の選手を代えるというオプション。中盤の底をできる選手は、オッチーとダイチョウ以外に誰が?というと名前が出ません(まぁ知らないだけなんですが)。この2人にしても潰し役というより攻撃的な選手だという印象です。昨日途中出場したジフンはそうした意味では貴重な選手になるかもしれません。次節アウェーHonda戦の遠征メンバーに選ばれる可能性は高いと思います。真吾ちゃんが怪我をしなければなぁ・・・
攻撃に関しては、本当に印象だけなんですが、ツエーゲンからはオートマチズムを感じないんですよね。一方の印刷、YSCCの攻撃には、オートマチズムを感じました。まぁツエーゲンの脚が止まった影響かもしれませんが。オーバーラップという約束はありますが、まだ個人の閃きに頼る部分が多いような気がします。いろんな約束事ができれば、もっと攻撃的サッカーができるんじゃないかと思います。
コーナーキックはKAZU(佐藤)でいいんじゃないかな?ボールの軌道が美しい。
教授の運動量が目立たなくなってきた。運動量が落ちたということではなくて、中盤からサイドに移って横の動きをする必要がなくなったということかな。その分上下運動が多くなってきそう。

| | コメント (2)

2013年3月17日 (日)

風車の理論でホーム開幕戦YSCCに勝利

手首はなかなかひっくり返せません。
ど~も帰宅してすぐに一人祝勝会をしながら、この文章を書いています。
ということでごく簡単な観戦記です。

前節の試合と見ていると今年のツエーゲンの良いところと悪いところが出た試合でした。
前半はツエーゲンペース。昨年と違ってノッキングすることなくボールを早く前に運ぶことができます。少ないタッチ、狭いところを通すパス、オーバーラップするディフェンダーと見ていて楽しい。
昨年より個人能力は間違いなく上がっています。
特に一人名前を挙げるなら、MOMになった佐藤のパスセンスが素晴らしかった。そこを狙うか!というパスが多かったと思います。これまでもそこを狙うか!やっぱり通らないorzということが多かったですからw
もっとも、前節と違って佐川印刷のプレスよりもYSCCが甘かったです。そうした意味ではYSCCの出来の悪さに助けられました。

悪かったところは後半になって足が止まる事。今日も印刷戦も試合中のツイッターで足が止まっているとツイートした数分後に失点しています。すぐにスタミナをつくということはないでしょうから、早めの選手交代、442などのオプションを使っては思いますが、次節は同じパターンを繰り返さないでください。

前半はツエーゲンペースでポゼッションはツエーゲンが上回るもなかなか良いボールがゴール前に運べない。雄大が惜しいシュートも撃つもシュートチャンスは少ない。前半28分ごろか、中央から大きく右に展開し、深いところからのクロスを山城が頭で合わせて先制。クロスを上げたのはコミー?
後半始まってもツエーゲンペース。ゴール正面のこぼれ球を佐藤が豪快に蹴り込む。キーパーは一歩も動けす。それ以外にもマッキーがGKと1対1になるなどもっと点をとれそうなふいんき(今年も変換できない)だったが、ツエーゲンの脚が止まりだし、中盤とディフェンスラインの間が広くなり、YSCCも昨年のような組織的かつ前に速いサッカーになる。
ベンチは動かないなぁと思っていたらミドルをぶち込まれ(阿部は一歩も動けず、見えないところから撃たれたのか?)、セットプレーで合わせられ同点に追いつかれる。その後もYSCCの猛攻にアップアップ。シュートがわずかに外れていて助かる。
選手交代は同点になってから、山城→ジフン、教授→ダテ氏。そのダテ氏が投入早々にゴールを決め3-2と突き放す。Pさんはダテ氏投入とツイートして目を上げた瞬間にダテ氏がゴールを決めていますたorz
その後は危ない場面を作られることなくなんとか逃げ切ってホーム開幕戦を勝利で飾ることができました。圧倒的ツエーゲンペースから、脚が止まってYSCCの良いところを見せハラハラさせて、最後には勝つ!これぞ「風車の理論です」よ!奥さん!!

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

【当たらぬも八卦】ホーム開幕戦先発予想【当たらぬも八卦】

「Jリーグディビジョン3(J3)への 参加に向けた各種資格要件について」が興味深くて大興奮したParkerさんです。

さてさて、先日の開幕戦のメンバーを予想したところ8人当っていました!

予想

   ウォンビン

 ダテ氏     康太

 教授      山城

   
    佐藤 越智

コミー  吉川   阿渡

     阿部

実際はこうだったかな?自信なし。

    康太 

 マーティン  教授

 雄大     山城

  ダイチョウ オッチー

 阿渡 吉川 コミー

    阿部

ダイチョウとオッチーは逆か縦かは覚えていません。佐藤先発を予想していましたが、背番号の小さいダイチョウはそれだけ期待されて

いるということでしょうか。
個人的にはダテ氏の先発漏れどころかベンチ入りさえなかったことが一番の驚き。
一方で初のベンチスタートのレッドクリフは当てることができました。吉川にはロングフィード期待、コミーにはオーバーラッ

プ期待、阿渡には高い技術での攻撃参加期待かなと。先日戦の試合でコミーが負傷してレッドクリフが交代出場しましたが、ホ

ーム開幕戦はどちらが出場するでしょうか?レッドクリフにはコーナー、フリーキックからの高い打点のヘッドでの得点を期待

します!
それ以外に選手を替えるとしたら、教授を2列下げてウォンビンを入れるかのかな?GKも大橋になる可能性が高そう。
先日の試合レポートを書かなきゃ(と言っても極々簡単なものですけど)と思っていますが、YSCC戦に勝ったら書きますね。
今から手首の強化運動に努めていますからね。

| | コメント (1)

2013年3月13日 (水)

太陽が丘で一度も太陽を見なかった

先日の太陽が丘での佐川印刷戦は高速バスで行きました 。ツエーゲンの試合でバスを利用するのはずいぶん久しぶりで一昨年の広島での天皇杯以来、といってもそれはサポバスでの移動で、高速バスの利用は市原での全社以来 。そのバスには偶然お仕事で移動していた20歳代の独身美人(注・女性です))が乗っていて、東京駅から市原臨海まで2人で移動するという甘い思い出があります。その女性を前に朝7時の千葉駅で生ビールを飲んだのは大失敗・・・orz

今回高速バスを利用したのは夢よ再びということではなくて、地域時代含めてリーグ戦で公共交通機関を利用したことがなかったよな、もし利用するとしたら太陽が丘が一番便利と思った、ということではなくいつも一緒に行くサポ仲間に同乗を頼んだらいっぱいなので無理と断られ、ツイッターでも乗せてー呼びかけたんですが日頃の言動がアレなので無視されました。まぁPさんもこんな人に呼びかけられたも無視するので納得。その時点で行くことを諦める手もあったんですが、近いアウェーに行きたいうことで公共交通機関で行こうということになったのです。

サンダーバードで行くてもありましたが、より安くということでバスを調べると金沢駅朝7時出発便が11時20分に京都駅到着となっています。太陽が丘のある宇治市への電車を調べると13:00キックオフに間に合いそうということで、サンダーバードを使わなくてもよさそうなのでバスを予約。

車でいくなら荷物は多めでも構いませんが今回は出来るだけ荷物は減らしたいし携帯の電池に気を使わなければならないなどいろいろ考えます。携帯の充電器を息子から借りたり、以前使っていた携帯を音楽プレーヤーに使おう、タブレットも持って行こう、帰りにレポートを書くのにBluetoothキーボード購入し、その入れるものを探したりと面倒くさいけれど楽しい作業の数々。もう一つ大事なのが持っていく本。持ち運びに便利なように文庫にするけど何がいいかなと悩みます。当初読む予定だった本を前日に読み終えてしまい、伊藤計劃の「メタルギア ソリッド ガンズ オブ パトリオット」に決める。

ところが天気予報がだんだん怪しくなり、どうやら試合の時間は雨になりそうということで、タブレットアウト、カッパインorz(計算違い1)

当日は予想通り眠れなくて早起き。こういうことがあって長時間運転すると眠くなるので怖くて一人で遠出ができないのです。
バスは定時に金沢駅を出発。トイレが近いためバスの中では酒はまだ飲めません。本を読んで眠くなったら、音楽聞いてウトウトするを繰り返すのはいいが、本が面白くない(計算違い2)。この本を読み終えることはないでしょう。

合間にツイッターを見ていると某フォロワー氏も同じバスで太陽が丘に向かっている様子。途中のSAで合って京都駅以降も一緒に行くことになりました(注・独身美人ではありません)(注注・女性ですらありません)。

京都駅には11時20分到着予定、この時間に着けば11時34分の電車に乗れて宇治駅から太陽が丘行のバスに乗れるはずでしたが、高速を降りると工事中の箇所があり京都駅に着いたのは11時45分orz(計算違いその3)。12時4分の電車に乗るため昼食をハートインで調達するしかありませんでした。Pさんだけはついでにお酒も購入。

天気は荒れてきて雨も降ったり止んだりで、傘を買うしかなさそうな状況で、しゃーなく500円の傘も購入orz(計算違いその4)

電車の中で昼食を摂り(ついでにPさんだけお酒も)宇治駅到着。バスは諦めタクシー移動。スタジアムの横までつけてもらって810円でしたから(割り勘でした)後悔はしていないです。

チケットを買って席に着くまでは傘を広げることはありませんでしたが、キックオフから豪雨となり、こりゃ座って観戦は無理ということでスタンド後方で傘を広げて立ち見しようとしたらテントが設営されていたのでその中で観戦。おかげで傘は使わずにすみました。太陽が丘でのツエーゲンの試合を全て見ましたが、豪雨>少雨>豪雨とすべて雨。雨男誰だよ!

試合直前、キックオフパーティの時にDVDを差し上げた方からお礼を言われましたが、よくお話できなくて申し訳なかったです。この場でお詫びいたします。

試合の方はアレでした(この日一番の計算違い

試合終了後は傘をさすまでもない小雨。帰りはサンダーバードで帰る予定で、最初同乗を頼んだサポに宇治駅までおくってもらうよう頼んだらOKもらって、ついでに金沢まで送ってと頼んだらそちらもOKをもらって同行のフォロワー氏と一緒に送ってもらいますた。ありがとうございました。

帰りの車内は当然大反省会で、SAに寄って土産を買う元気も出ず、ノンストップで石川へ。Pさんの家族への土産は京都駅で買って一度も広げなかった傘ですた(計算違いその5)。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

夢じゃ、夢じゃ、夢でござる

きんちゃん(萬屋錦之介)の「柳生一族の陰謀」での名台詞をつべで探したけれど見つからなかった・・・
昨年12月から見続けた夢が醒めました。ハッキリと・・・

もうね、ここ一週間の記事を全部削除したい気持ちですよ。それぐらい今日の開幕戦はダメダメで「明るい未来が見えません」ですよ・・・。

開始4分に新人阿渡のバックパスが、試合直前から降ってきた強い雨で水の吸ったピッチでストップして、印刷の選手にかっさわれて失点。いきなりアドバンテージをとられました。
その後、前半はポゼッションで優位に立ち、昨年よりはプレーが早くなっていました。しかし、見ている方がハッとするシーンは雄大のミドルシュートのみだったかな。
後半になると、足が止まり、印刷にスペースを与えてやられ放題。コーナーから追加点を奪われ、ダメ押しにフリーのミドルで3失点目。3失点目はキーパー阿部のミスでしたね。後半のチャンスはやはり雄大のミドルとアドなんとかタイムからこの試合唯一崩してのシュートシーンぐらいだったでしょうか。
酔っ払って見ていたせいかもしれませんが、どの選手が悪いといえるレベルでなくて、チーム全体のパフォーマンスが悪かったですね。

NHKの取材があったようですが、Parkerさんがディレクターならデータを消していますわorz

最後に過度に期待を煽った拙ブログの謝罪文を掲載させていただきます。

拝啓 

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

この度は読者の皆様へお届けした文章で過大な期待を持たせたこと、大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
昨年に引き続き、今年はヤれる(キリッと言ったことを重ねて謹んでお詫び申し上げます。

今季は二度とこうしたことは申し上げませんので、宜しくお願いいたします。
読者の皆さまへの対応については、過度の期待を持っていただかないよういたしますが、
今回の敗戦を受け、 さらに謙虚に書く必要性を痛感しております。

今後このようなことのありませんよう、嘘・まぎらわしい文章を書かないよう誠心誠意努力をしてまいります。

また今後とも拙ブログをご訪問いただけますよう平に伏してお願い申し上げます。

                                                         

                                      敬具

| | コメント (0)

ぼくがよそうしたせんぱつめんばー 

 

   ウォンビン

 ダテ氏     康太

 教授      山城

   
    佐藤 越智

コミー  吉川   阿渡

     阿部

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

諸君 私はJFLが好きだ

諸君 私はJFLが好きだ
諸君 私はJFLが好きだ
諸君 私はJFLが大好きだ

PSMが好きだ 春の開幕戦が好きだ リーグ戦が好きだ  天皇杯はもちろん、都府県予選が好きだ 下剋上が好きだ
梅雨に凍える試合が好きだ サポーターが好きだ チャントが好きだ ダービーマッチが好きだ ネタ合戦が好きだ

真夏のナイターが好きだ 子供たちが好きだ 家族連れが好きだ スタ飯は至福だ ビールは命の水だ
秋の試合が好きだ 優勝争いが好きだ 残留争いも好きだ 昇格争いが好きだ 昇格プレーオフは禁断の蜜の味だ
そして 初冬の最終戦が好きだ 勝利は絶対だ 引き分けは次善だ だが 敗北もまた愛おしい

ユアスタで 秋田で 信夫ヶ丘で 笠松で 栃木で 味フィ西で ニッパツで 南長野で
石川西部で 都田で 藤枝で 東近江で 太陽が丘で 香川で 大分で 生目の杜で 沖縄で

この日本中 ありとあらゆる場所で繰り広げられる JFLが好きだ

マニアックなファン チーム愛にあふれたサポーターのあてにならない 開幕前の順位予想大会が好きだ
下位に挙げられたチームのサポーターが そうかなぁとと納得した時など 心が躍る

サッカーを観に行くと行った時JFL?ナニソレと言われるのが好きだ
Jリーグじゃないのにと言われると快感を覚える

数少ないナイトマッチに妙にテンションが上がるのが好きだ
真夏のディマッチにすら好きになってしまう

アウェーで数少ないボランティアスタッフに歓迎されるのが好きだ
友好的な相手サポーターも歓迎してくれるのが好きだ

企業チームの社員が集団でお揃いの応援グッズで応援するのが好きだ
お客さんが少なくて数少ない応援の声がはっきり聞こえるときには歓びを覚える

選手との距離が近いのが好きだ
出待ちしていれば元代表にも直接声をかけることができるなんてたまらない

新聞で少し大きめの活字になる時 サッカー専門誌にたまに取り上げられるに歓びを覚える
そんなときオフィシャルが嬉々として報告する時など 微笑ましい思いになる

長年の地域でのプレーから全国に這い上がってくる選手はたまらない
Jで出場実績のないままから地域に移籍しJFLを経てついに初のJのピッチに旅たつことには感動する

強くても企業チームである故に昇格できないのが好きだ
Jを目指しながらもJ参入資格がないためモチベーションの差がでてくるのも最高だ
 
プロ契約選手を多く抱えるチームとそうでないチームの格差がたまらない
それでも多くのプロ選手がいるチームが敗れるときは絶頂を覚える

地域と違って1年間サッカーを見続けられるのが好きだ
地域に降格して1年間見られないかと恐怖におののくのが好きだ

降格したチームにエールを送るのが好きだ
突如として消滅するチームに何と声をかければわからなくなる

準プロチーム 市民クラブ 企業チーム が同一リーグで戦うから好きだ
現JFLとして最後のシーズンになるのが愛おしい


諸君 私はJFLを 最高に面白いJリーグの試合を望んでいる
諸君 私と共に戦う JFL18チーム および全てのJFL・J3を目指すチームのサポーター諸君 君達は一体何を望んでいる?

真夜中のTV越しに ただレベルが高いだけの海外サッカーを望むか? 
絶対に負けられないと千篇一律に煽られる 何の意味もないフラッシュ瞬く日本代表戦を望むか?

諸君らが暮らす街々の 自然・気候・風景・経済・文化・生活等 つまり『街』そのものを代表して戦い続ける
足を伸ばせばすぐ興奮の坩堝に飛び込める そんな我が日本国のJFLを望むか?

JFL! JFL! JFL!
我々は昨シーズンの熱狂を振り返りながら 興奮と熱狂の只中へ踊り出さんとする一サポーターだ
だが2ヶ月もの間 チームの状況も分からぬまま 耐え続けてきた我々にはただの試合では最早足りない!!

壮絶な声援を!!
一心不乱の大声援を!!

我々はたかだかネット界の住人 万人に足らぬ砂粒の群れでしかない
だが我々は 誰よりも強いチーム愛を持った熱烈なサポーターだと 私は信仰している
ならば我々は スタジアムを揺るがす大声援で 選手の背中を支える大集団となろう

我々を忘却の彼方へと追いやり 野球のキャンプ情報ばかり放送しているマスコミ連中を叩き起こそう
生の熱狂に触れもせず 低レベルの一言で片付けようとするJリーグ主義者を叩きのめそう
連中に本当のスポーツの魅力を思い知らせてやる
連中にサッカーを通じて 世界の広さを思い知らせてやる

天と地との狭間には 週に一度の試合だけで幸せに過ごせる娯楽がある事を思い知らせてやる
スタジアムに結集する数十万人のサポーター戦闘団で 日本中を燃やし尽くしてやる

JFL事務局よりJFL18チームサポーター および全てのサッカーを愛する者達へ
目標 JFL開幕戦会場 全国9スタジアム!!

2013年 第15回JFL 13:00一斉にキックオフ
諸君の街のスタジアムで焼き付けろ 次のヒーロー(NEXT HERO)が生まれるその瞬間を

諸君 世界で一番 幸せなスタジアムを作るぞ

相変わらず質の低いパクリですいません

| | コメント (0)

開幕戦遠征メンバーを予想してみた(テキトー)

うぉー!いよいよ開幕じゃー!興奮してきたー!
京都に行くぞー!
キックオフに間に合うか、無事帰られるか、考えたら不安になって醒めてきますた。

と、春になって一層情緒不安になってきたParkerさん。明日のこの時間は祝い酒になっているのか悲しい酒になっているのでしょうか!?(どっちにしろ飲んでいる)

さてさて、今日はズバリ!明日のメンバーを大胆予想します!
なぜ大胆かと言うと、練習は始動3日目とMIOとのTMを見ているだけでの予想だからです!実際に近日練習を見ていたら予想はしていません(キリッ!

先発11人にベンチ5人を予想します

GK 阿部、大橋
DF 吉川 諸江 コミー 阿渡
MF 越智 山城 教授 雄大 佐藤 清原 ダテ氏
FW 康太 マーティン ウォンビン

ホントテキトーですけど・・・
移籍組の選手は全員入れておきました。理由はこれまで何度も書いていた通りです。新人は3人を予想。

システムは昨年最終節の3-4-3に当てはめてみようかと思ったけれど、万が一当たったら気まずいのでw明日の12時に公開します。

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

昇格以来の最高順位はイケそうとの予感

うーんと、昨日はどんなことを書いたっけ・・・
酔っ払いながら書いていたし・・・
(読み返しています)
今回は今年の見通しについて書いてみます。

前回、前々回にも書いたとおり個人能力は上がっていますから、残留争いに足を突っ込んだ昨季に比べれば間違いなく順位は上がるでしょう!というか上げてください。
中位争いからも抜け出せるでしょう。JFL昇格以来最高の順位はイケるはず!

選手・監督は優勝を狙っているので当然ですよね(キリッ

ただ、優勝を本気で狙えるかというとそこまで言い切れる自信はありません。

Parkerさんはツエーゲンを応援しているし、優勝してもらいたいと思っていますが、今回はできるだけ客観的に書いてみます。

補強に関しては前回も書いたとおり弱点を埋める意味では言うことありませんが、絶対的選手というかキャリア的に精神的主柱になれるような選手の獲得はありませんでした。若い選手が多いことは素晴らしいですが、一旦調子を落とした時に立ちなおせる選手は誰になるでしょうか。年齢的にマーティン、地域を勝ち上がった経験のある諸江、キャプテンの越智、ムードメイカーのコータあたりに期待しましょう。

ポジション的には中盤の底は越智が中心となるとして誰と組むのかな?教授、佐藤、大町、山城が候補になるのかな?先日入団が発表されたソ・ホジュンはこのポジションなの?と中盤の底がやや不安です。まぁ日曜になればわかるんですけどねw

DFはスピード系の選手にどれだけ対応できるのかとか、GKが一人故障した時はすぐにレンタルできるのかとか、問題もあります。あかん、不安になってきた・・・

森下監督の手腕に期待するしかないですね!

順位は5位以上を予想します。優勝したいなぁ・・・。
したいなぁじゃなくて、自らとるものですね!失礼しました!

| | コメント (0)

今季の補強

えーと、昨日はどんなことを書いたっけ・・・
(読み返しています)
「今季の補強や見通しなどを開幕までをド素人ながらgdgd語ってみたいと思います。」って、そんなこと書いていたんだ・・・
しゃーないなぁということで騙ります。

納得のポイント① 弱点のカバー
昨シーズンを見てここは補強すべきだろうというところはJ、JFLからの補強で賄えたと思います。
GKは層が薄い、ハイボールにもの足りないというところは阿部ちゃん獲得でかなり解消できたと思います。もっとも1人が怪我等で離脱したときにはGK2人体制だと不安はあります。もし、そんな事態が起きた時にはレンタルで凌ぐではと思います。
ディフェンスラインの競争激化。守備は一定の安心感があったものの最終ラインからのフィードには大いに不満があった昨シーズンでしたが、カターレからレンタルで加入した吉川の最終ラインのフィードに期待が持てるようになりました。明治大からの新人阿渡の加入はスピード系フォワード(琉球・高橋、鬼島兄弟など)対策になるのではないかと期待しています。
判断力の遅さ、ボールの散らし、運動量など昨年一番不満を感じたのは中盤の底でした。愛媛から獲得した越智はそれらを解消できるのではと期待しています。そして越智が中盤の底になることで教授がひとつ前のポジションでプレーできるのではないかという期待もあります。教授には攻撃的ポジションでプレーして欲しかったですけどもチーム事情がそれを許さなかったですからね。
山道というダイナモも放出しましたが、その穴を埋める以上の運動量と攻撃センスを山城には期待します。
点を獲るということでは昨年17ゴールを記録した菅原康太と清原の加入でお腹いっぱいw裏に抜けるプレーが得意なマーティンはワントップからひとつ後ろに下がることでより持味が発揮できるのではないかと言う期待もあります。
と、J・JFLからの加入組には昨季の弱点の補強と波及効果が期待できます。一昨年は複数名の自主退団があってチームつくりが基本からできなかったという印象がありましたが、今季は自主退団選手が一名もいなかったようですし、スタート時点から違いますよね。
残留争いに巻き込まれた昨季は別として、JFL昇格以来「一番速いチーム」になるのではないかという期待があります。

納得のポイント② 早い時期からの補強
これは①と重なるかな。補強はJ1>J2>JFL>地域と上のカテゴリーから決まる傾向が強いですが、越智、阿部とJからも早い時期に完全移籍が決まりました。これはクラブが弱点をわかっていて、その上で獲得選手を絞り、好条件を提示できた結果だと思います(あくまで想像です)。強化担当とクラブ首脳の意志が一致していたからできたことでしょう。そういう点でクラブの力がついてきたという点でも心強いものです

納得のポイント③ 有望新人選手の獲得
学生サッカーに知識のないParkerさんは新人選手入団を知ってググったんですが、阿渡、アスキーなどがヒットしました。これは期待できる(キリッというものでした。MIOとのTMを見た時も個人能力の高さにビックリした選手もいました。レギュラー争いに絡みそうな選手は3・4人かな。今季レギュラーにはなれなくとも2・3年後が楽しみです。なにがなんでも今年昇格するために、移籍で名前の通った選手・実績のある選手を獲得するだけでないことに好感が持てます。

ということで、今季の補強は辛口&自称一番優しいサポのParkerさんさえも納得です。今季はヤれそうと思っています!(たしか昨季もそう言(ry

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

4年目のJFL

ど~も、この時期の韓国人選手2人の入団に驚いているParkerです。韓国経済状況悪化が影響しているのかななどと邪推が・・・ソ・ホジュン選手、チェ・ジフン選手一緒に戦おうぜ!

さてさて、いよいよ3月10日にJFL2013シーズンが開幕します。ツエーゲンにとって4年目のJFLシーズンです。
Parkerさんにとって4年目というのはちょっと特別な思いがあります。

ツエーゲンが発足したのは2006年。もちろんその時は北信越リーグでJFLを目指していました。2006年、2007年、2008年と昇格を逃し続けて4年目の2009年についに昇格を果たしました。
その年の報告会でParkerさんはラジオ局のインタビューを受けて「(当時の)上野監督は1年でJを目指すと言っていたけれどそんなには甘くはないと思う。4年・5年をかけてJリーグに上がるつもりでいます」と応えた記憶があります。酔っぱらっていたので記憶が定かじゃないんですけど。
4年という月日は赤いTシャツがピンク色にまで脱色するぐらいの長さです(ちなみにJFLに昇格してから購入したTシャツは、ツマに干すときは裏返してくれと頼んでいるので地域時代に比べてそこまで脱色していません)。
ということもあって、何となく、何となくですけど、今年はやってくれそうという予感がしてなりません。2009シーズン、初めて練習見学に行った時にコミー、レッドクリフ、山道、ビジュを見て今年こそは昇格する、という同じ思いがMIOとの練習試合を見た時にもしました(まぁ2008年にもそう感じていた記憶がなきにしもあらずですが・・・)。

個人能力が高く、JFL昇格以来最強チームでしょう。断言するのは開幕戦を見てからも遅くはありませんよね(^^;。
そして最強であるだけでなく面白いサッカーをしてくれそうです。

今季の補強や見通しなどを開幕までをド素人ながらgdgd語ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

総統閣下は開幕PVにお怒りのようです

テンション上げなきゃこの時期に本当テンションガタ落ちですよorz

開幕PV三部作






| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

キックオフパーティレポート2

会場は初めての金沢エクセル東急ホテルさま。今年のスポンサー様です。
こちらの会場はこれまでANAクラウンプラザホテル金沢さまと違って入口が2か所。
オープニングビデオが流され選手入場する際、出席者の入場口からと思っていたら、会場中央部の入口からの入場でした。某選手が入場の際両手を大きく上げて入場しましましたが、そこは政治家先生たちが集まっている場所だよ・・・ということで少々スベリ気味ですた。

監督の挨拶は昨年に比べると安心して聞いていられました(^^;場馴れしたのか、手ごたえがあるのか・・・。後者あることを祈っています。指揮をとる前からホームで勝てないことを言われていたが本当だった。今シーズンはホーム全試合で勝点をとる(キリッ、そうすれば自ずと結果がついてくる(キリッと言っていました。
ホームの成績についてはご来賓からもずいぶんプレッシャーをかけられていました・・・。

パーティの際の選手の立ち位置を決められていたようで、Parkerさんの近い位置にトミー(富田選手)がいたのでサインをもらう。もしかして最初のサインだった?
新ユニフォームのモデルはレッドマイスター越智とダイチョウ(大町)くんだったのか?皆さんご想像どおり酔っぱらっていたのと、選手からサインをねだっていたので、保証の限りではありません・・・

抽選会のMCはコータ(菅原康太選手)、マーティンに加え新人マッキー(牧野選手)。コータ、マーティンの選手とは思えないハイテンションに引っ張られるようにマッキーもハイテンションw面白いからノー問題。2011,2012シーズン宴会部長だった布施選手の後継者は誰になるんだ?

パーティが終わってMCがスタジアムDJ氏だったことを知って、酔った勢いでお話をさせてもらいました。西部、市民の音響のグチを言い合った後、今後もMCお願いしますとご挨拶。

パーティ中にサインをもらえなかった選手からは、お見送りの際にいただいて、菅原渉選手以外からは全員ゲット!できますた。

米沢社長のスピーチの文字起こしが恒例になっていますが今回は割愛。ちゃんと録音したんですが、Parkerさんの中の自主規制委員会が文字起こし中止の命令を出しました・・・。

| | コメント (0)

開幕PV第3弾「ミッション・インポッシブル 2013」

うーむ、動画の埋め込みができない・・・

開幕PV第3弾「ツエーゲン金沢 ミッション・インポッシブル 2013」です。

http://youtu.be/-6jKfhQIyZ8

1分もないので我慢して見てください!
開幕PV三部作はこれにて終了です

そーだ、「ビースティボーイズがツエーゲンの新戦力を紹介してくれました 」がまだ200再生されていないので引き続き貼っておきます!
5分以上ありますけど我慢するか、音を消して目を閉じて再生してはいかがでしょうか?

http://youtu.be/auQsN9jksmI

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

キックオフパーティレポート

皆さんヒドイです。
拙ブログの訪問人数は100人以上なのに、前回うpした「ビースティボーイズがツエーゲンの新戦力を紹介してくれました」の再生回数はまだ70回イッテいません。Parkerさん、マジ落ち込んでいますorz
ということで100再生されるまで動画を貼りつづけます。まてよ再生数の2/3はParkerさん自身が再生しているから200再生されるまで貼り続けます。
見たくなかったら、早く見てください!

 http://youtu.be/auQsN9jksmI?t=44s

 と、軽ーい強迫が終わって本題、2月28日のキックオフパーティにイッテきたのでそのレポートです。

 月末ということで当日も翌日も有給がとりにくく、しゃーないので当日会社を定時にダッシュで抜け出して、会場の金沢エクセル東急ホテル前を自動車で通過していったん帰宅。その後出直したんですが、開始時間の7時に間に合いました。だってね、飲まなきゃやってられませんからね!(多分間違い)

 選手のサインは例年報告会で傘とかゲーフラに寄せ書きしてもらっていましたが、今年はとあるものを用意して行きました。誰もこんなものを用意していないだろうし、選手に見せたらウケるかヒかれるかと自負していましたが、数人の選手・スタッフにウけたのでそれだけで満足wこの日は真吾ちゃんとタッキーが欠席していて当然サインはもらえませんでしたが、もう1人前日入団が発表された菅原渉選手にあいさつはさせてもらいましたが、ネタがなかったためサインをもらわず、後日してもらえるようお願いしておきました。

 サインをもらう時にいろいろお話させてもらったのでその一部を紹介します。もっとも、皆さんご想像のとおり、Parkerさんは
酔っ払っていたのでテキトーにですけど。

 ダテ氏
今年の目標のあの迷演技はわざと?と聞くと、カンペが曲がっていたのでああいう風になったとのことでした。

 吉川選手
後方からのフィードに期待しています、と言うと、自分もそれにこころがけるようにしたい、と言っていました。

 教授
今年の目標は康太くん(菅原康太選手)より点をとる、だけどと聞くと、点取りたいですよ、と言っていました。

 ウォンビン
Parkerさん「トゥエンティ・ゴール!」ウォンビン「トゥエンティ・ゴール!!」

 トミー
中盤だけど前の方なの後の方なの?前です!
北陸大のチームメイトで元ツエーゲンの大竹君のことも教えてくれました。

 雄大
ホームで負けると家に帰ると落ち込むんですよ

 阿部ちゃん
無失点で行きます

 他にもチームが若くなったという声もききました。
逆に一番聞かれたのは、サインしてもらった用意したものでしたw

 他にもいろいろ聞きましたが、会場では酔っぱらっていましたし、書いている今も酔っぱらっているので、これぐらいにしておきます。

続きます。

| | コメント (2)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »