« 「夏祭り2連戦 2万人チャレンジ」② AED普及マッチ with Jドリームス | トップページ | ロンドン・オリンピック開会式閉会式にも解説が必要と思った件 »

2012年8月19日 (日)

国体北信越成年男子代表が決まる!

ど~も、昨日サボってしまいましたがやむを得ない事情があったので許して★いPさんでーす!
まぁ酒を飲むのを少し我慢すれば書けたかもしれないんですが(余計な一文)。
ということで今日も引き続いてやむを得ない事情のため引きこもりおっさんだったPさん、そのため非常に残念な思いをしました。そうです、タイトルにあるとおり「北信越ミニ国体」に行けなかったのですorz
当初の予定では昨日・今日と北信越国体を見て、更に今日は富山県総でカターレ×ヴァンフォーレを見る予定だったんですが・・・orz

北信越ミニ国体とは何かを先に説明した方が良いかもしれません。一言で言うと県対抗での国体の地区予選です(で合っているの?)。県単位のチームとはその編成は各県によって違います。今年の新潟はJSC単独チームで確か以前からそうだったはずです。福井はサウルコス単独(元含めての)のこともあれば、昨年は混成チームでした。石川はテイヘンズ主力ですがツエーゲンの選手が参加いたことがありますし、引退後の木村龍朗さんが選抜されたことがあります。長野はパルセイロの選手は参加しないものの山雅の選手が出場し「長野」コールを受けたことがありますし、やはり引退後の柿本さんが昨年参加しました。まぁPさん

は2006年以降のニワカなので詳しくないんですが。
その2006年以降石川代表が本大会に進出したのを見たことがありません。2009年は石川開催でツエーゲンの3選手がと木村さんが出場したものの現元サウルコスで固めた
福井代表に0-1 で惜敗。2010年は山雅の選手も参加した難敵長野に2回戦勝利したものの代表決定戦でその年の開催県富山にヴァリエンテの小林にゴールを許しまたも0-1で惜敗していました(記憶いい加減)。
で、今年の石川代表は昨日のエントリーで書いたAED普及マッチの石川県社会人連盟選抜チームが中心だと思います(AED普及マッチの資料がない)。この3試合はツエーゲン元コーチの中野栄治監督でした!
今年の代表は枠「1」という厳しい条件です。
今年の北信越ミニ国体の組合せや出場選手は
こちらでドーゾ。
新潟はJSC単独チーム。
石川はテイヘンズ、FC北陸、北陸大、金沢星稜大の混成チーム。
富山は新庄クラブが中心で他にヴァリエンテ、富山フェニックス、ジョカトーレの選手が参加。
長野はアルティスタとジェンシャン連合チーム。
福井はサウルコス、坂井フェニックス、奥越、KSC、福井工大の混成チーム。
35分ハーフマッチです。
1回戦は新潟ー長野。結果は新潟が
2-0の勝利

2日目の結果です
福井ー富山
1-1(PK2-4)で富山の勝利
石川ー新潟は
1-0で石川の勝利

そして迎えた本日決勝戦は石川ー富山。
ツイッターによると0-1で石川はリードされていましたが、アドなんとかタイムで追いついて延長戦。延長戦でも決着がつかずPK戦で勝利しそうです!素晴らしい!
7年ぶりの本大会進出おめでとうございます!テクノ行きたかったorz

本大会出場が素晴らしいことはもちろんですが、北信越リーグでは上位チームを破っての代表が一層価値を高めているように思えます。AED普及マッチでガチな試合をしたことが今回の結果に繋がったかもしれません。ついでに言うと金沢サポの氷差し入れも効いたかもw
本大会は厳しい戦いになることは必至ですが結果を残してもらいたいものです。
壮行試合をツエーゲンとの練習試合でやるのはどーでしょー?

|

« 「夏祭り2連戦 2万人チャレンジ」② AED普及マッチ with Jドリームス | トップページ | ロンドン・オリンピック開会式閉会式にも解説が必要と思った件 »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夏祭り2連戦 2万人チャレンジ」② AED普及マッチ with Jドリームス | トップページ | ロンドン・オリンピック開会式閉会式にも解説が必要と思った件 »