« 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ | トップページ | 3会場で3試合 »

2012年6月 6日 (水)

またまたまた負けてしまいますた ホームSAGAWA戦観戦記

ど~も、試合後に行われた誕生会に出席、しかし開始わずか1時間で歯痛のため退席、帰宅後の代表選はPCのテレビが起動する前に本田△のゴール、布団に入ったら薬を飲む時間を間違えて歯痛で寝られなかたドMにも程があるPさんでーす!すべて実話orz

試合前・試合中・試合後にイロイロ打ちのめされてボロボロになって観戦記のうpが遅れてしまいました。
そしてようやく今日になって観戦記を上げる気になったわけですが、忘れた(というか思い出したくない)&内容がなかったのでどうなるかなorz

対戦相手のSAGAWAは昨年の優勝チームで常にリーグ戦では常に上位争いをしていますが、今シーズンは不調で対戦前は勝点15で11位。一方のツエーゲンは勝点13で12位。この日勝てば順位を逆転できたのですが、こうしたところで勝てないのがツエーゲンクオリティorz

この日はダテ氏は出場停止ということで攻撃的MFは飛弾ちゃんと世界さんだったのですが、正直言ってダテ氏不在の大きさを感じた試合でした。前節長野戦と同じように主導権をとられた試合でしたが、それでももう少し攻められたような気がしたのはダテ氏がいたからではないかと思ったりして。

SAGAWAは順位は奮ってはいませんでしたが、守備ラインの頑健さではこれまで見たチームの中では一番だと思いました。
3日前のことなんで記憶がかなり曖昧になんですが、攻撃に関しては打つ手がなかった記憶が・・・得点機は途中交代で入った初出場のヒョンジュンのドリブル突破からミドルシュート、ポスト直撃ぐらいではなかったでしょうか。チームで掴んだ決定機ではなくあくまで個人の力によるものでした。1トップのキラ林さんは頑張っていたもののマークされていては思うようなプレーもできず、前半に見せた華麗なステップのドリブルから放ったシュートが唯一の見せ場だったのが残念です。
教授がボールを受ける前に周りを見ているせいか球離れがよく、運動量もあって素晴らしいと思えましたが、逆にいうと他の選手はどうよ?と思ってしまったのも事実です。パスを出した後は走らない、ボールを受けてからボールの出し所を探して無駄にボールをキープする場面にはいただけません。シーズン当初の先発メンバーからかなり変わってきましたが、まだまだ入れ替わりをしなければならないのではと思いました。

途中までは最終ラインが安定していたものの時間が経つにつれバタバタしてきました。一昨年の最終戦アウェーSAGAWA戦で当時ルーキーの奈良輪選手に敵ながら天晴ゴールを決められてそれから注目していたのですが、この日も奈良輪選手に左サイドを蹂躙されました。それでも82分まで失点しなかったのはなんやかんやいいながらツエーゲンの守備陣が固いのか、SAGAWAがこの順位でいる理由なのか?
失点は左サイドから。井筒監督から高さも買われてでしょう巨神兵梅ちゃんがそのまま左サイドに入りましたが、ぶち抜かれそうなところをたまらずで倒してツエーゲンサポのPさんも納得のイエロー。そこからのフリーキックからさらにコーナーキック、コーナーはクリアしたもののクリアボールをペナルティエリア外から綺麗にボレーで合わせられました。09入替戦@刈谷のネモの先制ゴールを思い出してしまいましたorz

スコアこそ0-1ですが、まぁ完敗ですね。というか塩試合。最終ラインでボールを回しているのがそれに拍車をかけていますorz

ツィッターでも書いていることなんですが、ここ数試合、HOYO・ロック戦と長野・SAGAWA戦を見ていると(間のHonda戦は見ていません)ツエーゲンの立ち位置がよくわかると思うんです。(失礼ながら)下位チームとは互角以上の闘いはできるけれど、強い相手とは「自分たちのサッカー」ができないということが。長野戦、SAGAWA戦を観戦した方がネットで「ツエーゲンがやりたいサッカーがわからない」とのご意見を目にしましたが、強い相手に「できない」だけだと思うんです。そういえばHonda戦はセットプレーからあげた得点でした。
じゃあ「自分たちのサッカー」とはどんなサッカーかと考えましたが、分かりません(当方サッカード素人)w当初の理想としていた「攻撃的サッカー」から、「負けない現実的なサッカー」になっているというのはこれまでも何回も言ってきました。守備はてこ入れできた。下位チームを相手にした時は比較的楽にボールをカットして攻撃に転じることはできますが、上位チームからどうやって得点するかは見えてきません。
セットプレーか、後方からのロングフィードに飛び出すのか、オーバーラップか、中盤からの飛び出しか、走りまくるのか、球離れをよくすることなのか、ポストプレーなのか?現実は厳しいですねw前述しましたが攻撃的MFを見直し、ネモを中心に起用するのがてっとり早いかなとサッカード素人は思っています。
まぁ責任は一切持たない無責任な発言なんですけどねw

公式記録 

|

« 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ | トップページ | 3会場で3試合 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

金沢のサッカーは紛れもなく「亀」サッカー。
守備の時は甲羅に隠れるようなブロック守備(金沢はボールホルダーへのプレスは一切掛けない)
自陣深くでボールを奪うから攻撃は「亀」のように遅く運動量が少ない。金沢が相手陣内に入った頃には既に相手は帰陣、あるいはボールホルダーにプレッシャー。
旗手選手にチェックに行かずに(その時金沢の選手は全員棒立ち)ドフリーで打たれたのも痛いところ。(誰かチェックに行かんかい)
戦力がた落ちは仕方なしだがこんなんじゃあ勝てっこありません。

投稿: ケンシロウ | 2012年6月 6日 (水) 23時56分

もう監督解任しかないでしょう。J準加盟に弾みをつける為の優勝争いどころか、降格も覚悟しなければならない惨状ですからね。

投稿: イシマル | 2012年6月 9日 (土) 10時11分

まあ、お世辞にも金があるとは言えない金沢ですから今年は降格しない程度に監督を含むこの戦力でするしかないでしょう。
なんならサウルコス福井の石田監督を強奪しますか。(今の監督よりもはるかに良いかも)
明日はヒール藤枝。
前節は亀さんサッカーをしたので活を入れるため段幕を張らないというのもありですぜ。

投稿: ケンシロウ | 2012年6月 9日 (土) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ | トップページ | 3会場で3試合 »