« 総統はツエーゲンについてお怒りのようです | トップページ | 下を向いているヒマは9NINEだよ »

2012年4月22日 (日)

勝点2を失った試合というしかない ホームUVA戦観戦記

うぅ、禁酒宣言するんじゃなかった・・・。ホントに飲んでいません・・・

今日のホームUVA戦は引分け。負けはしなかったものの、ホームで押し気味だったこと、更には数少ないorzツエーゲンより下の順位のチームでしたら、もったいない引分けというしかありませんでした。

      マーティン
       ミッチー
 ダテさん       世界さん
    教授    真吾ちゃん
井筒  コミー キャプテン 雄大 
        大橋

教授と真吾ちゃん、それとコミーとキャプテンの位置は逆だったかもしれないんで違っていたら教えてください。

気が付くのは、左SBがネモから井筒に替わったこと、それと守備的MFに前節出場停止だったアベシューが復帰したにもかかわらず讃岐戦に続いて教授と真吾ちゃんのコンビになったことですね。
今シーズン見た試合では守備的MFは縦の関係だったと思いますが、今日は横の関係に見えました。そのせいか、それとも相手のせいなのか、ボールを持った選手をフリーにする場面は少なく、守備は安定していたように思えました。ということで
今シーズン初の無失点試合でした。

攻撃はなぁ。
マーティンの1トップは「今のチーム」では「限界」かなと思います。
サッカード素人にはマーティンはポストというよりスピードと抜け出すタイミングで勝負するタイプのFWに思えます。そのためにはマーティンの抜け出すタイミングにボールを供給しなければならないのに、ボールを持った選手はマーティンを見る余裕がなくバックパスが第一選択になっているようじゃ(さすがに言い杉)1トップのマーティンは生きないでしょう。
イライラしてきたPさん、途中からマーティンの動きを見ながら「(マーティンにボールを)出せ―」と怒鳴ってしまいましたwで、たまたまそのタイミングでボールが出た時があったんですが、その時はチャンスになりました。
マーティン自身は決して悪いわけではないですが、チームがマーティンを生かせないような気がしているのです。
「チームをもっとマーティンを意識・パスを出すようにするか」「マーティンの1トップを諦めるか」という状況まで来ているようにも思えます。
監督の理想はもちろん前者については、守備の目途がつきつつある中でもう一度攻撃的姿勢を整備するという選択もありますが、てっとり早く方法というか簡単なのは後者なんですよね。
ということで次節注目。

決定的なシュートというかGKに当てにいったシュートが3本orzGKが良かったというよりアレですね。枠外シュートよりマシ!と思うことにします。
前半コーナーの流れからコミーの前にボールが転がってきてコミーが見送ったシーンがあって、スタンドから叱咤の声が上がりましたが、たぶんコミーはオフサイドの位置にいたと思うのであのシーンは仕方なかったと思います。
後半右からのクロスにゴール前の選手の足元に入ってシュートを撃てないシーンが2度あって、キラ林さんの今年の2ゴールはこの形だったよなと思ったりして。その後交代で入ったキラ林さん、ペナルティエリアのライン上から、GKがミッチーと交錯してゴール前にいなくてトラップする時間もタイミングもあったのにノートラップで撃った枠外シュートが一番惜しかったかな。今シーズンの2ゴールがどちらもノートラップシュートで撃った位置も同じようなところだったんでそのイメージがあったんでしょうね。

終盤には「赤い巨神兵」梅ちゃんが仮に左SB、本当はDFWとして交代出場。DFWは「ディフェンシィブFW」ではなく「電柱的FW」ということでw競り合う相手がジャンプしても、梅ちゃんそのままで競り勝つw前線でのポストとしては充分に通用しただけに、終了間際のフリーキックのチャンスにも梅ちゃんを狙って欲しかったですね。

長くなったのでこの辺で切ります。

|

« 総統はツエーゲンについてお怒りのようです | トップページ | 下を向いているヒマは9NINEだよ »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総統はツエーゲンについてお怒りのようです | トップページ | 下を向いているヒマは9NINEだよ »