« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ

ヤクが切れるとマジ辛い。

Parker@闘病中です。

闘病というのはウソですけど。おやしらずを抜くのに歯茎を切ったところが痛くて、痛み止めが切れるともぉー大変でうpが遅れてしまいました

ということで、誰も待っていない(前回「お待たせ」と書きましたがアクセス数を見ると誰も待っていないことが判明)長野戦の試合以外のことのレポートです。

今回は某サポ氏の車に同乗させていただきました。高速を使わず白馬ルートを利用。同乗氏は白馬ルートをご存じでなかったためPさんが一部運転したんですが、その車はマニュアル車で普段オートマを運転しているPさんは若干不安。信号が少ない道なのでなんとかごまかしながら走っていると、工事中で坂道発進する場面に。これはヤバい!後続車来たらどうしようと思っていましたが、幸いに後続車がなくて一安心。発進しようとしたら3メートル下がったので本当に後続車がなくてヨカッタです!

サポは南長野には開門1時間前の12時集合ということでしたが、余裕を持って出発したので11時前に着きそうでした。土地勘のあるPさんは南長野に近い蕎麦屋さんでの昼食を提案して無事採用。ついでに家族へのおみやげしておやきを大量に購入。同乗氏にも喜んでいただけて何よりでした。
同乗氏「ここからは運転するのでPさん飲んでいいですよ」、と言われて遠慮するPさんじゃありません。お言葉に甘えて生中ゴクゴク。午前から飲むビールは美味いわぁ。
そうこうして時間調整して南長野に到着。すでに金沢サポは15・6人いたのかな?ダンマクをちゃっちゃと設置してフードコートを見学。そして念願のパルセイロシスターズを激写!となりで一緒に撮ってもらうにはアルコールが足りませんでしたw

120526_12_23_07


蕎麦屋でたらふく食ったのでフードコートでは何も食べませんでしたが喉が渇いていたので発泡酒を飲む。青空で飲む発泡酒は美味いわぁ。
寝不足、満腹、酔っぱらってきたので眠くなり、その辺の芝生で昼寝敢行。もちろん赤い格好でw
といっても20分ぐらいうとうとしたくらいで、少しは運動しようかなと。せっかくの運動公園だからとぐるっと周ったらセブンイレブンの看板が!これは、ということで買っちゃいまして、アウェーで飲むアルコールは美味いわぁ。

と充分にエレルギー補給をしたところでスタジアム入場。どこで観戦しようかと思っているとホームでいつも観戦している某氏を見つけたので一緒に観戦することに。ホームではメイン中央で見ているので同じような場所から見たい理由もありました。ただ問題は周りがオレンジの方々ばかりということで・・・でもアウェーベンチの上あたりなので大人しくしていればノー問題でしょう。
観戦氏と喋りながら見ていたんですが、時折り大きめの声で「長野のサッカーいいなぁ」「宇野沢ウメー」と、何でもかんでもくさすサポでないことをアピール!もちろん少年サッカーのこどもたちやお年を召した方が多くて、周りの方がやんちゃな方が少なそうなことも確認していました。これでもPさんは空気読むんです。
選手入場のときも黙ってマフラーを掲げていました。先取点を取った時もあんまり大きな声を上げずマフラーを上げていたくらいです。多分。
問題は酔っぱらっていたんであんまり空気を読めなくなったことなんですよね。大きな声で声援を送っていると前の席にいた少年サッカーのこどもさんが何回もこちらを振り返り、どこから来たの?と聞かれたり、お隣のお年を召した方の感想もだんだん大きな声になったり・・・。
アドなんとかタイムの同点ゴールのときは周りのオレンジな方々がシーーーーーーーンとなっていたにもかかわらず叫んでしまって正直スマンカッタ。もしかしたら弾けすぎて周りの方々がヒいただけかもしれません。

南長野は1年ぶり、一昨年の「信濃ダービー」以来でした。その時はダービーらしい空気で長野ゴール裏には人が多く、お客さんも立ちあがってマフラーを振り回していました。ツエーゲンとの試合ではそこまで盛り上がっていないだろうと想像していたのですが、ゴール裏はやっぱり人は多く、バック、メイン側に応援の協力を求めていたせいかもしれませんが、やはり選手入場の際にはメイン・バックのホーム側のお客さんは立ってマフラーを振り回していて圧巻でした。差をつけられたなぁ・・・。近くに緑なクラブがある事が刺激にもなっているんでしょうね。
メインに応援を呼びかけた人は息子さん(だと思います)を肩車していたので、ソフトな印象を与えていたように思えます。その方、Pさんの座っていた近くまで来まして、応援の協力を呼びかける際にチラッとこっちを見て「金沢の人もいるようですが」wもっといじってもらってもよかったのにw

帰路は運転を全てお任せして、試合の感想を言いながら無事金沢に到着。
同乗氏とお母さん、どうもありがとうございました!

翌日は3会場で3試合を観るというまたサッカー三昧な一日でした。

| | コメント (1)

2012年5月28日 (月)

メチャ興奮した アウェー長野戦観戦記

お待たせしました!(誰も待っていない)

後半アドなんとかタイム4分に同点ゴールのアウェー長野戦のツエーゲン目線の観戦記です。ただし、サッカード素人なので内容はアレなので期待しないでください。

まずは長野は強かったですね。今シーズン見た中では一番強い相手でした。ただし、ツエーゲンもしっかり戦っていて引分けという結果はフロックではなかったと思います(この辺が金沢目線)。

この日はアウェー側からホーム側に強い風。前半はツエーゲンが風上です。前半で得点しないと厄介だなと思っていると、試合開始早々はツエーゲンの猛攻で長野ゴールを攻め込みます。
しかし、すぐに長野ペースに。

と、ここで大事なお知らせを忘れていました。Pさんキックオフ前にビール・発泡酒を2本空けており、試合中もガンガン飲んでいたので、いつもより記憶が曖昧なんでそこんところ夜露死苦。
ついでに観戦場所はメインややアウェー側、ツエーゲンベンチ上の辺りで、周りは長野サポさんだらけの中でのドM観戦、当日アウェー側バックスタンドやメインで観戦されていて、この拙文をお読みの方なら大体健闘がつくと思います。2人のうちの男前の方がPさんでした。

話を戻します。長野がツエーゲンの右サイドを突破してきますが、オフサイドじゃね?と思って副審見たら旗を上げていますが主審は笛を吹かずにプレーオン、そしてまたもやオフサイドじゃね?と思って副審見たら旗を上げていますが主審は笛を吹かずにプレーオン。結局失点しないままプレーは切れましたが、Pさんはキレるw選手もかなり抗議していました。今日の主審ヤバいんじゃないかなと思っていたことが伏線になるとはこの時は思いもよりませんでした。
長野の攻撃、スペースにボールを出すとそこに選手が走り込んでくる組織的サッカーは素晴らしかったですね。個人では10番宇野沢が上手かったですね。敵ながらスゲースゲーと連発していました。
それに対してツエーゲンは中盤のハイプレスで対抗、そしてピッチから近いからこそ分かったかもしれないんですが、長野の変幻自在の攻撃に後手後手にまわることなく最終ラインが非常に落ち着いていたように見えました。これが引分けの大きな要因のひとつだったと思います。
一方の攻撃は教授とキラ林さんのキープが光っていました。教授は激しい長野のプレスに晒されながらもボールを失うことなく配給、キラ林さんもポスト・キープと光っていました。アウェーではいいと聞いていましたが納得w
前半の決定機はコーナーをファーで待ち構えたレッドクリフのドンピシャのヘッドがキーパーに止められたぐらいで前半も残り時間が少なってきます。なんとか風上の前半のうちに得点を、と思っていたらキラ林さんが引っかけられて倒れます。よし、フリーキック、あの位置からなら直接狙えるから教授よりダテ氏ですなと一緒に見ていたサポと話していると両チームの選手がボールから離れる。あれ、長野のファールじゃなかったのかなと思うも長野の選手はゴールに近いまま?そこで主審が指を差したところを見てようやくPKゲットだとわかるw観客席が低いので反対側のペナルティエリアが全然わかりませんでした。そのPKをダテ氏が昨年に続けて決めて前半で先制点を取ることができました。長野サポのど真ん中で2人だけ大はしゃぎ。長野サポさんのブログだとこのPKを「不運」と書く方がいらっしゃいましたが、遠くからとは倒されたのは間違いないのにどこが「不運」だったのでしょうか?
もう時間がないからこのまま守りきればと思っていたら長野の猛攻。長崎戦と同様にボールホルダーに詰めきれないシーンが3人ぐらい続いたと思ったら押し込まれ同点orz周りが大騒ぎなのに2人ショーボーン。ドMと言わずしてなんというorzで、得点のアナウンスが「90分+3分」・・・アドなんとかタイムは2分なのに・・・しかもゴールの後にまだプレーが続くって・・・やっぱり今日の審判は・・・と思いましたが、しょうがないですね。これが伏線になるとはこの時は思いもよりませんでした。

後半頭から飛弾ちゃんに替えて真吾ちゃん。失点の時のボールホルダーを追い切れなくなった時点で交代できれば良かったのでしょうがあの時間では難しいですし、後半頭の交代は悪くなかったと思います。
後半はもう風上の長野押せ押せ。なかなか得点を許さなかったものの、コーナーを後ろから飛び込んできた選手にフリーに合わせられ24分に失点。この失点は長野がお見事、仕方なかったと思います。
この辺りからPさん興奮&酔いのためよく覚えていませんが、40分以降はツエーゲンのパスが繋がるようになり長野ゴール前まで攻められるようになります。そして教授が撃った左45度のペナルティラインからのミドルシュート(が長野ゴールに突き刺さり土壇場の同点!よく覚えていないんですが低い弾道がグラウンダーのシュートでサイドネットに突き刺さったような気がします。いや位置すら怪しいかも・・・とにかく同点ゴールでスタンドはシーンとなりますが一部だけ大騒ぎ。得点のアナウンスは「90+4分」。あとで聞くとアドなんとかタイムは5分あったとか・・・とても5分あったとは・・・やっぱり今日の審判は・・・まぁ判定に怒っても最終的にはイーブンなるのか・・・と。

その後の長野の攻撃も凌ぎきり貴重な、そして歓喜の勝点1を手に入れました。
とにかくよく追いつきました。同点ゴールの生まれた時間帯の攻撃は迫力がありました(よく覚えていないけれど)が、後半の決定機はこのシュートぐらいだったような気がします(よく覚えていないけれど)。

これまでこの時間の失点はよく見てきましたが、得点は2008年の天皇杯SAGAWA戦以来です(見ていないだけでPさんが見ていない試合での得点は何度もあります)。同点であれだけ嬉しかったのですから、開幕戦の武蔵野戦の同点&逆転ゴールはどれだけ狂えたんだろうw

一方の長野はこの時間でまた失点ですね。長野の試合はあんまり見ていないはずなんですが、この時間帯の失点は5回目の目撃でした。他サポのPさんがその理由がわかるわけがないんですが、長野某選手の時間稼ぎとしか見えない行為はちょっとねぇと思いました。接触で倒れてなかなか立ち上がれず担架が運ばれてからプレーを続けようとしましたが、当然許されるはずがなく一旦ピッチ外に。もちろん本当に痛んでいて邪推なんでしょうが、ロスタイムがその分長くなるでしょうし、前半のとり方を見てもこの日の主審は長く取るタイプの方でしたしね。まぁ結果論なんですけどね・・・。

MOMは大槻教授で異論のある現地サポはいないでしょう。ゴールだけでなく中盤のキープレイヤーでした。シーズン前にとあるメディアのインタブーで「大槻選手は森下サッカーの象徴になる」と言ったいただけに嬉しいです。

次回はスチャラカ編「長野サポの中心でツエーゲンを叫ぶ」の予定w

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

またまたまた負けてしまいますたorz ホーム長崎戦観戦記

ど~も、片頬がパンパンにマジンガーZのあしゅら男爵みたいに左右違う顔になってしまったPerkerさんです。

Photo


もっともPさんは左は小太りのおっさん、右は太ったおっさんです!

さてさて、すっかり更新が遅くなって申し訳ないです。
ホント忙しかったんですよ。
日曜日は町会の集会とトマパイ(Tomato n'Pine)のユーストリーム中継があってブログを書く時間なし。
月曜日は上野前監督がアルビレックス新潟の監督代行になってツイッターでいろいろ喚いていたはずなんですが、いつの間にか全社北信越、北信越国体、全社石川県大会決勝の観戦予定を立ていてブログを書く時間なし。
火曜日は東京女子流のユーストリーム中継とタイムスクープハンターとテベコンヒーロ見ていたらブログを書く時間なし。
水曜日はトマパイ(Tomato n'Pine)のユーストリーム中継があってブログを書く時間なし。

決して1万人デーに負けちゃったから更新の意欲が低くなったわけでもありません!でも勝っていたらすでに更新していたと思いますorz

記憶がかなり曖昧になっていますが、内容というか感想は試合当日ツイートしていますので、そちらを編集してこちらでも書いてみます。

まずは公式記録

序盤の互角の展開から徐々にツエーゲンペース。1.5列の山道の飛び出しが効果的もシュートがなかなか枠に行かない。それでも味方が上がってくるのを待つことなく積極的なシュートは悪くはない。
しかし30分過ぎからプレスが甘くなりバタバタし始め、失点しそうなふいんき(1万人デーでも変換できない)になるもなんとか無失点で乗り切ったと思わされたハーフタイムでした。

そのハーフタイム、長崎戦では長崎佐野監督に呼応するようにバットボーイダテ氏が審判にいろいろ言っていましたw
まぁ審判は判断が遅かったりオフサイドの判断が違っていたりと、Pさんも今季地域リーグも含めて初めて不満を感じたのでダテ氏の気持ちが分らなくもなかったです。

後半始まってからはツエーゲンペース。何度か枠に行ったシュートはGKのファインセーブは正面をついて得点ならず。飛弾ちゃんの飛び出しで決定的と思われた1対1の場面もシュートは浮くorz

そうこうしているうちに運動量が落ち、中盤のプレスが甘くなってくる。こりゃヤバいなと思っていたら飛弾ちゃんとタッキーの交代の準備。ところがちょうど長崎のフリーキックになったため、そのプレーを切ってからの交代に変更。フリーキックは壁に当たったものの(この辺記憶あいまい)、中盤のプレスが弱くボールを回されボレーシュートを決められて68分に先制点を与えてしまいます。
攻勢の時に決めきれず、中盤のプレスが甘くなったところでの失点という今シーズンの負けパターンorz

その後の長崎の戦略はお見事でした。うちの強みの右サイドのケアをしっかりし、最終ラインをがっちり固め、ボールを持ったら前線に送ってキープと時間を稼ぎます。
どうしても点を取らなければならないツエーゲンは山道に替えてマーティン投入(74分)も目立った攻撃はできません。しかし、83分にダテ氏だったかな?2列目から飛び出し、GKと1対1の場面をなろうとしたところを長崎の選手が後ろから引っかけて納得の1発レッド。このフリーキックをダテ氏が蹴って直接バーに当たって同点にならず(いや別の場面かも)。
数的優位に立ったツエーゲンは巨神兵投入の大作戦を展開せず、左SB井筒に替えてジョーカーザキヤマ君を右のMFに投入。タッキーは右SBに入って、雄大は井筒のいた左SBに。監督によると長崎の上背を考慮し、パワープレーよりで繋ぎ狙いだったらしいのですが、終了時間間際にも最終ラインでボールを回していたところをるると、選手に監督の意図が上手く伝わっていなかったかもしれません。

ということで、今回の1万人デーも敗戦orz
もう何回目か忘れたし、数えたくないです(涙。
でも終盤のgdgdを除けばこれまでで一番良かった試合だったと思うのは「自称一番優しいサポ」だからでしょうか。
時間があれば明日にでもド素人の分析をしたいと思います。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

明日は春の1万人デー V・ファーレン長崎戦!

ど~も、本日のスタジアム清掃に逝ってきますたよ、と。

春の1万人デー V・ファーレン長崎戦が明日に迫ったきました!
「ブイ・ファーレン」じゃなくて「ヴィ・ファーレン」ですよ、奥さん!

明日はMROラジオで13:30から中継があります。西部に行かれない方も、そしてスタジアムで行かれる人もMROラジオを聞きましょう。

明日の実況は角野アナということで、試合前日の今日の練習をチェックしたと11:55からの西部前からの中継で言っていました。て、いうかParkerさんも練習見学に行っていて、選手をチェックする角野アナをチェックしていました。その場でゲストのオファーが来ることを期待していましたが、来るはずもなくw、逆に不審者に思われたらしく移動されました。まぁゲストが元日本代表なら仕方ないですね。次回のオファーを待つことにします(キリッ

明日はビックマッチらしくいろいろなイベントも予定されています。
個人的には、
スポンサージョイフル様の選手弁当が楽しみです。ジョイフル様のお弁当は前から食べたかったんですが、なかなかそういう機会がありませんでしたからね。

サポーターズMVP投票は毎回忘れてしまうのですが、明日こそは投票しようと。明日の大量投票されると今後非常に有利になりそうなんで、選手はMVP目指してガンバレw

11:55からあったMROの中継にはダテ氏と東川さんも出演していて、ダテ氏は自分のプレーは「左足だけに注目してください」「足のサイズは27センチ」とアピール。東川さんは長崎とはこれまで2勝2分相性が良いと言っていました。あれ、そんなに相性が良かったかな?と思ったら、アウェーで2勝、ホームで2分でした。さすがアウェーゲンorz
そのホームの2分はどちらもリードしていたところを追いつかれての引分けで、相性が良くないイメージがあって当然かorz

昨年の観戦記 
一昨年の観戦記 

その観戦記読み返したらホームの5得点はすべて昨シーズン限りで退団した選手の得点ばかりやん・・・
しかもマイケルと古部が得点してるやん・・・

なーんてねノー問題!
森下ツエーゲンで勝利を求めましょう!
そしてダテ氏と長崎佐野監督と因縁に決着はつくか?いや、ついてはいけませんね(汗

明日は金子さんこと世界さん、あ、逆か、世界さんこと金子さんが無給休暇ということで誰がそのポジションに入るでしょうか。先発経験が一度ある飛弾ちゃんか、リードした場面で交代出場しているタッキーか、はたまた点が欲しい場面で交代出場しているザキヤマ君か、こちらにも注目ですね!

練習見学後はロッカールームカフェで担々丼を食べる。美味しかったです。「坦々」なところもそうですが、ご飯も美味しかった。

LRCで食事をしてからいったん家に帰り、冒頭のスタジアム清掃に出かけたわけですが、スタジアム到着後集合場所を確認したら、集合時間を間違っていることに気づく(15:50)orz
参加者と顔を合わせるのが恥ずかしいのでそそくさと帰りますたorz

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

ツエーゲンかぶとを今年もやりました

ど~も、遅く帰ってくればストレス発散で飲み、休みの日・早く帰った日はリラックスして飲む、と一時期の禁酒のリバウンドに悩んでいるParkerです。

でも久しぶり早く帰宅したので更新もしなきゃね。
ということで5月6日@金沢市民でのHOYO大分戦でサポグループZ-BLITZSが行ったツエーゲンかぶとの話なんですが、Parkerさんのレポートも今年で3回目なんでみなさん飽きたでしょ。
ということでこれまでと違ったところを中心にレポートします。

過去2回のかぶとの色はピンク色だったんですね。でも赤い方がいいよね!ということでネットやお店で赤色の用紙を探してみたんですがなかなか見つからない。やっと見つけた紙は高っ!そして厚っ!
でもやっぱり赤色が欲しいなぁということで結局購入。高かったので数は少な目、でもその店の在庫を買占めました。実際に作ってみるとこどもさんの頭にちょうど合ったので、高かったけれどこの大きさで良かったと自分で思い込むw
試合会場でかぶとを折る計画で、家で正方形にしておこうと、最初に折った状態でいらない部分を切り取りました。
悩んだのがあご紐。2年前は最初ひもをつけてなかったので飛んでいってしまい、ダンマクを止めるビニールテープを紐代わりにこどもさんにかぶらせてからつけていました。でもそれだと手数がかかる&こどもさんの近くではさみを使うのは危険でした。その反省をふまえて昨年は大きめの輪ゴムをつかったと思いますが、パッとしなかった記憶があったので、紙を購入した店にあった一番大きな輪ゴムと帽子用のゴム紐をためしに購入。輪ゴムを切って赤のガムテープで留めればイケそうな気がして一安心
試合当日は開場4時間前に有志で作業を進めようとしましたが朝から雨orz雨だとかぶとは無理だなぁ、ダメなら1万人デーの長崎戦で配布すればいいかなと思っていましたが、幸い晴れてきました。
作業は数人で行ったのですが、過去2年の経験から無駄にスキルが上昇w折るのも一度に折るのではなく2回に分けて流れ作業、紐をつける人、エンブレム(おひさるのは使えないため黒百合にZを入れたもの)を貼る人と分業でサクサクと作業を進めて無事開場時間の12時にすべて完成(だったかな?)。まぁ数がこれまでよりも少なかっただけなんですけど。


120506_12_48_25



待っていても持ていってもらえるわけもないんで、こちらから配るんですけど、おっさんが配ってもなかなかこどもさんに受け取ってもらえませんorzということでお父さんやお母さんにお渡することになるんですけれど、大人の方の方が喜んでもらえたようです。小学生ぐらいになると恥ずかしいっているようでしたが、未就学児のお子さんには喜んでもらえたようで良かったです。
こどもさんに配るのとは別に特大のかぶとをひとつ作っていて、かんばん代わりにしようとしていたんですが、某サポ氏がゲンゴー(の看板)にかぶらせてはどーかと言ったのでかぶらせてみるとちょうどいい感じ!かぶとを渡したお子さんのお父さん。お母さんなのにかぶとをかぶったゲンゾーの前で写真をどうぞと勧めたりもしました。


120506_12_50_49



勝てばこの日が誕生日だった大槻教授にこの特大かぶとをかぶらせるという羞恥プレイをさせる計画でしたが引分けに終わったため・・・orzちなみに勝ったら「誕生日」ゲーフラを持たせるという羞恥プレイをさせる計画でしたが引分(ry
そういえばアベシューやネモとかお子さんと一緒に入場する選手がいるので、お子さんにかぶって入場してもらおうといろいろ画策するwそしてこの日先発の飛弾ちゃんのお子さんお頭にかぶとキター。お子さん、試合前の記念撮影ご建物に入らずピッチ内の飛弾ちゃんのところに走っていったのが可愛かったです。
今年もやって良かったと思ったわけですが、一番楽しかったのはParkerさんだったかも。
市民の前の広場はこじんまりとしていてお客さんがよく見えました。ツエーゲンは地域時代から7年目のシーズンを迎えているんですが、7年前に産まれていないこどもさんが何人もダブダブのツエーゲンのシャツを着ているのを見てたった7年だけどこの子たちにとっては生まれてからツエーゲンがあるんだと感慨にふける。たった7年だけど歴史を感じました。
最後は拙ブログらしくなくイイ話に落ち着きましたw

Z-BLITZのブログ

おひさるのフォトギャラリー

おひさるのフォトギャラリーその2

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

北信越リーグ今季初観戦

うぉぉぉぉ!都田でツエーゲン初勝利!!

そのころParkerさんは岩瀬で北信越リーグを見ていたのでorz簡単な感想を。

今日は11:00キックオフは2部「ヴァリエンテ富山ーFC北陸」、14:00キックオフは1部「富山新庄クラブーグランセナ新潟」でした。

第1試合は勝点11の首位FC北陸と勝点10で2位のヴァリエンテの直接対決。
ヴァリエンテの試合というとツエーゲンとかパルセイロとの試合が印象に残っていて粘っこい守備に少ない手数でのカウンターというイメージがありました。しかし、この日は終始ヴァリエンテペースで先制点もヴァリエンテ。前半35分ぐらいにコーナーキックを後方から飛び出してきた選手が頭できれいに合わせたものでした。
一方のFC北陸はなかなかシュートまで持って行けないまま前半終了。
体力ではFC北陸が有利だろうと思って後半開始。後半に入ってもヴァリエンテペースで再三FC北陸ゴール前まで攻めるもなかなか得点できない。ようやくの追加点は後半21分あたり。ペナルティエリアに入った選手がドリブルでゴールライン間際でゴール近くまで持ち込み中央にパスを出したところに合わせて2点目。
しかしそれ以降はヴァリエンテの運動量が落ちてきましたが逃げ切って2-0でヴァリエンテの勝利でした。もしかしたらヴァリエンテの勝利を見たのは初めてかも(昨年の残留をかけたテイヘンズ戦でも敗れて降格。一昨年のパルセイロ戦は引分け)。
最初はホーム側の屋根の下で見ていたんですが、風が冷たくて日向に移動したら、後ろにヴァリエンテの選手(だと思います)が見ていて、味方の選手に容赦ない批評wラストプレーはヴァリエンテが前線に出されたパスを疲れ切った選手が足を引きづりながらも追いかけるイイプレーだったんですが、後ろが笑ったところ他の選手関係者と思われるお客さんも笑いだすという、なかなか変わった光景でした。
2部に降格しましたがヴァリンテサポは健在。今日は2名が声出し、ダンマクも新しくなった?試合終了後その2人のサポーターに全選手・スタッフが挨拶に行っていました。

次の試合まで時間があったんで、近くのスーパーで弁当を買って芝生で食べる計画をしていたんですが、あまりに寒かったため急遽煮込みうどんに変更したら懐が寒くなるorzツエーゲンの情報をチェックしながら煮込みうどんを食べる。

14:00キックオフの富山新庄クラブーグランセナ新潟も同じ場所で座っていたら、また選手関係者が近くに座る。選手の奥さんかお付き合いしている女性はなんで皆さんお美しいのかと余計なことを考えながら観戦w
新庄クラブはここまで2勝3敗と予想外の成績、一方のグランセナは勝点1の最下位。
開始早々から新庄クラブの猛攻。そして3分にドリブルシュートで先制。その後も新庄クラブのシュートが何度もグランセナゴールを襲いますが、シュートに力がなかったり、グランセナGKのファインセーブ(決定的シーンを4度ぐらい止めていました)でなかなか追加点を奪えません。一方のグランセナの攻撃はカウンター主体ですが、少ない人数で攻めるパターンではなく、攻撃の際はしっかりと人数をかけてシュートで終わって見応えがあるものの得点はできません。圧倒的な新庄クラブペースながら緊迫していて、なかなかツエーゲンの試合速報をチェックできませんw
2点目は新庄クラブでした。43分、前の試合のヴァリエンテの2点目と同じような形でした。
そしてハーフタイムでツエーゲンの勝利を知ってヒャッホー!
後半も新庄クラブペースで6分、13分くらいに3・4点目が入って試合の興味はなくなり、グランセナの集中力が切れてきてきます。6時から自宅でユーストリームを見たかったのと、古本を見たかったので、5点目が入って夢スコアになったところで岩瀬を後にしました。結局もう1点追加して6-0で新庄クラブの圧勝でした。

選手関係者が近くで見ていたと書きましたが、お美しいご婦人がお知り合いにあの〇番の選手誰?と聞いていたのでスマホで選手情報をチェックしていた紳士Parkerさんはお節介と思いながらもスマホをご婦人にお見せして感謝されますた。しばらくしてそのご婦人が〇番の選手は誰?ってなんかこっち見ながら聞かれたような気がしてまたまたスマホを見せた紳士Parkerさん。
しかし、紳士のParkerさん、髭剃ってなくて、おまけにあんまり寒いもんでこの試合ではダウンジャケット羽織っていたので、紳士は紳士でも変〇紳士の方。その後そのご婦人は席を移動しましたとさ。

今日の教訓。サッカーを見るときは髭を剃っていく、変な服装をしないorz

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

今季ホーム初勝利は快勝! ホームホンダロック戦観戦記

昨年11月以来のホームでの勝利です!というか、でした!
9日に勝利したのに今日はもう12日。9日は祝い酒飲んで更新せず、10日は疲れて更新せず、11日はナウシカ見ながら
「ちがう、僕たちは巨神兵をパワープレーだけに使うつもりじゃない」
「(巨神兵を)今使わずにいつ使うんだ」
「巨神兵は復活させる」
「巨神兵(ダメな方)キタ━(゚∀゚)━!!!!!」
ツイッターしてて(ご想像通り飲んでいました)更新しませんでした。

でも9日に飲みながら下書きしていたので、それを基にして観戦記を書いていきます。
メンバーは今季初めてマーティンがスターティングメンバーから外れました。しかし、システム1トップのままで1・5列目にミッチー。そして左SBのネモも先発から外れ井筒が入って、雄大とのSBは国士舘コンビ。

対戦相手のロックはここまで9戦勝点なしと、うちよりも苦しい状態です。
その前のHOYOと比べると攻撃はHOYOより下でしたが、守備に関してはHOYOよりもしっかりしていた印象。特にボールを持ったうちの選手に対しては最後まで身体を密着して粘っこいうイメージはこれまで通り。

前半に関してはHOYO戦と同じような印象。クリアミスなどからショートカウンターでキーパーと1対1の状況が2度ほどあったかと記憶していますが、角度のない位置からのミドルで枠には入らず。サイドからのクロスは素通り、コーナーからのヘッドは浮いて枠に行きません。前半終わって時点で今日も引分けと覚悟したほどです。
見どころはダテ氏がかなりカリカリしているだろうなぁと思っていたら、ハーフタイムベンチに引き揚げるときに審判にいろいろ言っててやっぱりでした。

後半開始早々「上がれ雄大」発動。逆サイドからの大きなパスがタッチラインを割るかと思われましたが、雄大がスライディングでキープし、そのまま右サイドを突破しゴールライン付近から強引なシュート(だと思います)、それをGKが弾いてキラ林さんが身体で押し込んで先制!雄大は切れ込んで角度のないところからのプレー真骨頂ですね。雄大に0.5点つけときます。

後半12分には井筒に替わって巨神兵梅井投入。これまでの終盤投入・大作戦(巨神兵発動)パターンと違って井筒が前半で足を痛めていたためと思われます。梅井も足に不安があるということで不安もありましたが守備では無難な出来。空中戦ではジャンプするまでもな高さで圧勝、さすがです。

しかし、だんだんとボールをキープされる時間が長くなりゴールまでボールを運ばれるようになりイヤーなふんいき(対戦相手の総統様に指摘されても変換できない)。ここで世界さんから今シーズン初出場となるタッキーが投入される。昨年のタッキーは右でしか使われなかったので、雄大を上げてタッキーを右SBでの起用かと思いましたが、そのまま右サイドハーフ(というの?)世界さんの位置に。このタッキー投入が効きました。運動量豊富なタッキーのところでボールを取られるようになり、待望の2点はその3分後。左サイドのダテ氏にボールが渡り、クロスかと思っていたらそのまま撃ったシュートが決まる。前半は右サイドから同じような角度のシュートが外れまくっていたので随分あっさり決まった印象でした。

ここからは前ががりにくるロックに対してツエーゲンのカウンター。35分にはキラ林さんに替わったフレッシュなルミナも走り回って何度もロックゴールを脅かしますが追加点は取れない。大作戦も不発で正直2得点で不満(贅沢)。安易なため好きな言葉じゃないんですが、「決定力」が足りませんね。だからこそもっとチャンス・分母を増やすことが必要なんですが、2点目以降の攻撃はそれにも不安が。
特にセットプレー。キックの精度が足りない、合わせられてもボールが浮く場面が度々。コーナーからの得点が2点でもあれば今のような成績にはなっていないと思うんで、もっと練習してもらいたいですね。
勝ったからこそ厳しいことを書かせせもらいました。

不満があるとは久しぶりのホームでの勝利、それも「快勝」でしたからスタンドのふいんき(対戦相手の総統様に指ry)は最高でした。負けたり分けたり時はお客さんはさっさと帰りますが、今日は選手が挨拶に来るまで残っているお客さんが多かったし、ゴール裏にビックユニを片づけに行った時は戻ってくるお客さんがニコニコしていました。勝つことですね。
ヒーロインタビューは2点を決めたダテ氏でしたがPさんのMOMは雄大です。

この日の収穫はタッキーに使える目途がついたこと。豊富な運動量はジョーカーザキヤマ君とは違った魅力で競争が厳しくなってきました。そして巨神兵が大作戦限定でないこともわかりました。なによりホームでの勝利で吹っ切れることに期待です。

ロック宮崎は倒しました。明日は本丸浜松でHondaを倒しましょう。
ちなみにPさんは行けないので、岩瀬で北信越リーグ2部・1部を続けて観戦予定です。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

ザキヤマがクルゥー

明日のホームロック戦に合わせて有給とりました!
ただし、ムスコと誕生日と重なっています!
Pさんのことなんでツエーゲンをとったわけですが(6年ぶり2度目)、当然のことながらヨメの機嫌が悪いですorz(ムスコの誕生日と重なった理由では6年ぶり2度目、その他諸々では数えきれない)

とまぁグチはこの辺にして、昨日の続きを。
最後はダテさんとネモのプレーのことを書いていたんですが、これが森下監督のやりたいサッカーじゃないのかなと思ったりして。昨年までは「走ってこい」が最大の戦術で、その後は後方のフォローはあんまりなかったように記憶していますが、HOYO戦では上がったスペースを使っていたように見えました(知ったかのサッカード素人の意見)。
もうひとつ森下監督のやりたいサッカーは得点こそならなかったものの、後半の決定的チャンス、キラ林さんがドリブルで駆け上がって中央のマーティンにパスを出した場面、ザキヤマくんのヘッドといった、サイドからボールにゴール前に走り込んだ選手が合わせる形ではないかと思っています。

キラ林さんのパスに対してはPさんの後ろ席の方が文句を言っていましたが、あれだけマーティンがいい形で詰めていたのでパスの選択自体は間違いではなかったと思います。パスが悪かったのか、詰めが悪かったのはわかりませんがそれは別問題ということで。

で、途中交代で入ったザキヤマ君ですが、あのヘッドを決めていれば大ヒーローでしたね。フリーのヘッドが浮いたのは筋力が足りないせいだったのでしょうか。
清水ユース10番とはいえ高卒新人のザキヤマ君のデビューはもう少し遅いだろうと思っていましたが、その前のUVA戦で途中出場でJFLデビューし、技術の高さで「ザキヤマがクルゥー」?かとPさんと一緒に観戦していたサポ氏と期待が高まりました。そしてHOYO戦でもしっかりとしたプレーを披露し、「先発でもイケるんじゃねぇ」とまで一部サポから待望論まで出ています。
特にビックリさせられたのが、コーナー辺りからでたクロス。スタンド中央で見ていたPさんはどうやって出したのかわからなくて、ゴール側で見ていた待望論を出していたサポ氏に尋ねてもやっぱりわからないと言っていました。
ザキヤマ君のダンマクのキャッチフレーズは「Wonderboy」なんで、あのクロスを「ワンダークロス」と命名しましたwヘッドを撃つ位置取りは「ワンダー詰め」でどーでしょうか。ヘッドは残念ながら「ワンダー」じゃなかったな・・・。


Al_v0ykciaaej2jpg




大槻教授も持ちすぎているようでそうでなくて取られないボールキープ、パス出し、運動量と良かったですね。

良かった点をあげましたが良くない点もあったから引分けになったわけで、フィニシュは別として上げるならば、なんでもない場面でのショートパスのミス、危なすぎる横パスが目立ちました。ミスが多いサッカーとはいえ、それはないでしょという場面のミスは萎えます。これらがなければもう少しお客さんの反応が違っていたのかなと思います。
ダテさんやザキヤマ君の積極的なプレーに比べる残念ながらとゴールへの気持ちが見られないプレーも見られました。
こうしたプレーをした選手は交代したので(もちろんそれだけが原因と違うと思います)、交代の意図は見えたのであまりモヤモヤは感じませんでした。

とまぁ強がりかもしれませんがw、内容がなかったわけではないと思ったわけです。皆さん言っていますが、きっかけというか一つの勝利で波に乗れる可能性もあるんで、明日のロック戦も応援しちゃいますYO!

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

勝たなきゃいけない試合だった ホームHOYO戦観戦記

『このピッチはポテト畑』とポポが言ったから五月六日はポテト記念日

ということで、今年のポテト記念日も金沢市民で行われました。そして「こどもの日」企画でサポグループZ-BLITZで「ツエーゲンかぶと」を配布したのですがこの話はまた後日。

勝てませんねぇorz
この日の対戦相手のHOYOは言って悪いですが、今季対戦したチームでは一番「緩かった」と思います。ツエーゲンがプレスをかけると面白いようにボールを奪うことができ、押していた時間が長かったですが、スコアレスのドロー・・・。
試合後のサポの感想やネットの声を拾うとみなさんかなりお怒りのようです。まぁそうですよね。今季ホーム4試合目で2分2敗、総得点1(PK)ですからね。
かくいうParkerさんも「今日のHOYOに勝てないのでは厳しい。」とツイートしていました。
ただ、面白くない試合かというと、違うんですよね。もちろん勝てなかったこと、得点が生まれなかったことは面白くなかったんですが(当たり前)、攻撃のアイデアは良かったし、ニューヤングパワーの台頭を見ることができたし、攻守のバランスが今季一番良かったんで、ネットの評判が少々意外というか、悪すぎるなぁと思わなくもありません。さすが、自称「一番優しいサポ」w

ということであえてポジティブに良かった点を思いつくまま上げていきます。
(注・Pさんは知ったかのサッカード素人です)

先に書きましたが、プレスが機能しボールをよく奪取できたこと。もっともこれは相手によるところが大きいのと思えるので今後も昨日のような有効なプレスをかけられるかというと疑問です。ただ疲れの出てきた後半は別として怠ける選手がいなかったのは良かったと思います。

右の攻撃では飛弾ちゃんと雄大、左ではネモとダテさんのコンビネーション、アイデアが面白かったです。前半は右サイドがメイン側でよく見ることができました。右の攻撃的MFがボールキープして雄大の怒涛の上りを使うのはこれまでも良く見られたパターンですが、昨日は前にいた飛弾ちゃん自分でクロスを上げずに後方にいた雄大にボールを渡してクロスを上げさせた攻撃が意外でよかったですね。これでクロスが良ければもっと良かったんですが・・・。

後半は左サイドがメイン側でネモとダテさんのコンビネーションを見ることができました。ダテさんのここぞいう時の猛然とした上りが迫力ありました。そしてそのスペースにネモがスルスルと入って上がった選手を視野の広さと繊細なパスで生かすネモのプレーは眼福でした。もっともネモはセットプレーの質がこの日は良くなかった・・・。

といったところで眠くなったので今日はここまで。続くか・・・?

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

更新がとどこおって正直スマンカッタ

更新がとどこおってサーセン。
いろいろ理由はあるんですが、決してツエーゲンが振るわないということではないんです。

4月に入ってちょいと仕事が忙しくなりまして、ヒーヒー言っているんです。仕事の時から頭が痛くて痛くて。更新は休みの日が中心となっています。
もっとも休みの日は頭は痛くならないので原因は別にあるかもしれませんが。

帰宅時間も遅くなり、頭も痛いとなれば、帰宅後長い文章を書く意欲が湧かないというもの。
決してネタがないわけじゃないんです。3・4年前なら帰宅時間が遅くても更新していたんですが・・・
歳かなぁ。ツイッターにかまけているせいもあるかなぁ・・・

そもそも頭が痛い原因を考えると、仕事が忙しくなったこともあるんですが、花粉の影響もあるんではと。それだけじゃなくてかなり長い間(当社比)酒を飲んでいなくてストレスを発散できないこともあるのでは?
さらに1週間やるぞ!という意欲が湧かないこともあるかもしれません。

あ、やっぱりツエーゲンが振るわないからか・・・orz

ちなみに明日・明後日は今年も長野・松本に行くんで更新できるかどうか・・・
6日のHOYO戦は勝ってベロンベロンの予定なんで更新できるかどうか・・・

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »