« ぶんぶんボウルに期待をしてしまう件 | トップページ | 平日ナイトマッチは濃い感じがする »

2011年7月 9日 (土)

昇格以来のベストマッチ ホームHonda戦観戦記

ど~も、昨日の西部でおそらく最も「おっぱい」という言葉を口にしたと思われるParkerです。あ、引かないで、南長野で仕入れてきたネタです。

さてさて、昨日のHondaFC戦は、ツエーゲンがJFLに昇格してからParkerさんが観た試合ではバストベストマッチでした。勝利後一緒に観戦してサポ仲間と、そしてゴール裏に行ってからは顔見知りと握手してしまうぐらいの痺れた試合でした。

出場停止明けのレッドクリフ諸江と巌王が復帰できる注目の先発は、レッドクリフが入ってコミーが外れ、巌王はベンチ入りもなく真吾ちゃんの先発。他の選手に変わりはありませんでした。

開始早々Hondaの絶妙なポストプレーがありコーナーを与える、またMJが振り切られて手で止めてイエローをもらうなど(当然の判定でした)など試合開始直後はHondaペースで、やっぱり強いなぁと思わされましたが、その後は互角の展開というかツエーゲンペースとなりました。Honda相手に中盤で勝っていました。ハーフラインを超えるとボールを持った選手に複数の選手がプレスをかけてボールを奪う場面、パスコースを消して、Hondaの選手がボールを戻さざるを得ない場面が何回もありました。昨年終盤もそんな試合をしていましたが(昨年ホーム鳥取戦観戦記昨年ホーム武蔵野戦観戦記)以上に良かったですね。巌王に比べて地味ですが真吾ちゃんのプレスが絶妙で効いていました。

そして「俺の」菅野特急。前から今年の菅野が変わったと書いてきましたが、昨日の菅野は守備に攻撃に昨年と比べられないぐらい良くなっていました。先に書いた昨年の観戦記では菅野のプレスが甘く、判断力も遅いと書いていましたが、昨日はディフェンスラインに戻ってまで守備をして本当に菅野?、攻撃もワンタッチパスを出して本当に菅野?、柔らかいクロスを出して本当に(ryと大活躍。寂しい話ですが、レンタル元の湘南に自信を持ってお返しできるようになったと思います。

攻撃もみなさまお馴染みお「フルベ走ってこい」から脱却。右から真中からそして左もフルベ、雄大の攻撃も健在で見ていてワクワクさせられました。はっきり言ってドラゴンポストだと一旦ボールが戻るので攻撃になった時のスピードが遅かったのですが、それがなくなったため前への推進力が増した気がします。

先制というか決勝点は、前半40分キングのコーナーキックのこぼれ球を押し込んだMJの得点によるもの。この時間帯はツエーゲンのコーナーが何本もあって決してワンチャンスを生かした得点ではなくてある程度入るべきして入った得点だったと思います。

後半に入ってからもツエーゲンの時間が続きます。しかし後半20分ころからHondaに押し込まれるようになります。そこでとった監督の選手交代は菅野→山道(72分)、石館→コミー(88分)、平林→布施(90分)。菅野は交代を告げられてかなり不満そうだったのは、自分が良いプレーができていたと思っていたせいなのか、それともParkerさんがスタンドから集中して菅野に檄を飛ばしていたせいでしょうか・・・。そしてコミーはそのままトップに入る意外な形。おそらく前線でボールを追わせることとポストを期待されたのでし

ょう。布施の投入も同じだと思われます。最後は押し込まれ、早く笛が鳴ってくれと祈って見ていました。
(おひさるの記録を見るとシュート数で8-13と負けてはいますが)多くの時間帯を支配し、終盤なんとか凌ぐというParkerさんの大好きな試合展開でもありましたw

アドバンテージをよく取っていた審判だと思いました。どちらかに明らかに有利となる笛はなかったように思います。

|

« ぶんぶんボウルに期待をしてしまう件 | トップページ | 平日ナイトマッチは濃い感じがする »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶんぶんボウルに期待をしてしまう件 | トップページ | 平日ナイトマッチは濃い感じがする »