« ド素人が分析したみた | トップページ | ド素人が分析したみた 園3 »

2011年9月12日 (月)

ド素人が分析したみた しょの2

苦情が来る前に前回からの続きです。
中盤のスペースはシステムだけでなくFW2人のプレースタイルも関係しているのではないか?からまで前回は話を進めました。

   ○ ○    1
        |||||
  ○|||||||○  2
       |||||
    ○         3

    ○         4

 ○ ○ ○ ○

|||の部分がスペース

ドラゴン久保の負傷欠場以降、出場停止を除けば先発は2番平林キラーカーンと22番ダテ。この2人、長躯駆け上がって裏を取ったり、ポストタイプではなく、足元にボールをもらってそこからドリブルで仕掛けるタイプだと見ています。何を言いたいかというと、自分にしろ、周りの選手にしろ、スペースを生かすタイプじゃないと思っています。

プレースタイルが似ているまではいいんですが、得点の匂いを嗅ぐ場所までが同じというのは困ったもので、ポジションが被ることが多いような気がします(Parkerさんは2人合わせて背番号222番と言っています)。ただでさえシステムで真中にスペースがあるのに、FW2人が被ればもっとスペースが空いていまいます。更に、と言いますが、菅野エクスプレスも似たようなタイプ。中盤のスペースは埋めきれません。

中盤のスペースを埋める解決策として、前回は

①2列目の1人をFWタイプの選手でなくスペースを埋める選手を起用する
②3列目に運動量豊富な選手を起用する

と書きましたが、今回の検証もどきで

③FWの連携を熟成させる
を挙げてみます。2番と22番がお互いがお互いを意識する動きをすることで少しは解決策になるのではと・・・。
そしてやや反則気味ながら

④ドラゴン久保の起用
222番がポストタイプではないと書きましたが、ドラゴンはそれができます。まぁドラゴンが完全復帰すれば起用されると思いますがw
もっとも昨シーズンはポストにこだわりすぎて点を取ることはできなかったのですが・・・。ここで期待するのは頭で後(前方)に流すのではなく、サイドに流す形。ワンタッチでのパス出し手としてはツエーゲンで一番うまい選手だと思うので。サイドに流すことにより、久保がゴール前に走りこむ時間もできるではと妄想。それにドラゴンが入ることによりマークもつきますから、逆に相手のスペースが空くことも期待できます。
ドラゴンの完全復帰で中盤のスペース問題はある程度改善されるのでは、と思っています。

と書いてて、「前目のスペース」について語っていて「中盤のスペース」について書いていないことに今気づいたorz。まぁいいかorz。

|

« ド素人が分析したみた | トップページ | ド素人が分析したみた 園3 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ド素人が分析したみた | トップページ | ド素人が分析したみた 園3 »