« 北信越サッカー県リーグ決勝大会を見てきた | トップページ | 「ピッチレベル臨場感シート」で観戦した »

2011年9月19日 (月)

妥当な結果かな ホーム栃木UVA戦観戦記

いろいろあって一か月ぶりのツエーゲン観戦記です。

この試合は
「ピッチレベル臨場感シート」で観戦しましたので、いつもとは違う見方になっているかもしれません。
Parkerさんが座ったのは、(バック)ホームゴール前のペナルティエリアの少し前。今日のツエーゲンは前半はアウェーゴールに、後半はホームゴールに攻め込んでいましたので、前半はツエーゲンの守備を後半は攻撃をピッチレベルで見ることができました。逆に言うと前半はツエーゲンの攻撃、後半は守備をよく見られなかったということなんですが。
なお、前半後半通じてラインズマンDさんのお尻をずっと見せられました。アーッ。

前半はほぼツエーゲンペースと言って良かったと思います。UVAで一番警戒しなければならない若林をほぼ完全に抑えていました。ツエーゲンがボールを支配する時間が長く、UVAゴール前までボールを運ぶ場面も多かったのですが、決定的シーンはなかったような・・・。まぁ反対側のゴール前はよく見えなかったんですけどね!

後半もツエーゲンペースと言って(ry。ツエーゲンがボールを支配(中略)多かったですが、決定的シーンは2回だけだったと思います。最初の決定機は後半始まってすぐに菅野(この日はアウェー仕様のスーパーエクスプレスではなくホーム仕様の各(以下自粛))がゴール正面で抜け出した場面。しかし、なぜかシュートを撃たず、パスを出したか、コロコロシュートしか打たなかったのか、よく見えませんでしたorz。もう1回は交代出場したドラゴン久保が雄大のクロスをボレーで撃ったシュート、こちらはキーパーの真正面・・・。

確かにボールを保持する時間も長いし、相手ゴールに攻め込む場面も多いんですが(これは今日に限らず、連敗した長野戦、琉球戦もそうでした)、肝心のシュートを吹かす場面が多い、というかそこまでに行かないケースが多いですね。

Parkerさんの座った位置のせいで一番目立ったせいもあるんですが、タッキーがブレーキでしたね(名前を挙げて申し訳ない)。運動量はほんとあるんで見ていて気持ちいいんですが、クロス・パスの精度がそれに追いついていませんでした。左の雄大が良いだけに一層目立って気の毒なんですけど。

タッキーの名前を挙げましたが、もちろんタッキーだけのせいじゃありません。菅野はセンターラインの後ろからドリブル仕掛けるし・・・。ボールを保持する時間は長くはなりますが有効な攻撃にはなかなか結びつきません。もちろん、タッキー、菅野だけのせいじゃありません。

前々から書いているんですけど攻撃が単調なんですね。中に中にと偏重する攻撃、1・2・3のタイミングで上げてくるクロス(それもアバウト)。見ているこちらが「あ!?」という意外な攻撃がないように思えます。この日UVAを崩した場面は前述した後半始まってすぐの菅野が抜け出した場面だったような気がしました。だからこそシュートを撃たなかったのが一層惜しかった。

数字の割に雄大のゴール・アシストが目立つのは真中に切れ込むドリブル、ゴールライン近くからうつシュート、早いタイミングのクロスと他の選手と違うリズムを持っているかもしれません。それと、いつものネモ待望論w

あとドラゴン久保は本調子でないのか、腰が悪いのか、Parkerさんの幻想というか期待値が大きすぎるのか、強引なシュートを撃って欲しいですけど、撃たないなぁ(撃てない?)・・・

ツエーゲンの得点はコーナーからレッドクリフが合わせたもの。コーナーからの得点は今シーズン初じゃないかな?
しかし、すぐに右サイドを崩されからゴール前に出されてシュートを決められる(反対側ゴールだったのでよく見えなかったんですけど・・・)。初めてのチャンスらしいチャンスで決められてしまいました。3試合ぶりのホームでのリードはわずか4分だけでした。

その後はUVAは元気が出てきて(風上のせいもあったかもしれません)前線からのプレスが強くなり一進一退の攻防。

ツエーゲンはポゼッションは高かったものの高いだけでしたし、試合が動いてからは互角でしたから、引分けは順当だと思わされました。

次回はその他の感想、「ピッチレベル臨場感シート」の感想などを予定しています。
最後になりますが、当方サッカード素人なんで信用しないでください!

|

« 北信越サッカー県リーグ決勝大会を見てきた | トップページ | 「ピッチレベル臨場感シート」で観戦した »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北信越サッカー県リーグ決勝大会を見てきた | トップページ | 「ピッチレベル臨場感シート」で観戦した »