« 3会場で3試合 | トップページ | 「NAOKIフレンズ」-「石川県選抜」のメンバーを考える »

2012年6月11日 (月)

またまた(ry負けてしまいますた ホーム藤枝戦観戦記

前回の続きでテイヘンズーFC北陸の観戦記を書かなきゃいけないかもしれませんが、そこはホラ、一応自称サポなんでツエーゲンの観戦記を書くことにしました。

先発は出場停止明けのダテ氏が復帰。それだけでなく左SBにはネモ復帰、そして教授がトップ下、アベシューもボランチとして復帰。山道は右SH(でいいの?)という布陣。前々節長野戦、前節SAGAWA戦と攻撃が振るわなかったため攻撃的布陣にしてきたのでしょうか?
そのせいあってか試合開始後からほぼツエーゲンが主導権を握っていました。ネモの役割は昨年のMJ的な役割。CBの2人のフィードがアレなので左のネモからボールが配給されていました。ダテ氏はキープ、空走り(本人はそんなつもりはないと思いますが)、ドリブル突破はでき、前節のダテ氏不在の大きさを再認識しました。もっとも藤枝ゴールを脅かす場面があったかというと記憶にございませんorz前線でボールをキープしても上がってくる選手が遅くて出しところがなくて、キープだけで攻撃が遅くなった場面が何度か記憶にございますorz

主導権を握りながら攻撃の形が見えないという嫌な展開が続くなか、最初のピンチが右サイドを崩され藤枝選手に最終ラインを突破され1対1の場面を作られましたがGK大橋がビックセーブで事なきを得ましたが、数分後に今度は中央を同じように突破されます。それをコミーがペナルティエリアの少し外で足元へのスライディングで止めますが笛。
コミーのファール?もしかしてシミュレーション?と甘い考えもありましたが、主審はレッドカードを手にしています。一発レッド・・・。抜けられてのファールですから妥当と言わざるを得ません。藤枝選手はボールをPKの位置に置きますが、え?外だったじゃない?と思っていたらレッドカードを提示せずに線審と打合せ。そしてプレーが止まった位置に戻ってコミーにレッドを出して、エリア外にボールをおいてフリーキックを指示します。そしてそのフリーキックは直接ゴールに・・・(印刷戦のゴールと同じような位置でした)。すでにアドなんとかタイムに入っていて、退場はともかく先取点を取られて最悪の展開です。
Pさんはメイン中央で見ていました。足元へのスライディングで足にいったのかボールにいったのかまではわかりませんが、主審が足と判断したのならレッドカードは妥当だと思います。ただ、カードを出す前に線審になにやら話し合ったことがいらぬ疑惑を観客に抱かせたかもしれません。しかし、これもPKか否かの確認だったと思いますので問題はなかったと思います。しかし、この日の主審は女性の方で、女性審判だから云々と意見を見て怒りを感じました
主導権を握りながらCBコミーを失い、先制点を許しての後半は、アベシューに変えて巨神兵梅ちゃんが登場。ワンボランチにして梅ちゃんを入れてまずは同点を狙いましたが、2点目は藤枝。しかもPKを与え、大橋が一旦止めながらもコーナーに逃げることができず、混戦から押し込まれるという後半10分という時間での二重三重に精神的に重い失点になってしまいました。藤枝の攻撃は高さより速さで勝負してきていましたから、前節SAGAWA戦で抜かれて手で止めてフリーキックを与えただけに井筒を使えなかったのかなとも思いましたね。ちなみにPKは与えられて仕方なかったプレーでした。
ツエーゲンは意気消沈どころかここからは猛攻。そしてホームで久しぶりの得点は、雄大のクロスにマーティンがペナルティエリアで藤枝選手を背負いながら頭で落としたところを山道がペナルティエリア外から弾丸シュートをたたみ込んだもので、スタジアムは大盛り上がり。その後も同点にすべく攻撃を仕掛けますが、逆に右サイドの角度のないところからのクロスがDFに当たってそのままゴールと不運な3失点目が後半41分。そのまま1-3と順位が下の藤枝に痛い負けでした。
今日もスタンドから罵声かorzと思っていましたが、思いのほか温かい拍手が多かったように思えました。理由をいくつか考えてみると、無意味なバックパスが少なかったこと、10人で必死に点を取りに行った姿勢が見られたことなどがありますが、主審が「結果的」にヒールに「なった」ことも影響したかもしれません。
上記の得点のきっかけとなった判定以外にも、藤枝アラン選手がファールがあった際、自分でボールをおいて速いリスタートでドリブルしてわずかに外れたシュートを撃たれた場面、ツエーゲンがペナルティエリアで倒れるも流された場面とツエーゲンに不利な判定がありました。しかし、前者のプレーに関してはツエーゲン選手のセルフジャッジと言われても仕方ありませんし、後者に関しては足元へのスライディングでボールにいっていれば正当です(Pさんの位置からは足にいったのかボールにいったのか見えませんでした)。でもツエーゲンのホームなら不満が出るのもある程度しかたないですね。Pさんは不利な判定であろうフェアであれば受け入れます。この日の判定は「メイン」でサッカード素人が見ている限りでは妥当だと思います。と言いながら一昨年のホーム松本戦のネモのゴール取り消しについては今もブツブツ言っているんですがw

結果的にはコミーの退場からの失点が全てといえますが、それよりも攻めている時間帯に点を取れなかった方が問題でしょう。チームに今一番足りないものは「飛び出す勇気」「無駄走りを恐れない勇気」とド素人は思っています。


試合結果 

|

« 3会場で3試合 | トップページ | 「NAOKIフレンズ」-「石川県選抜」のメンバーを考える »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

何時になったら監督解任するんでしょう。Jならとっくに解任でしょうし、下手をすれば降格の可能性すら出てくる状況なのに。

投稿: イシマル | 2012年6月12日 (火) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3会場で3試合 | トップページ | 「NAOKIフレンズ」-「石川県選抜」のメンバーを考える »