« 勝たなきゃいけない試合だった ホームHOYO戦観戦記 | トップページ | 今季ホーム初勝利は快勝! ホームホンダロック戦観戦記 »

2012年5月 8日 (火)

ザキヤマがクルゥー

明日のホームロック戦に合わせて有給とりました!
ただし、ムスコと誕生日と重なっています!
Pさんのことなんでツエーゲンをとったわけですが(6年ぶり2度目)、当然のことながらヨメの機嫌が悪いですorz(ムスコの誕生日と重なった理由では6年ぶり2度目、その他諸々では数えきれない)

とまぁグチはこの辺にして、昨日の続きを。
最後はダテさんとネモのプレーのことを書いていたんですが、これが森下監督のやりたいサッカーじゃないのかなと思ったりして。昨年までは「走ってこい」が最大の戦術で、その後は後方のフォローはあんまりなかったように記憶していますが、HOYO戦では上がったスペースを使っていたように見えました(知ったかのサッカード素人の意見)。
もうひとつ森下監督のやりたいサッカーは得点こそならなかったものの、後半の決定的チャンス、キラ林さんがドリブルで駆け上がって中央のマーティンにパスを出した場面、ザキヤマくんのヘッドといった、サイドからボールにゴール前に走り込んだ選手が合わせる形ではないかと思っています。

キラ林さんのパスに対してはPさんの後ろ席の方が文句を言っていましたが、あれだけマーティンがいい形で詰めていたのでパスの選択自体は間違いではなかったと思います。パスが悪かったのか、詰めが悪かったのはわかりませんがそれは別問題ということで。

で、途中交代で入ったザキヤマ君ですが、あのヘッドを決めていれば大ヒーローでしたね。フリーのヘッドが浮いたのは筋力が足りないせいだったのでしょうか。
清水ユース10番とはいえ高卒新人のザキヤマ君のデビューはもう少し遅いだろうと思っていましたが、その前のUVA戦で途中出場でJFLデビューし、技術の高さで「ザキヤマがクルゥー」?かとPさんと一緒に観戦していたサポ氏と期待が高まりました。そしてHOYO戦でもしっかりとしたプレーを披露し、「先発でもイケるんじゃねぇ」とまで一部サポから待望論まで出ています。
特にビックリさせられたのが、コーナー辺りからでたクロス。スタンド中央で見ていたPさんはどうやって出したのかわからなくて、ゴール側で見ていた待望論を出していたサポ氏に尋ねてもやっぱりわからないと言っていました。
ザキヤマ君のダンマクのキャッチフレーズは「Wonderboy」なんで、あのクロスを「ワンダークロス」と命名しましたwヘッドを撃つ位置取りは「ワンダー詰め」でどーでしょうか。ヘッドは残念ながら「ワンダー」じゃなかったな・・・。


Al_v0ykciaaej2jpg




大槻教授も持ちすぎているようでそうでなくて取られないボールキープ、パス出し、運動量と良かったですね。

良かった点をあげましたが良くない点もあったから引分けになったわけで、フィニシュは別として上げるならば、なんでもない場面でのショートパスのミス、危なすぎる横パスが目立ちました。ミスが多いサッカーとはいえ、それはないでしょという場面のミスは萎えます。これらがなければもう少しお客さんの反応が違っていたのかなと思います。
ダテさんやザキヤマ君の積極的なプレーに比べる残念ながらとゴールへの気持ちが見られないプレーも見られました。
こうしたプレーをした選手は交代したので(もちろんそれだけが原因と違うと思います)、交代の意図は見えたのであまりモヤモヤは感じませんでした。

とまぁ強がりかもしれませんがw、内容がなかったわけではないと思ったわけです。皆さん言っていますが、きっかけというか一つの勝利で波に乗れる可能性もあるんで、明日のロック戦も応援しちゃいますYO!

|

« 勝たなきゃいけない試合だった ホームHOYO戦観戦記 | トップページ | 今季ホーム初勝利は快勝! ホームホンダロック戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝たなきゃいけない試合だった ホームHOYO戦観戦記 | トップページ | 今季ホーム初勝利は快勝! ホームホンダロック戦観戦記 »