« 幻のビデオ | トップページ | コカ・コーラウエスト広島スタジアムあれやこれや »

2011年10月10日 (月)

誇りを持てた敗戦 天皇杯広島戦観戦記

アウェー長野戦を我慢して広島まで行ってきますた。負けたけれど、ほんと、行って良かったです。
観戦場所は非常に狭いバックアウェーサポ専用席(なぜか広島サポの方一名いらっしゃいましたが・・・)。おかげで前半の広島の3ゴールをよく見ることができました。
佐藤寿人は凄いわwまぁ佐藤寿人だけじゃないんですが。1点目、バーに嫌われたシュート、2点目と、うちのディフェンスラインが全員前向いてラインも揃っているのに数本のパスで佐藤寿人に抜けだされてしまいました。当たり前といえば当たり前なんですけれどJFLレベルじゃないですね。生で見たFWで一番スゲーと思いました。

その1点目は開始2分。こりゃ何点取られんだorzと思わされましたが、広島には余裕になってのでは?ツエーゲンの逆襲は15分の巌王のビューティフルゴール。本人が「シュートがなかったからとりあえずシュートで終わっておこうと思って打って、あそこまで体重が乗るとは思わなかった。マンガみたいじゃなかったですか?ポンポンポンって。」(おひさるから)と語ったビューティフルゴール。

この得点で広島の動きが悪くなってきたような。そして23分の平林のこちらもビュティフルゴールが決まると広島サポも元気がなくなりました。大アウェーでシーンとなった時サイコーでしたねw

過去天皇杯でJと4回対戦してリードした場面はおろか得点さえなかったのに2ゴールに、リードまでするとは!もう夢かと。このままリードして前半を終えてくれと願いましたが、30分に追いつかれてリードした時間は8分だけでした。前述しましたが、このゴールもJFLレベルじゃ見られないプレーで仕方ないかなと思わされました。

せめて同点で前半を終えてくれと願いましたが、ロスタイム最後のプレー、コーナーからヘディング(胸じゃないかという声もあります)で1点リードを許します。この失点は非常に勿体なかった。

ツエーゲンの布陣はいつもの4-4-2かと思っていたら、3-5-2というか5-3-2というか。4バック(左から雄大ーレッドクリフ諸江ーMJ-コミー)に、コミーの外にフルベ13を置いて実質5バックだったような気が。フルベ13のスピードがどれだけ広島に通用するかが見たかったのですが残念でした。

アウェー側ゴールにツエーゲンが攻める後半。引いて守るのではなくて、組織的で前線からプレスを攻撃的な守備がはまります。高い位置でボールを奪いそのまま広島ゴールに襲い掛かる場面が何度もありました。特にハーフライン付近で菅野がボールを奪いドリブルでゴールに向かったシーンは迫力がありました。ネット掲示板で「金沢の17番」が良かったと書かれていたのはこのシーンのことかと思いますが、試合後の移動車の中での反省会ではややトーンが違いまして、ドリブルは結局止められるんだよなぁ、と。スピードに乗った分だけコースがわかりやすくなるので、コースを予測され壁を作られるとそこで止められてしまうんですよね・・・。Parkerさんはネモを使ってほしいと思っていたんですが、今から思うとネモだとボールを奪えるか難しいかったかも。

後半は完全にツエーゲンの試合でした。惜しかったチャンスは下に貼った動画からどうぞ。たらねばなんですけど、もし3-3になっていたら勝っていたんじゃないかと思います。走り負けていなかったし、前半逆転したときの広島の落ち込み具合を根拠にしているんですけれど。もっともバー直撃2回に大橋のビックセーブ2回と得点にならなかった広島の決定的シーンの方が多かったわけで・・・。4点目に関しては点を取りに行っての結果ですからこれまた仕方ないかなぁと。

後半ペースを握りながらも無得点に終わり、トータル2-4で敗れたわけですが、Parkerさん自身は誇らしい気持ちでいっぱいでした。J1上位に2得点して一時はリードを奪い、引くのではなく攻めのサッカーでペースを握っていましたからね。もっとも広島の調子悪かったのは、試合は今季初めて見たんですけどわかりましたw

しかし、試合終了後のサポゾーンに挨拶にきた選手はスゲー悔しそうでした。うん、選手はそれでいいです。



|

« 幻のビデオ | トップページ | コカ・コーラウエスト広島スタジアムあれやこれや »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻のビデオ | トップページ | コカ・コーラウエスト広島スタジアムあれやこれや »