« 色物担当として本分を思い出した | トップページ | 全社へGO! 大会1日目第一試合観戦記 »

2011年10月17日 (月)

全社へGO!

ツエーゲンがアウェー琉球戦を戦っているそのころParkerさんは全社本大会に行ってきますた。
会場は
「仮面の忍者 赤影」でお馴染みの飛騨(市)です。

ちなみに赤影さんは後に東京スポーツでの「秘貝占い」連載でもお馴染みデスネ。

ツエーゲン金沢がまだ地域だったころ、信濃の南に緑目教という怪しい宗教が流行っていまして、その地域時代の最後の年に市原の全社を見に行っています。

2009年の大会で決勝に残ったことで緑目教ジャナカッタ松本様とJFL昇格に至ったことは皆さまご存じのとおり。Parkerさんは4日目と5日目だけを見てきたわけですが、その時の模様は
2009年10月のバックナンバーに書いています。まぁ一口で言うと大会を楽しむどころじゃなかったですね。生きるか死ぬか、そんな悲痛な思いで全社に向かいました。もっとも会場に入る前から酔っぱらっていましたけれど。

地域リーグ枠で地域決勝の枠を取れなかったもの好き地域クラブサポにとってはJFL昇格への大事な手段ですが、全社ってそれだけの大会じゃないですよね。ひとつの会場にいくつものピッチがあり、面白そうな試合を選んで見られる、はしご観戦できる、いろんなクラブのサポを見られる、そんな楽しみ方がありますよね。ということで、ツエーゲンが昇格してから、サポとしてでなくサッカーファンとして全社を楽しみたかったのです。そして今年の会場は岐阜。昨年から楽しみにしていました。そして幸か不幸かその期間のツエーゲンは琉球アウェーということで心置きなく全社を楽しもうと思ったのです。

10月15日は1人での遠征。高速料金が払えないため南長野遠征を断念したParkerさんは会場は飛騨古川の一択、ルートも一般道オンリーの一択。富山市内まで大体90分、41号に入ってからは90分もあれば着くだろうと7時に自宅を出発。もっとも給油したりナビを設定したりして20分ぐらいもたもたしましたが、会場近くの41号線の別れ道に近いコンビニに着いたのが10時前。大体2時間30分くらいでした。古川の中心部よりかなり手前です。昼食を買えるのは多分このコンビニが最後だろうと思いながらもコンビニじゃなくて普通のスーパーの方が楽しいかなと思い携帯で近場のスーパーを調べたら会場近くにJAの表示。こりゃいいやと思って行ったはいいが弁当なんか売っていない普通のお店orz。結局またコンビニまで戻って弁当を購入して再び会場へ。

最初に会場に向かった時に気付いたのですが、会場方向に向かって歩いている人が2人ほどいたんですね。もちろん地元の人の可能性もあるわけですが、サッカーファンであろうとのParkerさんの中のサッカー妖怪アンテナが3本オッキしまして、会場まで乗っていきますか?と声をかけさせてもらいましたが、もうすぐ会場だろうし、一度歩いて見たいということでParkerのボロ車に乗ることなくそのまま歩いて行きました。うーん、ひげを剃っていなかったので怪しく思われたのかな?(注・多分髭のせいではない)。

で、駐車場に着いたのが10時15分かな?会場の飛騨ナンバーが多いのは当然だけれども、それ以外のナンバーも沢山停まっている。はやくもテンションが上がるParkerさん。

ということで観戦記に入る前に切ります。

|

« 色物担当として本分を思い出した | トップページ | 全社へGO! 大会1日目第一試合観戦記 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色物担当として本分を思い出した | トップページ | 全社へGO! 大会1日目第一試合観戦記 »