« 山道・古部選手が関西人であることを確認した件 | トップページ | あすはHonda戦 »

2011年7月 6日 (水)

岡山の観客動員の取り組み

ど~も、硬派ブログのつもりですが(でもバカ)、世間様ではそうでないように思われているようで釈然としません。
ということで、リッパなエントリーしようと思ったわけですが、いいネタを思いつかなかったので、コラムを転載してお茶を濁します。
毎度おなじみの日本経済新聞、吉田誠一記者による毎週水曜日掲載の「フットボールの熱源」7月6日掲載分です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「職員の熱意が観客を呼ぶ」

東日本大震災の余波は大きく、J1の1試合平均入場者は昨季より約3300人、J2は約600人減っている。そんな中、J2岡山が2009年の6162人、昨年の7161人から、今季は8106人(J2平均は6107人)と観客を増やしている。戦績が18位、17位、今季も16位だというのにどういうわけなのか。

木村正明社長は「チームが弱い時ときでの満員に」という理想を掲げる。無料招待券は一切、配らず、地域住民の観戦きっかけづくりにクラブをあげて取り組んでいる。

その手法は泥臭い。試合を告知するビラ配りがその一つ。朝夕に岡山駅、昼は県庁、市役所、岡山大学などで、平日はほぼ毎日、社長を含む全職員がボランティアの手を借りてビラを配る。

ビラはカードごとに新しいものをつくる。「恰好いいものでないと、すぐにす捨てられる」と分析し、そのデザインをおろそかにしない。多いときは2万枚を刷り、配りきるまで帰らない。

さらに木村社長らが次々と協賛企業の朝礼に出席し、存在をアピールする。「サッカーを見に来てください」とは言わず、「岡山が負けると悔しいので、みなさん応援してください」と愛郷心に訴える。熱弁をふるえるのは1分のときもあれば、1時間のときもある。社長は地元での講演も年80回はこなし、ホームタウン室のスタッフは町内会をくまなく回る。

木村社長はこう考えている。「クラブの人間が頑張っている姿を見せないと、人の足はスタジムに向かない。雨の中でもビラを配っている姿を見て、今度、試合に行ってみるかと思う人もいるのではないでしょうか」。何か人の心に響くことがないと、人は行動を起こ
さない。街頭に立つ職員の熱意が伝わってはじめて、人々は観戦したいと思う。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

岡山の真似をしようという意味で紹介したのではありません。
クラブごとにそれぞれのアプローチの方法があるだろうということで紹介しました。
岡山の社長は前歴が前歴ですから講演会の機会もあるのでしょう・・・

|

« 山道・古部選手が関西人であることを確認した件 | トップページ | あすはHonda戦 »

その他サッカーのお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山道・古部選手が関西人であることを確認した件 | トップページ | あすはHonda戦 »