« 「みんなが全日本に走るので、私、全クラを独占させていただきます」 | トップページ | ついにJKに手を出してしまった・・・ »

2012年9月24日 (月)

快勝とはいえなかったけれど・・・ アウェー佐川印刷戦観戦記

ど~も、スマホおじさんです!(←町内の女子小学生にこう呼ばれていることが判明・・・。おっさんでないだけましか・・・)

さてさて、昨日のアウェー印刷戦を観てきた勝組のインチキレポです。

先発は前節藤枝戦からヒョンジンとダテさんが替わった以外はポジションも同じです。キックオフから5分以内にコーナー2本を与え、シュートも1本撃たれて今日どうなるんだと思いましたが、徐々に互角の展開というか、遠目からも苦し紛れでなく積極的というか得点の意欲を感じさせるミドルを撃ったり、ゴール前で単発でなく選手が詰めての波状攻撃と星稜大学戦以降見られなかった積極的な姿勢が感じられました。

この日のPさんは、風邪をひいていまして体調万全でなく、いつもはしないツイッター速報をしたりしていました。10分ごろから雨がぽつぽつ落ちてきまして、いつもなら全く気にしない程度なんですが、大事をとって車まで雨具を取りに行っている間にネモの得点w勝組と言っていいのかorz
そのゴールはスタンドから見ていませんでしたが、雨具をとってスタジアムに戻るときゴール真裏の出入口近くを通った時に印刷ゴールを見ると正にその瞬間にボールがゴールに飛び込んできました。ゴール裏からミドルシュートが入る瞬間を見ることはありますが、大抵はスタンドからで高さがあります。ピッチと同じ高さでその瞬間を見ることができたのは非常に幸運ではなかったでしょうか?ということでやっぱり勝組。
でも誰が撃ったかはわからなくて、アナウンスでネモの得点であることをしり、更に右足でのシュートであることをネットで知ったので負組?

その後もレッドクリフのヘッドがバーの少し上だったりと惜しいシーンもあり、チャンスの数はツエーゲンペースの前半だったと思います。1分のアドなんとタイムにクロスを上げられ、ペナルティエリアに4人の印刷の選手がいたシーンが一番怖かったかな?

マーティンとのホットラインが期待された渉は、前節藤枝戦に続いてこの日も厳しいマーク、というかそれ以上のマークでした。渉がボールを持つと2人、3人に囲まれる場面が何回もありました。
その渉のマークでスペースができたためなのか、教授が攻守にどこにでもというか、ポジションフリーという感じで走り回っていました。今ゴールラインまで下がって守備したの教授じゃなかった?、印刷ゴール前のスペースに飛び込んでボール呼んだの教授だよね?サイドでタッキーと守備してるのは教授じゃねーか、コーナー蹴るの教授?といった感じで3人ぐらいいるんじゃないかと思いましたw
ネモ、タッキーの両サイドバックも良かったですね。攻守にわたってキいていました。ここまで両サイドバックが良かった試合は今シーズン記憶にないですね。

後半に入ってからも両サイドバックが好調。上がったタッキーへのパスが水たまりで勢いが止まった不運なシーンもありました。試合が動いたのは18分、マーティンが縦パス1本で裏に抜け独走、キーパーを交わしての追加点です。
えー、このゴールは見ていましたが、マーティンが抜け出したところから見ていて、誰がパスを出してかは見ていませんですた・・・その直前に渉からヒョンジンの交代があって、そのことと、マークしていた渉が出たことで印刷守備はどうするだろうと速報を打っていたのですorzもしかすると本当に印刷の守備はエアポケットに入っていたかもしれませんね。誰か聞いてw

ここからは印刷は点を取りに前線に人を割くようになり、その分後方にスペースができ、マーティンが2回、ヒョンジン(この日は菅野でした)、教授が突破、ペナルティエリアに侵入するも追加点が取れない。角度があるとこからのシュートだったり、相手に当ったりと仕方ないシーンが多かったとはいえ、追加点をとれなったのは反省材料です。ホームHonda戦を少し思い起こしましたね。シュートがバーに当たって真下に落ちてノーゴールというシーンもありました。

2-0は危険なスコアといいますが、1点取られてからは印刷の猛攻にタジタジでした。失点はミスからです。得意のドリブルで印刷守備を引き裂いていたヒョンジンが自陣でパスを出すもドリブルをしないで立ち止まっているところを2人に囲まれ奪われてのミドルシュートでした。自陣であんな集中力のないプレーをしちゃいけません。それが尾を引いたのかその後のプレーはそれまでとうって変わって精彩のないものでした。ヒョンジン切替!

そんな劣勢の中、マーティンに替わってキラ林さんが89分に投入されます。そのキラ林がカウンターで自陣からゴールラインまで一人でドリブルで上がります!といっても時間を考えてのドリブルでゴールに真っ直ぐ向かわずライン際を上がり、確実に決められそうだと思ってからの時間をかけてのシュートはキーパーにキャッチされましたが、面白いプレーでした。あんなにゆっくりなドリブルでも上がれるんだなぁと余計なことを思ったりw(悪口に非ず)

サポゾーンから悲鳴が上がりながらなんとか逃げ切っての勝利でした。途中までは楽勝、快勝かと思っていたんですが、今シーズンのツエーゲンらしい勝利と言えるかもしれません。

良かったところは、積極的にシュートを撃つ姿勢(キャプテンもそうコメントしていますね)もそうですが、マーティンを走らそうという場面が何回もあったところだと思いました。散々今まで言っていたことをやっとわかってくれましたかw

気になる点は失点に繋がった気の抜けたシーンとボランチかな。全部のボールを刈れと言いませんが、せめて攻撃を遅らせることはできないかと思うシーンが何度かありました。

勝利のダンスを録画したので貼っておきます。
ただし、縦横間違えて撮影したので、視にくくて正直スマンカッタorz

|

« 「みんなが全日本に走るので、私、全クラを独占させていただきます」 | トップページ | ついにJKに手を出してしまった・・・ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

ネモのシュート見事でした!ボールがブレてて鳥肌です~しかも右足!!さすがアテネ五輪(>.<)
マーティンもナイスでしたね!!
出ていない選手には悪いのですが、今が一番良いベストメンバーなのでは!?
このまま勝ち続けて一桁順位目指して欲しいです☆

投稿: ツエーゲン金沢ファン | 2012年9月27日 (木) 03時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「みんなが全日本に走るので、私、全クラを独占させていただきます」 | トップページ | ついにJKに手を出してしまった・・・ »