« またまたまた負けてしまいますたorz ホーム長崎戦観戦記 | トップページ | 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ »

2012年5月28日 (月)

メチャ興奮した アウェー長野戦観戦記

お待たせしました!(誰も待っていない)

後半アドなんとかタイム4分に同点ゴールのアウェー長野戦のツエーゲン目線の観戦記です。ただし、サッカード素人なので内容はアレなので期待しないでください。

まずは長野は強かったですね。今シーズン見た中では一番強い相手でした。ただし、ツエーゲンもしっかり戦っていて引分けという結果はフロックではなかったと思います(この辺が金沢目線)。

この日はアウェー側からホーム側に強い風。前半はツエーゲンが風上です。前半で得点しないと厄介だなと思っていると、試合開始早々はツエーゲンの猛攻で長野ゴールを攻め込みます。
しかし、すぐに長野ペースに。

と、ここで大事なお知らせを忘れていました。Pさんキックオフ前にビール・発泡酒を2本空けており、試合中もガンガン飲んでいたので、いつもより記憶が曖昧なんでそこんところ夜露死苦。
ついでに観戦場所はメインややアウェー側、ツエーゲンベンチ上の辺りで、周りは長野サポさんだらけの中でのドM観戦、当日アウェー側バックスタンドやメインで観戦されていて、この拙文をお読みの方なら大体健闘がつくと思います。2人のうちの男前の方がPさんでした。

話を戻します。長野がツエーゲンの右サイドを突破してきますが、オフサイドじゃね?と思って副審見たら旗を上げていますが主審は笛を吹かずにプレーオン、そしてまたもやオフサイドじゃね?と思って副審見たら旗を上げていますが主審は笛を吹かずにプレーオン。結局失点しないままプレーは切れましたが、Pさんはキレるw選手もかなり抗議していました。今日の主審ヤバいんじゃないかなと思っていたことが伏線になるとはこの時は思いもよりませんでした。
長野の攻撃、スペースにボールを出すとそこに選手が走り込んでくる組織的サッカーは素晴らしかったですね。個人では10番宇野沢が上手かったですね。敵ながらスゲースゲーと連発していました。
それに対してツエーゲンは中盤のハイプレスで対抗、そしてピッチから近いからこそ分かったかもしれないんですが、長野の変幻自在の攻撃に後手後手にまわることなく最終ラインが非常に落ち着いていたように見えました。これが引分けの大きな要因のひとつだったと思います。
一方の攻撃は教授とキラ林さんのキープが光っていました。教授は激しい長野のプレスに晒されながらもボールを失うことなく配給、キラ林さんもポスト・キープと光っていました。アウェーではいいと聞いていましたが納得w
前半の決定機はコーナーをファーで待ち構えたレッドクリフのドンピシャのヘッドがキーパーに止められたぐらいで前半も残り時間が少なってきます。なんとか風上の前半のうちに得点を、と思っていたらキラ林さんが引っかけられて倒れます。よし、フリーキック、あの位置からなら直接狙えるから教授よりダテ氏ですなと一緒に見ていたサポと話していると両チームの選手がボールから離れる。あれ、長野のファールじゃなかったのかなと思うも長野の選手はゴールに近いまま?そこで主審が指を差したところを見てようやくPKゲットだとわかるw観客席が低いので反対側のペナルティエリアが全然わかりませんでした。そのPKをダテ氏が昨年に続けて決めて前半で先制点を取ることができました。長野サポのど真ん中で2人だけ大はしゃぎ。長野サポさんのブログだとこのPKを「不運」と書く方がいらっしゃいましたが、遠くからとは倒されたのは間違いないのにどこが「不運」だったのでしょうか?
もう時間がないからこのまま守りきればと思っていたら長野の猛攻。長崎戦と同様にボールホルダーに詰めきれないシーンが3人ぐらい続いたと思ったら押し込まれ同点orz周りが大騒ぎなのに2人ショーボーン。ドMと言わずしてなんというorzで、得点のアナウンスが「90分+3分」・・・アドなんとかタイムは2分なのに・・・しかもゴールの後にまだプレーが続くって・・・やっぱり今日の審判は・・・と思いましたが、しょうがないですね。これが伏線になるとはこの時は思いもよりませんでした。

後半頭から飛弾ちゃんに替えて真吾ちゃん。失点の時のボールホルダーを追い切れなくなった時点で交代できれば良かったのでしょうがあの時間では難しいですし、後半頭の交代は悪くなかったと思います。
後半はもう風上の長野押せ押せ。なかなか得点を許さなかったものの、コーナーを後ろから飛び込んできた選手にフリーに合わせられ24分に失点。この失点は長野がお見事、仕方なかったと思います。
この辺りからPさん興奮&酔いのためよく覚えていませんが、40分以降はツエーゲンのパスが繋がるようになり長野ゴール前まで攻められるようになります。そして教授が撃った左45度のペナルティラインからのミドルシュート(が長野ゴールに突き刺さり土壇場の同点!よく覚えていないんですが低い弾道がグラウンダーのシュートでサイドネットに突き刺さったような気がします。いや位置すら怪しいかも・・・とにかく同点ゴールでスタンドはシーンとなりますが一部だけ大騒ぎ。得点のアナウンスは「90+4分」。あとで聞くとアドなんとかタイムは5分あったとか・・・とても5分あったとは・・・やっぱり今日の審判は・・・まぁ判定に怒っても最終的にはイーブンなるのか・・・と。

その後の長野の攻撃も凌ぎきり貴重な、そして歓喜の勝点1を手に入れました。
とにかくよく追いつきました。同点ゴールの生まれた時間帯の攻撃は迫力がありました(よく覚えていないけれど)が、後半の決定機はこのシュートぐらいだったような気がします(よく覚えていないけれど)。

これまでこの時間の失点はよく見てきましたが、得点は2008年の天皇杯SAGAWA戦以来です(見ていないだけでPさんが見ていない試合での得点は何度もあります)。同点であれだけ嬉しかったのですから、開幕戦の武蔵野戦の同点&逆転ゴールはどれだけ狂えたんだろうw

一方の長野はこの時間でまた失点ですね。長野の試合はあんまり見ていないはずなんですが、この時間帯の失点は5回目の目撃でした。他サポのPさんがその理由がわかるわけがないんですが、長野某選手の時間稼ぎとしか見えない行為はちょっとねぇと思いました。接触で倒れてなかなか立ち上がれず担架が運ばれてからプレーを続けようとしましたが、当然許されるはずがなく一旦ピッチ外に。もちろん本当に痛んでいて邪推なんでしょうが、ロスタイムがその分長くなるでしょうし、前半のとり方を見てもこの日の主審は長く取るタイプの方でしたしね。まぁ結果論なんですけどね・・・。

MOMは大槻教授で異論のある現地サポはいないでしょう。ゴールだけでなく中盤のキープレイヤーでした。シーズン前にとあるメディアのインタブーで「大槻選手は森下サッカーの象徴になる」と言ったいただけに嬉しいです。

次回はスチャラカ編「長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ」の予定w

|

« またまたまた負けてしまいますたorz ホーム長崎戦観戦記 | トップページ | 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたまた負けてしまいますたorz ホーム長崎戦観戦記 | トップページ | 長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ »