« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

北信越クライマックス!

ど~も、いつまでたっても地域脳Parkerです。
ということでツエーゲンもアウェーで敗れたことですしorz現実逃避で北信越リーグの話です。
本日最終節を迎えた北信越リーグ。
優勝争いは勝点34で並んでいるJSCとサウルコス福井に絞られています。得失点差はJSCが+48でサウルコスが+46。この日勝点をより大きい方を上げたチームが文句なしの優勝。勝点が並ぶ場合はサウルコスが得失点で3上回ることが必要です。JSCはホームでアルティスタ東御をサウルコスもホームで上田ジェンシャンを迎え13:30のキックオフです。ちなみにJSCの前節の相手はジェンシャン、サウルコスの相手はアルティスタ。前々節の直接対決でサウルコスが3-0で勝利して勝点が並び、得失点差の争いになってからは同じ相手との対戦ということで日程の妙があります。
一方の降格・残留争いは、勝点4のグランセ新潟の降格は決定。7位勝点12のジェンシャンと6位勝点13のアンテロープ塩尻の争いとなっています。ジェンシャンは今節、前節と厳しい相手である一方、アンテロープは前節テイヘンズホームで2-0で勝利し、前節で6位になり降格圏を脱出るしました。この試合はPさん見に行っていたんですが、アンテロープの残留にかける強い思いが印象的でした。アンテロープの勝利後、ジェンシャンがJSCに敗れたことを伝えると「え、ホントですか」と言いながらも喜んでいました。
この日のテクノは優勝を争うサウルコスと残留を狙うジェンシャンとの戦いだったのです。この両チーム(といってもサウルコスは前身のFC金津時代でしたが)2006年に入替戦を戦っており、
金津ラウンドを見ていたPさんにとって感慨深い対戦でもあります。

ということでテクノにGO!の予定でしたが、家族サービスで行けまへんですたorz
テクノでのJSC戦を乗せてくれた某金沢サポ氏から誘われたのに・・・
また飲めたのに・・・

ということでネットでの速報を見ていました。

前半はサウルコスの動きが悪いとのことで、前半28分にフリーキック直接を決めたジェンシャンが先制!
まだ前半なのでサウルコスは焦る必要はないでしょう。
一方のJSCは前半33分に先制。この時点で福井は少なくとも5点が必要となりました(得失点差が並んだ場合は総得点の多い方が優勝となるためです)。
後半に入って11分にサウルコスも直接フリーキックを決めてまずは同点。
その4分後サウルコスがPKを決めて逆転。しかし、JSCが勝った場合は優勝はありません。
後半35分にアルティスタが同点!
このままならサウルコスの優勝です。
後半43分にサウルコスがまたも直接フリーキックを決めて3-1とリードを広げます。
しかし、JSCが1点あげればJSCの優勝ですからまだまだ点が欲しいところ。
後半46分にサウルコが追加点で4-1。
福井の得点はここまでで試合終了。
優勝の行方はまだ終わっていないJSC-アルティスタの結果次第。このまま同点で終わるか・・・

結局同点のままJSCがゲームを終え、ラスト10分で優勝がひっくりかえるという、Jリーグようなサウルコスの優勝でした。
サウルコス福井さん、サポさんおめでとうございました。
現地にいたらまたサポさんに握手を求めに入っていたと思いますw

その一方でまたまた勝負所で敗れた辛島監督・・・これで何回目でしょうか・・・

いかん、来週の北信越全社のJSCの戦いが見たくなってきたw

(経過時間は速報をしていただいた方いよるもので公式と違っているかもしれません)

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

PV第4弾を作りますた

8.4に向けて便乗PV第4弾を作りました。

よろしかったらブログ・ツイッターで紹介してください。ってこれPV?

「総統は8.4に期するものがあるようです」

http://www.youtube.com/watch?v=UoTYRPvYlvI

| | コメント (0)

試合前と試合後に衝撃を受けたの巻

Honda戦は自転車で出発したPさん、タイヤに空気も入れ、周りの水田をひまわり畑と思い込み気分はツール・ド・フランス。ところが隣町に入ると有線放送が。なになに「金沢市に大雨警報が発令されました」・・・。戻って車で出直しorz

西部に着いても気分が晴れないところにスタッフからステージを見てくださいと言われステージに。この日は「金沢市プロスポーツ応援デー」ということで石川県のスポーツチームの紹介などをやっていまして、Pさんがステージに行った時はバスケットのブルースパークスの選手3人とMCのお姉さんとトークをしていました。最後にじゃんけんプレゼント大会ということで参加しましたが1回戦で撃沈orz
テンションが上がらないでいると女子ハンドボールの北國銀行ハニービーズはドタキャンでステージに立つことなくピッチのみでのあいさつということでさらにテンションが下がる。
そんなこんなで椅子でショボーンしていたPさんの後方の道を背の高い若い女性の集団が歩いてきます。Pさん一気にage↑ステージで紹介された彼女たちはPFUのバレーチーム、ブルーキャッツとのこと。PFUがバレーチームを持っていて2部リーグに所属していることは知っていましたが、ブルーキャッツという名前があることを初めて知りました。そしてこの日初めてマスコットのお目見えとのことで、カワイイというか妖艶というかエ■いというか、これが「萌え」っていうの?マスコットに初めて擁いた感情、ヤバイw
ということでブルーニャです
(ブルーキャッツ公式から、Pさんとしては「ぶる~にゃ~」と表記したい)



Photo


カワエェェ・・・

 その後ブルーキャッツの選手たちは試合をPさんの前の席で観戦していたんですが、隣の某サポ氏が鼻の下を伸ばしていたのはみっともないと思いました!

 この日はチアスティックが配布されていて初めての方も多かったのかもしれませんし、なにより試合内容が良かったので拍手の代わりにチアスティックの音が鳴っていました。試合終盤になるとS席後方に小学生低学年か未就学児のツエーゲン金沢コールがよく聞こえました。

 試合前はカワエェェを連発していたPさんは試合後は一転してトンデモナイものを目にすることに。
勝利後監督インタビューをメインスタンド前している一方ゴール前では選手がホームでの久々の勝利に大騒ぎ、はいいんですがハダカ?選手一人が上半身脱いで踊っているwww脱いだままメイン方面に来るのを見ると八木吉野wやっぱり肉体自慢かいw
これまでもビジュ、布施と勝利後ゴール裏で踊る選手はいましたが、それぞれビジュダンス、布施ダンスと呼ばれていました。しかし、八木吉野のダンスはツイッターやブログ見ると誰もが「裸踊り」と表記wもちろん面白いからノー問題wwwもっとやれ―!布施との共演キボンヌw

 大雨警報が出たもののほとんど雨が降らずぶつくさ言いながらの帰り道、川を見ると行きは水量が少なかったのに濁流に・・・スタジアム周辺は降らなかったけれど、上流では降っていたのね・・・。

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

チャレンジデー初勝利! ホームHonda戦観戦記

ど~も、ホームで久々の勝利だったので試合後もスタジアムでゆっくりしていれば良かったのに、少しでも早く家で飲みたいがためにさっさと帰ってしまったPさんですorz

というぐらい昨日のHonda戦は快勝でした。
それでもいろいろ言いたいことはあるんですがねw

布陣は前節HOYO戦とほぼ同じ。
GK大橋、DFは左からネモ、八木吉野、キャプテン、タッキー、守備的MFは真吾ちゃん、アベシュー、攻撃的MFは左にダテさん、右に雄大、トップ下にモデル渉、1TOPはマーティン。
HOYO戦から変わったのは出場停止のコミーから八木吉野。
八木吉野のプレーは初めて見ることになります(その後別のものを初めて見ることになる事とはその時は予想もしませんでした・・・)。
雄大と渉を先発でのこの位置を見るのは初めてかな。

試合開始からはツエーゲンペース。これまではマーティンをポストにしての攻撃が多かったと思いますが、この日はマーティンのスピードを生かそうとする意図がチームにあったと思いました。そして渉。この位置には大槻教授、山道がこれまで使われていましたがタイプが違いますね。
教授は豊富な運動量と周りを見ていた上での早いパス、ミッチーは1トップの選手を追い越すプレーに特徴がありますが、渉はタメをつくってロングパスを出せますね。これがマーティンの裏の飛び出しと合っていたような気がしますが、本当か?ド素人のチラ裏なんであんまり信用しないでください・・・。これまでプレーを見てきて守備は苦手な印象を渉に持っていただけに、守備の負担が減って活き活きとしていたように思えます。といって当然ながら全くしていないことはなく、ボールを持った選手にプレスをかけ続けていました。後半右サイドにいて渡ってきたパスをスルーし、オーバーラップをしてきたタッキーがパスを受けたシーンには声が出ました。
後方からはこの日31歳の誕生日を迎えたネモの長・中・短のパスが攻撃を演出。ネモのボールさばき、パス出しは眼福。60分頃から運動量が落ちてくる傾向がありますが、この日はその60分ごろに2度オーバーラップを仕掛けそのままロングシュートを撃つなどフル出場となりました。MVPに推す意見をネットで見ましたが納得ですね。
いい形でHondaゴールまで持ち込みますが得点がなかなか生まれませんでしたが、32分に右サイドの雄大が左サイドまで流れてきて、PAの少し外で倒されフリーキックのチャンス。キッカーのネモが蹴ったボールはファーへ(多分)、そこに飛び込んできたキャプテンが飛び込んで豪快にゴール!セットプレーの得点は大きいなぁ。キャプテンはこれで今季3ゴール?
ところがここからはHondaが攻勢を強めます。吉野がボールを奪われ取り返そうとしてファール、そしてフリーキック。コーナーなどもありましたが1-0のまま前半終了。この日は2戦連続での2万人チャレンジーデー、ご存じのとおりチャレンジーデーでは負けて負けて負けて負けて負け続けてきた歴史がありまして、チャレンジデーのハーフタイムでのリードはおろか、先制点も初めてだったのです。

後半に入ると面白いように裏を獲るシーンが何度も訪れます。雄大が右サイドを突破、ゴール前のフリーの選手にパスするも足元に入ってすぐに撃てずもたもたシーン、同じようにマーティンが撃ったシュートはGKがキャッチ、雄大、ダテ氏のドリブルシュートも決まらない。何度も頭を抱える選手とPさん。取れるときに取っておかないと後でヒドい目に遭うよ~と思っていたらPK奪取。ダテ氏に代わって入った菅野ことヒュンジンが何度もドリブルを仕掛け、何度目かのドリブルでPAに侵入したところで笛。ヒョンジンに対するファールだったのか、ボールを持っていないマーティンへのファールだったのか?そしてマーティンのPKが決まって2-0!

この辺りから渉の疲れが目立つ。誰と交代かと見ていると飛弾ちゃん。出場を告げられた瞬間、飛弾ちゃんがよしやるぞポーズと他の選手とハイタッチしていたのが印象的でした。マーティンのPK後の控選手との抱擁もそうでしたが、チーム内は良いふいんきのようです(チャレンジデーでも変換できない)。

ここまで攻撃中心に書いていましたが、中盤の守備・プレスも見事でした。これまでの試合だとボールに寄せきれずフリーで撃たれ失点というシーンが何度もありましたが、この試合では渉の交代前にやや甘くなってきたかと思った以外は試合を通じて一度ぐらいしかなかったと記憶しています。真吾ちゃんは他の選手が止めてからボールを何度も奪っていました。
ピンチは主にミスからでした。ロスタイムの失点は左サイドをスコーンと抜かれからでした。同点になっていたら大変でしたよ。

新加入のゴールド横野はこの日はスタンドで観戦していましたが、俺なら2点は決めていたぜ!と思っていたでしょうwFW争いに期待です。

Hondaにはホーム3連勝。1年目2年目は頑張って頑張ってやっと勝てたという印象でしたが、この日は快勝といってよかったと思います。ただし、Hondaが悪かったのも事実。裏をあれだけ抜けさせてくれたのはロック戦以来ですし、プレスは甘い、どうやって点を取ろうとするか見えませんでした。
ツエーゲンとしては、あれだけ攻めてもセットプレーの得点だけ、ロスタイム失点、と勝って兜の緒を締めよ!ですね。

| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

横野選手新加入!

よっぱらいながらツールを見ていたり体調が悪くてなかなか
こうしんができませんでしたが、さすがに明日
のHonda戦を控えてそろそろこうしんしようと思った次第。
じゃあ書こうとしましたが、Honda戦の前に書くことがありますた。
ゆーまでもなくあの話、あの選手のこと。し
ん入団のあの選手です。もちろん読者の皆さんも
きになりよね!

ということで横野選手熱烈歓迎!ということで縦読みに挑戦しましたが、下手すぎたorz

ツエーゲンの前期の戦いぶりを見ていてFWのレンタルに期待と書いていたのでまずは一安心です。

でも本当に安心できるのは活躍してから。
横野選手の黄金の活躍(名前が『「じゅんき」ん』なだけに)で、とっとと「Road to Z」に終止符をうってもらいたいもの。

というわけでチャントは「金」絡みでw

「鋼の錬金術師」主題歌からどうでしょうか? 

ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」
http://www.youtube.com/watch?v=cr8magEp0Ho

L'Arc〜en〜Ciel 「READY STEADY GO」
http://www.youtube.com/watch?v=6cGff6Dl7Vk

でも金といえばこれかなぁ?

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

天皇杯準々決勝を見に行きますた その2

天皇杯準々決勝第2試合「金沢星稜大ーFC北陸」の感想です

FC北陸となっていますが、北陸大のセカンドチーム。トップチームは第1試合で敗退したので勝っておきたいところ。

普段試合中の写真を撮ることはないのですが、前半20分ころから初めて写真を撮ろうということにしたところ、星稜大が右サイドを駆け上がり良い形だなと思っているとクロスからヘッドで先制点。いきなりのシャッターチャンスを逃しますorzその後も写真を撮ろうとしてなんとか他人様に見せられそうなのはこの1枚ぐらいでしょうか・・・


20120715_211426

いや見せるんじゃなかったorz

この試合の勝者と準決勝と対戦するということで、第1試合に勝ったテイヘンズの選手も数名観戦していました。試合中スタンドにボールが飛び込んできて、試合を録画していた北陸大のカメラにぶつかりそうなところを白井がブロック。ハンドだけどナイスw

学生同士の対決ということで両チームの出場しない選手が数名ずつスタンドで応援していました。FC北陸はそれぞれ選手に檄を飛ばす一方、星稜大はメガホン持ってチャントで応援。いろんなチャントがありましたが、ツエーゲンの「パッション」*も出てきましたw
*「さぁ~行こうぜ~ツエーゲン カモン!カモン!ツエーゲンカモのアレです
チャントだけでなく他のお客さんに手拍子を強制するw踊るw審判批判せず、応援に徹していて見ていて(というか聞いていて)楽しかったですね。一方は大声で審判批判をしていたこともあり、心情的にはFC北陸贔屓でしたが、星稜大を応援したくなっていました。
楽しそうな応援が良いのかなぁと思ったり。

試合は後半にも裏を抜け出した星稜大が1対1からキーパーをかわし無人のゴールに流し込み2-0となりそのまま試合終了。
ボールの保持率は互角かややFC北陸が上回っていたかもしれません。しかし、FC北陸の攻撃が怖くなく、内容にふさわしいスコアで星稜大が勝利し、8月12日テイヘンズと対戦することになりました。

14:00キックオフだから16:00ごろ小松インターからと高速に乗れば18:00キックオフの富山県総カターレー山雅の試合は見られそうDEATH。基本中立ですけど8.4に多く来てくれた方を応援する予定ですw

| | コメント (0)

ツール・ド・フランスで犯罪発生!

連日ツール・ド・フランスを見ています。といってもずーと真面目に見ているわけでなく、レースが膠着している状態では音声だけを流して他の作業をやっているケースもしばしばです。
むかーしむかーし、NHKでこのレースを知り、その後フジテレビでの放送(といっても金沢では総集編「英雄たちの夏物語」しか見ることしかできませんでした)を経てペイテレビでライヴ中継を楽しめるのですから良い時代になったものです。と、ツールに関心を持ってから30年近くになるでしょうか。もちろんずーとチェックしていたわけではありませんが、昨日起きた「犯罪」は初めて見ました。

自転車レース(ロードレース)は一般道を走るため誰でもがレースを観戦することができます。スタート周辺、ゴール周辺、山岳・スプリントポイント(決められた箇所を通過した順位によってポイントが与えられる。山岳・スプリントそれぞれの最多ポイント獲得選手は表彰されます)以外は柵なども設けられていません。
平坦で広い道を走る分には問題ありませんが、狭くてそしてスピードが落ちる上りでも柵が設けられないので、観客が非常に近く、コースが狭くなり観客と接触する可能性が高く選手にとって非常に危険といえます。実際ランス・アームストロングが上りで観客と接触・落車しかけたことがありました。

上りのイメージ動画
Contador - Schleck match au Tourmalet (2) TDF 2010
7分20秒あたりからどうそ

イメージ画像 
Photo

最初映像に出たのは総合争い(21日間全体の優勝者争い)で4位につけるエヴァンスが頂上付近でパンクです。ここまでリーダーのウィギンスにアタックをかけ続けているものの実っていなかっただけにこれで今大会のエヴァンスは終わった、と思ったのですが、次々にパンクした選手の映像・情報が入り「ありえない状態」であることがわかります。そして解説の「くりりん」こと栗村修氏の「パンクが多すぎる、なにか撒かれた可能性がありますね」の発言にツイッター騒然。その後の情報で何者かがカーペットなどを床に止めるための鋲を撒いたことがわかりました

証拠画像 バイクのタイヤです
Photo_2


下りでは80、100キロ以上のスピードが出ることがあります。そんなスピードでパンクが起きれば死者の出る可能性もあります。実際昨日、パンクのため落車、鎖骨骨折、リタイアした選手もいました。単なるレースの妨害でなく「犯罪」と書いたのはそうした意味もあります。

上りで選手の邪魔になるぐらい観客がいても、「レースの妨害をしない」という前提にそれが「自転車文化」として認められていたのに(当方自転車ド素人)今回の「犯罪」がそうした風景がなくなるかもしれません。
許されることじゃなくて怒り心頭の一方悲しい気持ちにもなりました・・・

その後レースはパンクのため遅れた選手が不利にならないようにノーコンテストの状態でレースを終えました。これがまた、トラブルで遅れた選手を待つという、ロードレース独特の慣行なのです。前述したランスが落車しかけた時は先行していた選手はランスが立ち直るまで待っていました(ところがその後ランスはチェーンが絡まりかけるマシントラブルが発生し、イライラでアタックし、待っていた選手をブッチギリで置いていったのですが・・・)。くりりんがこの日の前半で「ロードレースは人間臭いスポーツで嫌われる選手は勝てない」と言っていたのが印象的でした。

選手コメント

セルジオ・パウリーニョ(サクソバンク・ティンコフバンク)
「最後の山岳では沿道の観衆の皆様からストライキ知らずのサイクリストたちのために、素敵な画鋲の贈り物をわざわざどうも。そういった愚か者は金輪際いらないんで。」

マーク・カベンディッシュ(チームスカイ)
「どこのど阿呆が世界最高峰のレースの真っ只中に画鋲をコースにばらまくかな。」

このステージのレポート

cyclingtime(動画あり)

Cyclist

JSports

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

天皇杯準々決勝を見に行きますた

うぉー鬼門九州で3試合目にして初勝利&無失点試合!「Road to Z」に貴重な勝点3ゲットォォォォ!

「Z」は「Zanryu」のZですorz

大分に行けるはずもなく、根上まで天皇杯準々決勝2試合「テイヘンズー北陸大」「金沢星稜大ーFC北陸」を見てきますた。
第一試合のキックオフは10:00.ということは9時ごろ家を出れば間に合うし、8時に起きたから楽勝、と思っていましたが家を出たのがなぜか9:30で根上に着いたのは10:30ごろorz観客席中央の日陰の場所をゲット。まぁ当然のことながら席の競争率は低かったです。
根上はスコアボードなし、アナウンスなし、しかもツイッター速報もなしということで、ここまで点が入ったかがわかりません。見ていたら北陸大が優勢。するとテイヘンズが自陣でのパスミスからゴール正面を突破さ、ちょっとハンドっぽいシュートでしたが認められて北陸大が先制。テイヘンズ応援のいつもの方々の審判批判の声が聞こえなかったのでいないと思っていましたが、ちゃんといらっしゃったようで審判批判はせず、選手を鼓舞する声援しか聞こえませんでした。いつもこんな応援ならと思いました。

前半はこのまま終えて1-0かな?と思っていたら顔見知りの方を見つけ確認したら、2-1で北陸大リードのこと。テイヘンズの1点は石川アマチュアサッカー界の至宝白井によるものだとか。前半10分見た限りでは全然良くないと思ったのですが・・・。ハーフタイムの北陸大のGK練習に見た顔のコーチだと思っていたら元ツエーゲンの木寺さんでした。
後半開始早々にテイヘンズが同点に追いつきます。が、ケータイ触っていてよく見ていませんでしたorz混戦から押し込んだわけでもないのに勢いのないゴールだったので、もしかしたら選手にあたってコースが変わっていたかもしれません。
会場は時折雲雀のさえずりが聞こえますが、グラウンドは徐々に不穏な空気になってきます。センターライン付近で選手が接触、よくあるプレーに見えましたが北陸大にイエロー。この判定に北陸大ベンチから激しい抗議。その3・4分後に白井が右サイドを駆け上がりクロス、ゴール前の混戦からテンヘンズのゴールが生まれ、3-2とリード。
その直後北陸大のスローインと思われましたが、主審の判断はテンヘンズボールの判断。これにもベンチが何か言ったようで主審が北陸大ベンチ前まで来て判断を根拠を説明。こんなシーン初めて見ました。その後の北陸大のバーをたたくシュートがあったもののテイヘンズペース。白井が素晴らしく、前掛かりになった北陸大の裏にスルーパスを通しキーパーとの1対1の状況を2度作り、自身もポスト直撃のシュートを撃っていました。
一方北陸大は試合終了間際に再びイエローカードを出されて退場者を出します。この時の北陸大ベンチの抗議も激しく退席者が出るんじゃないかと思いました。
試合はそのまま3-2でテイヘンズが勝利し、8月12日の準決勝に進出です。

北陸大の敗因はゴール前の甘さですかね。もうひとつ根上のピッチになれていないことがあったのではと思ったりしました(サイドラインに平行して芝が生えていないラインがあるんですが、そちらをサイドラインと勘違いしてファールスローしたシーンがありました)。
敗戦後の選手挨拶で「最後までしっかり」「まだ試合はある」とさかんに声をかけている選手がいると思ったら元ツエーゲンの大竹君じゃありませんか。立派になっちゃって・・・
試合後話をする機会があり、聞くと現在キャプテンということ「退団後ツエーゲンと試合をしたかったけれどそれがかなわなくて残念。4年で最後の機会だったのに」と言っていました。ていうかよくPさんのこと覚えていたと思いましたw

長くなったので第2試合は次の機会に。

勝ったんでどさくさまぎれでPVを

8月4日 AED普及マッチ ツエーゲンファン・石川県内向けロングVer


一般、石川県外向けVer



ついでにTomato n'Pine

ジングルガール上位時代

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

北信越リーグ サウルコス福井-JSC@テクノを見てきますた

連日ツール・ド・フランスをゴールまで見ています。こんなに連日見るのは初めてかも・・・。現実逃避ですけど。

ツエーゲンの試合のない日は北信越リーグや天皇杯を見に行っていますが、そんな中7月8日のサウルコス福井-JSC戦@テクノは北信越リーグ頂上対決ということで一番の楽しみでした。
この試合までの両チームの勝点は、サウルコスは9勝1分1敗で勝点28得失点差38、JSCは10勝1分で勝点31得失点差47と2強状態で前期の両チームの対戦は引分です。
サウルコスは勝点が並んで状態での対戦をしたかったところでしたが、前節新庄クラブに敗れていました。しかもホームでのオウンゴール。そのオウンゴールもシュートやクロスのクリアミスではなく、なんでもないバックパスからのものという精神的ダメージが残るものでした。その結果「どうしても勝たなければ」ならない試合となりました。

前日ツエーゲンがアウェーでホンダロックに0-2と惨敗し、テンションが上がらず朝からゴロゴロしていると(注・テンションが上がっている時も大抵ゴロゴロしています)、某サポ氏からテクノに行くのなら一緒に乗っていくか?とのありがたい電話がかかってきて、行きます行きます乗せていってください!とすぐ返答。よし、今日は飲みながら見られる(・∀・)と思ってテンションの上がったParkerさんですが、禁酒だからなと先に言われて(´・ω・`)ショボーン。

石田監督が就任してからのサウルコスの試合は昨年の北信越リーグ開幕テイヘンズ戦、全社北信越準決勝新庄クラブ戦、ツエーゲンとの練習試合は昨年10月と今年の5月と見ています。テイヘンズ戦はgdgdでなんとか勝ったという印象、新庄クラブ戦は頑張って勝ったという印象、昨年10月のツエーゲンとの練習試合ではツエーゲンが控中心なのに0-5だったかな?ここまでは「強い」印象はなかったのですが、今年5月の練習試合では、ツエーゲンが不甲斐なかったとはいえ「チームとして戦っている」印象で勝利しています(公式戦練習試合通じて初勝利だと思います。

行きの車内では愚痴の言い合いorz某サポ氏、来年のことを考えて今日の試合を見に行くって、あの~笑えないジョークはほどほどにorz
テクノに着いてからは「飲みたいなぁ飲みたいなぁ」とブツブツ言っているとお許しが出たので飲み始める。ということで細かいことは覚えていません。

結果から言うと3-0でサウルコスの圧勝でした。

全員のさぼらないプレス・守備、ロングパスに走り出す選手と5月の練習試合の時に感じたような「チームとして戦っていた」と思います。前節ではバックパスがオウンゴールになったと前述しましたが、そんなことなかったようにバックパスを何度もしていました(当たり前といえば当たり前なんですが)。
バックスタンドでツエーゲンサポ5人で見ていて「良い試合するなぁ」という感想はいいんですが、「こんなサッカーしばらく見ていない」
「サウルコスに勝てるかな」という感想はワラエナイ・・・

こんな良いチームなんだから福井の人たちはもっと見に行ってもらいたいと思いました。ナイスゲームだったんで多分バックスタンドで一番大きな声出してサーセンでした。試合終了後に福井サポさんに握手を求めに入ったんですけど、ベロンベロンでサーセンでした。

一方のJSCもスペースに入っていきそこにパスをだすという組織的サッカーが面白かったです。気になったのは背番号7,10,11といった選手がベンチスタートで途中交代で出場したことです。チーム事情は全然知らないんですが、辛島さんのいつもの癖なんでしょうか?

あと両チームに共通して、綺麗なサッカーのぶんだけゴリゴリ感が足りないように思いました。

ともあれこの結果、勝点で並び得失点差はJSCが44、サウルコスが41。しかも残り2節の対戦相手がともに上田ジェンシャン、アルティスタ東御です
これは最終節最後の最後までもつれるかもしれません。

最終節は7月29日、テクノに行きたいのは山々なんですが、家族サービスの予定です。この程度で結構なんでどなたかレポおながいしまつ。

おまけ
サウスコスの2得点は元松本(昨季丸岡フェニックス)の鈴木亮平選手でした。だからか松本昇格Tシャツを着ていた方がいらっしゃいました(同じ緑なんでノー問題ですしね)。

| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

本日の日経「フットボールの熱源」スタジアムに食べに来て

本日の日経「フットボールの熱源」スタジアムに食べに来て

ファジアーノ岡山のホームゲームでは試合のだいぶ前からスタジアム周辺ににぎわいができる。お客さんの目当ては「ファジフーズ」。クラブが地元で営業している10店と年間契約し、多彩な飲食メニューを提供している。
瀬戸内焼き穴子弁当に牛テールの塩焼き、黄ニラ焼きそば、ホルモンうどん・・・。対戦相手の土地にちなんだ限定メニューもあり、15日の徳島戦では鳴門わかめと塩サバ弁当、阿波ギュウギュウめしなどが加わる。
100種類を超えるメニューは公式サイトだけでなく、試合の告知チラシでも紹介している。木村正明社長は「サッカー好きではない人に『サッカーを見に来てください』と訴えてもなかなか響かない。それより『あれを食べに来て』と言った方が観戦動機を呼び起こしやすい」と話す。
そこで、「日本一のスタジアムグルメを目指す」と宣言し、地元業者の協力を仰いだ。公募で集まった業者は屋号を出さず、「ファジフーズ」という統一ブランドで営業する。クラブは「ホスピタリティーガイド」を配り、店のスタッフには決まったユニフォームを着てもらい、私語を慎む、喫煙は喫煙所で、といった規律を徹底している。
1年間、全試合を営業することを条件とし、メニューの開発などを話し合う会議への出席も義務付けている。そこまでしないとブランドは確立できないということだ。
1試合の売上総額は300万~400万ほど。業者にすればそのぶれ幅が小さくないと安心して参加できない。だからクラブは市民に繰り返し、「勝っても負けてもスタジアムに来てください。雨でも来てください」と訴えている。サポータも「雨でも行こう」と声を掛け合ってくれているという。こうやってクラブづくりの歯車が回っている。(吉田誠一)

| | コメント (1)

2012年7月10日 (火)

後期連敗スタートorz

8.4PVを作り、ツールドフランスを3日連続テレビ中継スタートからゴールまで見続け、テクノにサウルコスーJSCを見に行き泥酔するなの現実から逃避し続けましたが、現実逃避ネタ切れということで恥ずかしながら戻ってまいりました( ̄◇ ̄;)ゞ

後期は、ホーム琉球戦は2-3で、アウェーホンダロック戦は0-2と怒涛の連敗スタートorz
なーんか前期2節ホーム秋田戦に2-3、3節Mio戦に1-3で連敗した時と似た流れに感じます。前期ならその後に希望が見えましたが、後期で今の時点で14位ですから、降格を意識せざるを得ません。
そんな状況の中で一層暗くなるのは、試行錯誤して前期を終えたのにここにきてシーズン当初の同じサイドから崩される失点パターンを繰り返していること、ここまで見てきて戦えない選手、90分走れない選手が見えてきたような気がしますが(もちろんサッカード素人のですが)重用されていること、攻守の中心の選手の投入の遅れと、(あくまで個人的にですが)
停滞した空気が感じられることです。

前期圧勝したロックにアウェーで惨敗を喫しました。数少ない(現在)順位が下とのチームとの対戦は全てアウェーです。
これからは理想を捨て、今シーズン結果を出してきた選手、試合で働いた選手をつかっていくしかないと思うのですが・・・。

あとはレンタルに期待ですかねぇ。第1にフォワード、そしてボランチということになるのでしょうか。

| | コメント (1)

2012年7月 6日 (金)

8.4AED普及マッチPV3部作を作ったの巻

この情熱を仕事に向けたら、と自分でも思ってしまいます。

前回の記事で8.4アンおひさるPVが完成したと書いたのが7月4日水曜日(実際に完成してうpしたのは火曜日の夜)でした。
その記事では「アクセス伸びたら、ツエーゲンをプッシュしないバージョンを作るんで夜露死苦。」と書きましたが、Pさんまたまた(ry嘘をついてしまいますた。アクセスも伸びていないのにツエーゲンをプッシュしないバージョンを作ってしまいました。そればかりか第3のバージョンまで作ってしまいますた。

総統の映像と違ってPVですから、見られてなんぼ。少しでも多くの人に紹介してもらいたくて違ったバージョンを作った次第です。

まず、1本目は前回で紹介した、巌王さん・ドラゴンさんを激しくプッシュしたツエーゲンファン・サポ、石川県民向けのロングバージョンPVです。

リンク元 http://youtu.be/eEHY9FDcFaI

ド素人が作成した(というか初の作品)つたないPVですが、ツエーゲンを応援している方は拡散をお願いいたします。

ロングバージョンはあまりにツエーゲンを推しているので、ツエーゲンファン・サポ以外の方にはキツいかなと思って作ったのが、他サポ、一般的サッカーファン、県外向けバージョンです。そんな方々にも見ていただける、拡散していただけるかもと思って作成しました。

リンク元 http://youtu.be/rWHotwC0iPc
ド素人が作成した(というか初の作品)つたないPVですが特に
信濃方面の方々に拡散をお願いしたいところ。

ツエーゲンファン・サポ向け、他サポ向けと作成して3本目は誰向けになるでしょうか。画像カット、石川という文字をつかっていない、背面が白、最初のカットがヒントです。

リンク元 http://youtu.be/oB5I9FOE9To

こちらは西部のビジョンに流せそうなものを念頭に作りましたw目指せおひさるw

ということでド素人が作成した(というか初の作品)つたないPVを3本作ったので、拡散・宣伝を重ねてお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

8.4前座試合PV作りますた

ハゲしく現実頭皮逃避、ということで前回の続きを作りました。

巌王さん、ドラゴンさんを激しくプッシュしたツエーゲンファン・サポ、石川県民向けのPVです。

アクセス伸びたら、ツエーゲンをプッシュしないバージョンを作るんで夜露死苦。

リンク先はこちら
http://youtu.be/eEHY9FDcFaI

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »