« 全社へGO! 大会2日目 デッツォーラ島根-藤枝MYFC観戦記 | トップページ | なにもいうことはねぇ(悪い意味で) ホームホンダロック戦観戦記 »

2011年10月20日 (木)

全社へGO! 大会2日目 東京23FC-FC刈谷観戦記

第2試合は「東京23FC-FC刈谷」か「三菱重工長崎-札幌大GP」の2試合からのチョイス。初見ということであれば後者のカードの選択ですが、地域決勝進出の可能性を考えて前者を選択。

この試合は同行したサポ仲間にもう一人加えて3人で観戦。そして近くでかなり濃い人の固まりw社会人サッカーを中心に全国で観戦している某有名人もいらっしゃた模様。

刈谷サポは昨日とはあまり人数は変わっていないかな?太鼓、トランペット、声出しサポ多数。一方の東京は皆さん用意してきた椅子に座っての観戦。用意がよろしいです。人数は10人くらいだったかな?私服の方、スタッフジャンパーらしきものを着ている方たちはともかくスーツを着ていた方も3人から5人いらっしゃたのがなかなか見られない光景でした。スポンサー筋の方々だったのでしょうか?声出しは会場で配布されていたチアスティックを叩きながら女性がしていましたが、声出しというほどでもなかったですね。

この記事を書いている時点で優勝は東京23FCということは皆さんご存知だと思いますが、この試合まではそれほど注目されていなかったと思います。試合前は本調子でなかったとはいえ福島FCを4-1で破った東海リーグ2位の刈谷と都リーグ東京23では当然刈谷の勝利を予想していました。

前半はgdgdの極み。ホント眠くて眠くてw前の試合で酒を飲んでいたいただけではないと断言できます(キリッ。刈谷の調子が悪くて、昨日の感じていた不安が当たりました。もっとも東京23もイイという感じはなく健闘はしているな、という印象でした。

ところが後半開始早々東京23がクロスから頭で決めて先制。ここから試合がぐっと面白くなってきます。というか完全に東京23ペース。カテゴリーの下のチームが上のチームに勝つというと個人技では負けても運動量や気持で上回るパターンが思い浮かべますが、この試合は個人レベルでも東京23が上回っていました。快速のサイドの選手は刈谷守備を置きざりにし、ゴール前では制空権を握り、中盤では2人・3人とかわしてキープする、どちらがカテゴリーの上かは予備知識がなければわからななかったのでは?
後半20分には東京23のシュートが刈谷がゴールライン上でボールを止められたかにも見えましたが、ゴールの判定で追加点。その後も東京ペースで試合が進み、刈谷の惜しいシーンは2度ぐらいだったでしょうか?2-0で東京23の圧勝、衝撃的な試合でした。

個人の選手の能力が高いなぁと思って後でサイトを調べると元J、JFLプレイヤーが多数在籍していて納得。

試合後東京23の選手たちはバックの応援席の挨拶に走ってきて飛び上がって喜んでいました。そして選手たちからアマラオ監督に「ハッピー・バースデー・ツー・ユー」。
落胆にくれる刈谷サポから東京23コール、23の女性サポが1人が刈谷コールといい風景。そして刈谷サポからアマラオコール。刈谷サポ偉いですね。

もうひとつの試合「三菱重工長崎-札幌大GP」の延長戦が行われていましたが、お腹いっぱいになったので、来るときに乗せてきた男性と一緒に金沢に帰ったのでした。

時間が経ち記憶が怪しくなってきてますますいい加減な観戦記になったきたorz

|

« 全社へGO! 大会2日目 デッツォーラ島根-藤枝MYFC観戦記 | トップページ | なにもいうことはねぇ(悪い意味で) ホームホンダロック戦観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全社へGO! 大会2日目 デッツォーラ島根-藤枝MYFC観戦記 | トップページ | なにもいうことはねぇ(悪い意味で) ホームホンダロック戦観戦記 »