« Z伝説 | トップページ | アウェーの洗礼に断固として抗議した(半笑で) »

2011年7月17日 (日)

もうどうにでもな~れ アウェー××Z×××観戦記

ど~も、何か違和感があるかもしれませんが、みなさん大人なので見て見ぬふりで!

ということで昨日の観戦記です。
その前提としてお断りすることがあります。
その1 特殊系ブログとして、そしてParkerさんが
小心であるため「対戦相手の検索ワード」でいらっしゃる方をブロックするため対戦相手を隠語で使わせていただきます。今回は「メカZ]を使わせてもらいます。

その2 久しぶりにゴール裏で見たのですが、そのゴール裏がアレだったので試合展開をよく見ることができなくて、素面だったにも関わらずいつものテキトーな観戦記になりました。

メカZさんのホームにお邪魔するのは昨年の3月以来で、観客席が変わっていてびっくりしました。津幡と同じような芝生席だったのが個椅子に替わっていたのですが、観客席の高さが以前と変わっていません。これが南長野のような専用球技場なら観にくいと思わないのでしょうが、トラックがあるのでゴール裏から観にくいこと。特にゴールのバーとネットで反対側の攻防がほとんど見えませんでした。

内容的にはまぁ完敗でしたね。前半は反対側のゴール前でチャンスがあったようですが、前述したとおりほとんど攻めるシーンを見ることができず、目の前のゴールに攻め込む後半では相手を崩すことができないで、ペナルティエリアに潜入してそのままシュートする形しかありませんした。
アウェー仕様のスーパー菅野にはサポートがなく、フルベ13は途中交代も納得の不出来で、(これはParkerさんではなく某金沢サポ氏の発言ですが、前半負傷したダテが本調子ではなくボールを追えなかったとのことでした)攻撃は不調でした。いや、メカZの守備が良かったのでしょう。

メカZの攻撃というか守備ではボールを奪う強さが目立ちました。ツエーゲンの選手がキープしていたボールをタックル気味に奪われ、攻守を逆転させられるシーンが何度かありました。そうして中盤を制圧されたことがキング→ミッチー、真吾ちゃん→巌王の交代になったとみました(真吾ちゃんの交代は負傷かもしれません)。

そしてサイド攻撃が効果的でした。タッキーは守備に奮戦していましたが、視野の広いサイドチェンジをタッキー一人では対処しきれませんでした。

2点目のフリーキックには脱帽。出場停止の2人以外にもあんなFKを蹴ることができる選手がいたんですね。

とまぁ完敗だったわけですが、勝点1は取れなかったというと決してそんなことはなかったと思うんです。メカZの攻撃はDFの裏に素早いボールを入れてくるパターンがほとんどでパスワークで崩すというものではありませんでした。選手を決めることは監督だけの仕事で我々サポーターが口をはさむことはできませんが、結果論でなく先発はMJでなくコミーの方が良かったと思うんです。MJに比べればコミーの方がスピードがあり、踏ん張りも効き、スピードタイプのFWに対応するならコミーの方が上手く対応できるのではと、ホームで勝又選手を抑えられたのはじゃがいも畑だけのせいではなかったんだと思います。FKとなったファールを与えたのはMJでしたし、足元が不安なMJがボールを持つとメカZの選手が寄せて来る場面も目立ちました。次節SAGAWAの御給選手タイプならMJの方がイイと思うのですが。

負けた方が言うのもみっともない話なんですが、じゃがいも畑じゃなくても引分けに持ちこめたんじゃない?ポテトビッチ監督の引分けのコメントを聞きたかった、というのが今回の結論。

最後に
「メカZが最後のZとは思えない。もし物好きが続けて誕生するとしたら、メカZ同様がまた日本のどこかに第3・第4のZが現れてくるかもしれない。」

元ネタ




|

« Z伝説 | トップページ | アウェーの洗礼に断固として抗議した(半笑で) »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z伝説 | トップページ | アウェーの洗礼に断固として抗議した(半笑で) »