« バレーボール初観戦でいろいろ思ったことなど | トップページ | 契約満了選手発表 »

2012年11月19日 (月)

シーズン最終戦は内容も結果もあった ホーム武蔵野戦観戦記

ど~も、最終節の前日会社の飲み会でツエーゲンシャツ着て芸をやったら一瞬にして会場を凍らせたParkerですorzしかも今日、何人からも薄ら笑いでツエーゲンと言われますた。何言ったんだろう?覚えていない(いつものパターン)・・・orz

とまぁ最終節前日にはもうひとつ大きな悲しみ(こちらについてはまた書きます)、当日も動画をディスられ、試合前は非常にテンションが低かったのですが、試合内容と結果ですっかり気を取り直したので現金なものです。

内容は良かったものの引分けだった讃岐戦からは、出場停止明けのアベシュー復帰、途中出場だった鳴海、ゴールド純貴が先発。この日もクソフラット5-4-1ではなく、3-4-3か3-6-1だったのかな?
Pさんクソフラット5-4-1の悪口書いていましたが、ド素人なんでシステムのことはよくわかっていませんし、試合中状況が変わりますからシステムに拘ることはありません。
ただこの日の試合・システムを見ると1トップはゴールド純貴ぐらい身体を張れなきゃ辛いよなと思いました。前線でボールへのチェイスはともかく、空中戦はほぼ勝利したことは今シーズン見た記憶がありません。まぁ忘れっぽいだけなんですが。肝心の得点力も前半25分の華麗すぎるボレーによる先制点で見せてくれました。左サイドのダテ氏の後方からのクロスをダイレクトボレーでゴールにたたき込みました。今シーズンホーム全試合観戦しましたが、今シーズンナンバー1のビューティフルゴールでした(注・いろいろ忘れっぽい性格です)。個人的にはMOMでした。


ゴールド純貴の活躍が一番の驚きでしたが、次に驚いたのがコミーのプレー。ニューコミー誕生!ちなみに試合中、試合後ツイッターでこう書きましたが、共感のツイートはゼロ!でした。この日のコミーは3バックの右。WB?のタッキーの上がったスペースをコミーが上がって使います。パスはアレな部分もありましたが、ここまで上がって攻撃参加するコミーは2009年入団以来見た記憶がありません(歳のせいか最近記憶が・・・)。そして決勝点となったシュートはスローインで上がっていたわけでなく、流れのなかでペナルティエリアに入ってのノートラップシュートでした。これまでのコミーのゴールはセットプレーからのゴール前の混戦のなか押し込むイメージが強ったのですが、このゴールでそのイメージも過去のものになりそうです。

3バックのコミーがここまで上がるということはそれだけこの試合のツエーゲンが前への圧力が強かったということでしょう。サイドからボールがゴール前に行っても詰めている選手が1人、2人という場面が多かったですが、この日は3人、4人とゴール目に詰めていていました。そのせいかはわかりませんが、枠内シュートが多かった印象です。特にここ数試合相手キーパーに仕事させていませんでしたから・・・。
攻撃に関してもコミーのゴールまでの流れのようにワンタッチ、ツータッチでのパスが多くてリズム感がありました。
一口で言うと見ていて「楽しい」「面白い」試合でした。そして「結果」もついて、しかも2点とも「ゴラッソ」でしたから、お客さんも大満足だったと思います。シーズン中からこんな試合をできていたら、順位も観客数ももっと上(ry

失点シーンは「ツエラジ1118」のツイートをしていたため見ていませんでした、ラジオ実況によるとお見合いをしてしまってそこを突かれたつまらない失点だったようです。

非常に攻撃的で面白い試合ではありましたが、武蔵野相手だからハマっただけかもしれないと思ったりもします。先に書いたどおり3バックのコミーが上がって2バックになるシーンも何回かありましたから、そこを狙われると苦しい展開になったかもしれません。このサッカーだと、ネモじゃなくて井筒監督が使われるのがわかりました。

WBのタッキーとダテ氏はこの試合のような寒い日なら運動量は持っても夏場だとキツいでしょうね。もしかして天皇杯でのパスサッカー志向(注・ド素人思い込み)は一種の暑さ対策だったのではと妄想。

|

« バレーボール初観戦でいろいろ思ったことなど | トップページ | 契約満了選手発表 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレーボール初観戦でいろいろ思ったことなど | トップページ | 契約満了選手発表 »