« 全社へGO! | トップページ | 全社へGO! 大会1日目 FC刈谷-福島ユナイテッド観戦記 »

2011年10月17日 (月)

全社へGO! 大会1日目第一試合観戦記

古川会場にはピッチ4面。この日は11:00と13:30キックオフがそれぞれ4試合ずつ。

第1試合はど・の・試・合・を・見・よ・う・か・な?と悩むことはなく見る試合は決めていまして、北信越代表、石川のテイヘンズを見なきゃならないでしょう。対戦相手は関東1部リーグチャンピョンチーム横浜スポーツ&カルチャークラブ(以下YSCC) 。YSCCといえばツエーゲンサポにとって2007年の全社では2回戦で2-3と逆転負けを食らってJFLの夢を断たれ、2009年の地域決勝では第3戦でJFL入替戦の座を争った因縁のクラブです。

正直言ってテイヘンズには勝ち目がないと思っていました。ファンタジスタ白井は出場しているもののエース横山翔はベンチ入りもなし。試合展開は予想通り序盤からハーフコートサッカーの一方的展開。もちろんYSCCが強いことが大きな原因ですが、テイヘンズのクリアがクリアになっていなかった印象。セカンドボールを拾えないというのではなくて、ペナルティエリア内で大きくクリアできなくてYSCCにボールを繋がれていた場面が多かったような。前半22分と26分に2点を取られて勝負あったという感じでしょうか。そんな中でも白井のパスセンスは楽しませてくれます。カウンターからのチャンスは前半に2回ぐらいあったのかな。

後半早々にはYSCCが美しいループを決めて3-0。これで勝負あったと思ったのかYSCCのプレーが雑というか流してきたというか。テイヘンズには1点を期待。そして試合終了間際、YSCCの守備の乱れをついて白井が抜けだしGKと1対1の場面を作りますが決められず、0-3でテイヘンズ敗退です。確かに横浜は強かったですが、テイヘンズも良くなかった印象。

テイヘンズが戦ったピッチのすぐ横にもピッチがありそこでも試合が行われており、試合終了直前に大きな歓声が。こちらの会場はデッツォーラ島根対ノルブリッツ北海道。前半を終えた時点では2-0と島根がリードしていましたが、終了間際のゴールでノルブリッツが追いついた模様です。ということでテイヘンズ、YSCC両チームに拍手した後で隣のピッチに延長戦の観戦に。

延長戦(前後半10分)はほとんどの時間帯はノルブリッツが攻勢でしたが、ラスト5分は島根が優勢。延長でも決着がつかずPK戦に突入、先攻はノルブリッツ。ノルブリッツが4人目までに2人失敗し、島根4人目が成功した時点で試合終了。勝った方が成功した選手に向かって走り、負けたチームがorzのポーズをとるかと思いましたが、両チームとも淡々としたもの。両チームはそれぞれの地域で優勝しており地域決勝大会の切符をすでに手にしていたからでしたチャンチャン。

そのPK戦を行っている背後の別のピッチに大きなダンマクが見えると同時にチャントが、そしてさっきまでYSCCとテイヘンズが試合をしたピッチからも太鼓の音が。背後のピッチのダンマクとチャントは刈谷サポと福島FCサポによるもの。隣のピッチからの太鼓はTOJITSU滋賀サポによるもの。

うー、このふいんき(興奮して変換できない)たまんね。

|

« 全社へGO! | トップページ | 全社へGO! 大会1日目 FC刈谷-福島ユナイテッド観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全社へGO! | トップページ | 全社へGO! 大会1日目 FC刈谷-福島ユナイテッド観戦記 »