« 明日はアウェー長崎戦 | トップページ | アウェー長崎で快勝! »

2011年7月 3日 (日)

信濃ダービー@南長野観戦記(試合経過なし・主観のみバージョン)

ど~も、スタジアムに入る時テントの鉄骨に頭をぶつけ、係員に気を付けてくださいと言われ、振り向いてから前を向いたとき再び頭をぶつけるコントの王道を歩むParkerです。でもエムだから快感!

さてさて、ツエーゲンの試合があった長崎に逝けなかったParkerさんの向かった先は南長野、ってのはKYで予告していましたね。

結果は1-1の引分。これまでダービー3試合見てうち2試合で終了間際に松本(敬称略)が得点していましたが、今日も、でした。数年前読んだ「オレンジの呪縛」という本のタイトルを思い出しました。

前半はアウェー松本が積極的に前に出て前回のダービー@アルウィンと反対。もっともアルウィンと違ってホームの長野(敬称略)がたじたじというより前半は押さえた印象(注・今回の観戦記はいつも以上に思い込みが多いです)。風上ながらも無理に攻撃に行かなかったように思いました。しかし、先制は長野。キーパーのロングスローがハーフラインの右サイドの選手に届いて、そこからクロスを入れると飛び込んだ選手がヘッドで合わせた非常に効率的な得点でした。

一方の松本は1トップ鬼島兄(弟は出場停止)にボールを集め、迫力のあるドリブルで長野ゴールを脅かします。が、そのドリブル以上に目立っていたのが、サッカーって手も使うスポーツなんだなという感想と、ファールを受けたという激しいアピール。平常運転でした。そのアピールを監督も第4の審判に対して一緒にするのはどうか、と思っていたら顔面への肘うちで一発レッド。肘うちは上手くやって流せたかもしれませんが、それまでの印象が悪かったですね。その退場が前半40分を回ってからだったかな?残り時間が少ない松本は0トップのままでいて、長野も無理に点を取りに行きませんでした。この時間帯は攻めても良かったと思いました。

後半になると長野は、らしいボール繋ぎを見せ、主導権を完全に握ったように見えました。ただ、2度3度あった決定機を決めきれないのが嫌な予感。そして試合を大きく動かしたのが25分ごろ、松本の地域時代からダービーを知る男・スピードスター今井が右サイドを抜け出し、1対1からシュートするもわずかに外す。それが松本のスイッチを入れたようで一気に松本の攻撃時間が長くなり、10人の松本がルーズボールも拾えるようになり、ゴールの匂いがしてくる。もちろんカウンター狙いの長野からもです。

そして、ロスタイム?に塩沢が頭で決めて同点に追いつく山雅劇場。3日前に「勝敗は橙がやや有利だとは思いますが、今まで見た試合振り返ると”わからない”と書いておくのが無難でしょう。」と書いていたけどその通りになりました。ちなみにこのゴールの起点は松田のパスから。それまでは後方からパスを受けてもバックパスするだけで、仕事しろ、と思っていて、初めて仕事したと思ったら同点ゴールに結びつきました。

完全に長野の試合、前回のダービーの反省を生かし「大人のサッカー」でコントロールして薩川監督のプラン通りだったでしょう。それだけ薩川監督のショックは大きいのではと思います。
逆に言えば「大人」過ぎて前述したとおり「弱いものいじめ」をするかのように一人少ない前半点を取りにいかなかった姿勢がどうかなと思いました。
一方の松本遮二無二に点を取りに行く「こども」というと(「大人」との比較とはいえ)イメージが悪いので、「猪突猛進 猪サッカー」(あ、これもイメージ悪いかも)が追いつくという対照的なサッカーでした。ついでに言うと警告数リーグ最多と最少のチームという点でも対照的でした(どっちが最多で最少は書きません)。

多くのお客さんにとっては面白い試合ということでしたが、県外他サポ野次馬観戦者としては背景を知っているので「面白い試合」でしたが「面白いサッカー」かというとちょっと違うんじゃないかと思いました。

大切なことなので二度言いますが、あくまで県外他サポ、しかもサッカード素人の主観丸出しの文章であることをお断りしておきます。

追記
松本加藤監督の記者会見がアップされています。

AC長野パルセイロ戦 監督記者会見のコメント
本エントリーの内容と全く反対ですたorz。

|

« 明日はアウェー長崎戦 | トップページ | アウェー長崎で快勝! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はアウェー長崎戦 | トップページ | アウェー長崎で快勝! »