« 今季初の練習試合 | トップページ | お腹が痛いんだが »

2013年2月 2日 (土)

オフ企画 ツエーゲン金沢懐かし話

テスト合格で一安心、でも風邪ひいたみたくて、相変わらず調子が悪いParkerです。
中国からの有毒ガスの影響かも・・・

とまぁ相変わらず更新怠けているのもアレなんで、オフなんで過去を振り返るのもいいのかなって。
初回となる今回はドリブラーの想い出を。

初代ドリブルキングは吉田智久(2006-2008 現・奈良クラブ)で異論はないでしょう。抜群のスピードでサイドを切り裂いていました。Wikiを見ると2006シーズンはサイドアタッカーながら6得点を記録しています。

フォワードでは”アレス”永井健太(2008)のドリブルが忘れられません。吉田トモのドリブルと違って馬力のある迫力のあるドリブルが持味でした。北信越リーグでの1得点、天皇杯カターレ(当時JFL)戦のふたつの迫力満点のドリブルシュートは
こちらのナンバーNo.43,44でどうぞ。

海野政光(2008-2009)もサイドアタッカー。直線のスピードだけなら吉田トモに負けなかったかもしれませんが、柔らかさがちょっと欠けていたように思えます。

ツエーゲンの公式試合には出場していませんが、初代シンゴちゃんこと原伸吾(2009)がミニ国体、石川選抜での披露した独特のドリブル姿勢が印象に残っています。原と全く逆で背中に棒が入っていたかと思うぐらいのドリブルをしていたのはブラジル人クリゾン(2009)でした。

JFL昇格後はスーパーエクスプレス「俺の」菅野哲也(2010-2011 現・SC相模原)の印象が強烈です。2011年天皇杯でサンフレチッェ広島戦では広島サポの方から代表に呼べと言われたとかwドリブルが上手いのは誰もが認めるところですが、それ以外のプレーと合わせて有効に使いきっていない印象がありました。ただし、昨年の地域決勝ではそのドリブルから得点を生みだしており、今季の対戦が楽しみです。

あの選手が出ていないゴラァという方はコメントに書いてくださいね。

|

« 今季初の練習試合 | トップページ | お腹が痛いんだが »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今季初の練習試合 | トップページ | お腹が痛いんだが »