« 相手は甘だ JFL開幕戦を前に | トップページ | ほぼJ様を見学させていただいた »

2011年4月25日 (月)

似た者対決 アウェー佐川印刷戦観戦記

ど~も、ツエーゲンの開幕戦を観て、下半身を中心に濡れて蒸れ蒸れになったParkerです。まぁ下半身と言っても靴下中心なんですけど。

まぁ雨がざあざあ降っていたんですよorz。屋根?ありませんorzパスサッカー?できるわけないですよ!もっともプールになっていなくても
できたか怪しいのですがwお互いw

ピッチコンディションは印刷ーツエーゲン戦の前にジュニア・ユース?の試合があったことも影響したかもしれません。それでも前半途中まではパスがつながっていましたが、途中からはスタンドからも見てもそこらじゅうが水たまりでボールが止まります。というかピッチ上のほとんどがそうなので、「水たまり」という表現はおかしいかもしれません。浅いプールとでも表現しましょうか。こうなると「普通」のサッカーはできそうもありません。後半になるとお互い中盤がなくなり、前線にロングボールを放り込む展開。ちょっとしたキック&ラッシュ。もっとも前線にボールを運んだどころでグラウンダーのボールが予期しないところで止まるのは同じ。得点・失点はセットプレーかミスからかと思えましたが、お互いコーナーを決めきれずスコアレスドロー。

サポは今日のピッチコンディションなら引分も仕方ないと納得していました。上野監督も納得しているみたいです。
印刷の方が遠目のシュートを積極的に撃っていたこともあってシュート数は5-14と差がありますが、展開としてはほぼ互角と言ってよかったのではと思います。コーナーキックは8-8ですし、フリーキックでは勝っています。

とまぁそんな試合で覚えていることをいくつか書いておきます。

後半お互い前線にボールを放り込むだけと書きました。まぁうちは普段でも似たようなものでw、この日も「フルベ走ってこい」でいつもらしいと言えばいつもらしいサッカーだったかもしれませんが、印刷ももともとそんなサッカーなのではと思えました。前半まだ「普通のサッカー」をしているときから、前線に選手にあて、そこからサイドにボールを散らすのが攻撃パターンに見えました。昨年の西部での試合ではそこまで気づきませんでしたが、後期の試合で印刷がどんなサッカーをしてくるか楽しみです。

コーナー8本のチャンスを結果的に生かすことはできませんでした、キックの質は良かったと思います。雄大と金子が蹴っていたのですが、雄大のキックってこんなに上手かったんだと今まで気づかなくてごめん。雄大は相手の縦ポンに対して、ひとつ間違えると1対1になるところを仕事をさせず、水でボールが止まったと見るや猛ダッシュでコーナーを得るなどこの日も活躍していました。その雄大は右サイドバックで、左サイドバックの金子も守備で安定していました。

ダテはキープ力はあるし、運動範囲は広いし、テクニックはあると頼もしいですね。水の浮いたピッチでロングボールを蹴りづらいため、いったんボールを浮かせてからロングパスを出したシーン(2回ありました)にはびっくりしました(ドラゴンも1回見せていました)。

キラーカーンは同じフットサルプライヤーと菅野とドリブルスタイルが似ているとこもありますが、そうでないところも当然あるわけで、乾いたピッチでのプレーがどんなものか見たいですね。スタメンは正直言うと意外でした。菅野がキラーカーンに代わって出場しましたが、守備をする必要がなかったので安心して見られましたw

ドラゴンはプレーの選択に迷いがあったかなぁ。まぁサッカード素人が元代表のエースストライカーに物申しても説得力ゼロなんですがwただ、相手ボールになった時歩いて戻っていたのには非常に不満。いらない体力を使わないためだったかもしれませんが、戻りきれずオフサイドになってからも同じように歩いて戻っていてはダメでしょう。

こんなエントリーでお茶を濁しておきますが、翌日ヒマ熱心なのでアルウィンまで「松本ー秋田」を観に行ってきました。これがまぁ面白い試合で、エントリーが1回で収まりそうもありません。木曜日までその試合で引っ張りますかw

|

« 相手は甘だ JFL開幕戦を前に | トップページ | ほぼJ様を見学させていただいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相手は甘だ JFL開幕戦を前に | トップページ | ほぼJ様を見学させていただいた »