« JFL被災地復興支援試合 石川県社会人サッカー連盟選抜戦 観戦記 | トップページ | 江頭2:50いわき市援助物資の真実を語る »

2011年3月28日 (月)

晴れてても3月はやっぱり寒かったでゴザル

ど~も、ツイートがうつになりまして のParkerです。絶賛闘病中!

そんなParkerさんの対鬱対策は、アレですよ、アレ。昨日スタジアムで試合前に某サポ氏からとあることを教えていただき、それを実行したところゲンゾーゲンキが出てきますた。ガンバルよ、オレ。ということで試合以外のレポート前半です。

この日は通常のダンマクを設置しないということで、早く出発することもなかったためゆっくり寝ていていました。太陽が出ていたので良かったと思っていると変な音が・・・。屋根雪が融けて落ちていく音?。まさかと思って外を見ると屋根にうっすら雪が・・・。どうりで寒いわけだ。自転車で行こうか悩みましたが、午後の降水確率20%、最高温度8度で雨に当たった時を考えて車で行くことに。

会場に着いたのは11時15分ごろか。飲食ブースがありません、コンビニで昼食を調達してきて正解です。ついでにBGMもない。

スタジアムに入るとツエーゲン津幡U15対FCサザンの前座試合の前半。お客さんのほとんどは選手のご父兄・ご家族のようでした。前半は津幡U15が優勢と見えましたが、後半になると圧倒的なサザンペースで、サザンが1点と上げました。体つきを見ると津幡U15がサザンの選手に比べ一回り小さく、背番号も3~50台と大きいのでU15とはいえ学年が下だろうと思っていたら、後で聞くと事実上U13だったとか。

この日はゴール裏とバックは閉鎖されていて、ダンマク、太鼓なしのサポはメインの左隅にいました。Parkerさんはいつもどおりメイン中央部のもっとも見やすい場所に。ただ、この席屋根の影に入って寒い。太陽が出ていただけになおさらそう思え、フラフラとサポゾーンに行って四方山話。そして耳より情報を仕入れる(サッカーには全く関係ありません)。

試合開始15分ぐらい前に中央部の席に戻るとやっぱり寒い。しかも試合が始まるとそれまで無風だったのに風が吹いてきて一層寒さが厳しくなってくるが、定点観測をしているので意地でも席を移動しないwそこにサポ速報担当がParkerさんの横に来てきて、今のパスは誰、シュートは誰と、速報しながら新入団選手のプレーの質や特徴を知ろうと話しながら勉強。後で聞いたのですが、Parkerさんご一行の後ろにいらっしゃった方たちが某選手のご家族だったとか。悪口言っていなくてヨカッタw

試合前はせいぜい500人くらいくらいかと思っていたら気が付くと結構な客入りでParkerさんの周りも沢山のお客さんが。試合前にはサポから「ツエーゲン」コールに代わって「東日本コール」それに合わせて手を叩くお客さん。GMの挨拶、黙祷、などがあってキックオフ。
ハーフタイムには小学生低学年?の女の子たちのチアがあったんですけど、肩露出で見ているこっちが寒くなるくらい。そのせいか後半に入ると周りの人たちは陽の当たる場所に移動して寂しくなるw

BGMがなかったのはある程度しかたないないかもしれませんが、新入団の選手も多く出場していましたからせめてゴールした選手のコールぐらいできなかったでしょうか?もっともそうすると選抜チームのコールもしなければなりませんが、対応できなかったでしょうから仕方なかったのかな?

あと、選手起用については、慈善試合ということで対戦相手に関係なく、ベストメンバーを出すべきという監督の考えなんでしょうね。パルセイロ戦では怪我等なければ飛弾ちゃん、アイザックなどの親入団選手、凱旋マイケルのプレーを見たいですね。

次回は募金活動や津世井源蔵さんのレポートの予定です。

|

« JFL被災地復興支援試合 石川県社会人サッカー連盟選抜戦 観戦記 | トップページ | 江頭2:50いわき市援助物資の真実を語る »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JFL被災地復興支援試合 石川県社会人サッカー連盟選抜戦 観戦記 | トップページ | 江頭2:50いわき市援助物資の真実を語る »